フロアコーティングの価格相場・見積もり

フロアコーティングの価格相場について知ってほしい!

 

このサイトではフロアコーティングの事で特に価格相場について詳しく解説しています!

 

フロアコーティングって種類や用途が実は色々あって、その種類や用途によっていくら位の価格差が有るのか?

 

また、どれ位の価格相場でフロアコーティングが出来るのか分かりやすく紹介しますね!

 

 

【18万円値下げに成功】我が家のフロアコーティングの体験談を公開してます
18万円安くなった→ 我が家のフロアコーティング施工体験談はこちら

定価の相場

  1u 3LDK床面積 75u 1戸建て床面積 135u
UV 4500円〜5000円 337,500円〜375,000円 307,500円〜675,000円
ガラスコーティング 3500円〜5000円 262,500円〜375,000円 472,500円〜675,000円
シリコンコーティング 3000円 225,000円 405,000円
ウレタンコーティング 2000円 187,500円 270,000円
水生ウレタンコーティング 1500円 112,500円 202,500円
水生アクリルコーティング 1000円 75,000円 135,000円

 

でもちょっと待って下さい!

 

実は殆どの会社がここから大幅な割引をしてくれるのです!

 

割引幅は広さにもよりますが、2割3割の割引は可能です!


 

2割引きの場合

  1u 3LDK床面積 75u 1戸建て床面積 135u
UV 3,600円〜4,000円 270,000円〜300,000円 246,000円〜540,000円
ガラスコーティング 2,800〜4,000円 210,000円〜300,000円 378,000円〜540,000円
シリコンコーティング 2,400円 180,000円 324,000円
ウレタンコーティング 1,600円 150,000円 216,000円
水生ウレタンコーティング 1,200円 90,000円 162,000円
水生アクリルコーティング 800円 60,000円 108,000円

3割引きの場合

  1u 3LDK床面積 75u 1戸建て床面積 135u
UV 3,150円〜3,500円 236,250円〜262,500円 215,250円〜472,500円
ガラスコーティング 2,450円〜3,500円 183,750円〜262,500円 330,750円〜472,500円
シリコンコーティング 2,100円 157,500円 283,500円
ウレタンコーティング 1,400円 131,250円 189,000円
水生ウレタンコーティング 1,050円 112,470円 141,750円
水生アクリルコーティング 700円 52,500円 94,500円

こんな時にフロアコーティングが生きる!

 

人生のなかで一番大きな買い物って何だと思いますか?
女子の場合、ライフプランを想像すると、恋愛して結婚、出産、育児…というのが一般的ですので、その中で家族のための「マイホーム」を買ったときではないでしょうか。
フロアコーティングを施工するシーンやメリットを上げて見ますね!


  • 新築の時にフローリングに施工しておく
  • マンション入居時に施工する

基本的に入居する前にやる事で掃除が簡単になったり、傷の予防にもなります。

 

確かに安いものでは有りませんが、長い目で見るとかなり便利な物であることと同時に、予防作用も有るので施工する人が増えているのですね!

 

マイホームはマンションでも戸建てでも、できるならやっぱり、「新築」がいいって思う人が多いですよね。
素敵な家を買ったら、できるだけ美しい状態に保って暮らしたいもの。
そういったとき、まずマイホームを購入した際にやっておくといいものがあるんです!
それはずばり、「フロアコーティング」!
でも「フロアコーティング」って何?どんな意味があるの?なんて思う人もいるかもしれないので、ここでは、「フロアコーティング」とは何か?どんな必要性があるのか、メリットや効果、プライスについて、解説しちゃいます。

「フロアコーティング」って何?

UVコートガラスコートシリコンコートウレタンコート

現在新築されるお家は、だいたいがフローリング仕様になってますよね。
フローリングの家は、お掃除もとても楽なんですが、残念なことに、そのままにしてるとキズや汚れがつきやすく、傷みが酷くなると、水分などを含んで剥がれてしまうこともあるんです。
そういった性質のあるフローリングを、できるだけ「美しく」「汚れにくく」「長持ち」させてくれるのが「フロアコーティング」なんです。
だから、お家が新しいうちに、「フロアコーティング」をしておくと、美しい状態をしっかりキープできちゃうってことなんですね!

「フロアコーティング」の必要性は…?

 

以前はあまりこの「フロアコーティング」というものが知られていなかったので、フローリングの新築のお家などでも、メンテナンスする人はごくわずかだったよう。
でも実際にフローリングのお家に、何もメンテナンスせずに暮らしてみると、ほんとに悩ましい状態になることが。
ダイニングの家具をちょっと動かしただけ、子供の椅子を移動させただけなどでも、とっても目立つキズがついてしまって、がっくり、なんて経験、誰にでもあるはず。


 

水周りの部分なんて、バスマットを敷いてて気付かなかったけど、ある日どけてみたら、黒ずみになってたり、剥がれてきた…なんて悲しいエピソードも…。
でも新築の段階で、しっかりと「フロアコーティング」しておけば、なんと10年から20年もの間、美しい状態をキープしてくれるんです!
実際フローリングの床をそのままにしてて傷んでしまい、結局全部張り替えることになってしまって、莫大なリフォーム費用が発生して困った!なんて人もいるんですね。
だからそうなる前に、まず「フロアコーティング」して、美しく長持ち、掃除も楽らくな状態を作ってしまうのが賢いやり方なんです。

 

「フロアコーティング」のメリットは…?

 

「フロアコーティング」をするメリットはズバリ、以下のようなもの。

 

  • キズがつきにくくなる
  • フローリングそのものが美しく輝き、お部屋の印象をグレードアップできる
  • 水拭きなどが可能になり、日々のメンテナンスが楽になる
  • 新築のときの美しい状態を長く保つことができ、張替えるまでの期間が延びて結果的におトクに

 

長い目で見ると、最初にやっておくかおかないかで、日々のメンテナンスやコストで違いがでてくるのが「フロアコーティング」なんですね。

◆フロアコーティングって必要なの?どんな時に助かるの?

 

フロアコーティングについて先ほど簡単にメリットを紹介しましたが、なかなかその必要性について、よ自信が持てない場合が有ります。

 

ここでは実際にフロアコーティングがどういった場面で必要なのか、どんな時に助かるのかについて解説してみます。


 

フロアコーティングのメリットは、キズがつきにくくなったり、フローリングの輝きを長持ちさせたり、メンテナンスが楽になったりすること。
実際にさまざまなシーンのなかでは、以下のような場面でその効果を発揮してくれます。

 

  • お子様がいるご家庭
  • ペットがいるご家庭
  • 忙しくて掃除に手間がかけられない人

 

新築の家を買って、新しい家族が生まれたとき、赤ちゃんはどうしてもハイハイをしてフローリングの床を這いずりまわりますよね。
でもフローリングの場合、ワックスがけが必要になりますので、そのワックスを赤ちゃんが口にしてしまうのではないかという心配が生じてしまいます。
赤ちゃんがいる場合床を水ぶきしたくなるシーンも多いため、お手入れをしているうちにフローリングが傷んでしまうことも多いんだそう。
フロアコーディングをしてしまえば、ワックスをする必要がなくなりお手入れは水ぶきで美しさを保つことができるようになりますので、赤ちゃんもワックスを口にするリスクがなくなるんですね。
またペットがいる場合はどうでしょうか。
ペットがいるとどうしてもフローリングの床は傷ついてしまいます。
特にワックスをかけているフローリングは、ペットがとても滑りやすくなってしまいけがをしてしまうこともあるよう。
フロアコーティングをしてしまえば、美しさを保ちつつ滑りにくくする効果があるものもあるため、ペットと暮らすには最適なのです。
ペットがいる場合もフロアコーティングの必要性は高いといえるでしょう。
そして最近では、おひとり様の女子が先々のことを見越して自分の家を買うという方も増えていますね。
せっかくマイホームを購入したら、できるだけ美しい状態をキープしたいもの。
でもひとりだと、どうしても家のメンテナンスが大変でもあります。
そういう場合、マイホームを購入した段階でフローリングの床をすべてフロアコーティングしておけば、メンテナンスがとっても楽になっていいんですよ。
ワックスがけする必要がありませんから、お掃除ロボットを走らせるくらいで楽ちんで美しい状態を保てちゃいます。
フロアコーティングするのにコストがかかるか…と躊躇してしまう人もいるかもしれません。
でもフロアコーティングせずに、フローリングの床が傷んでしまったら、結局早い段階で張り替えを余儀なくされてしまう場合もあるんです。

最初にちょっとコストをかけるだけで、美しい状態が保ててメンテナンスも楽になり、安全に安心して暮せるのとどっちがお得か?
かしこい女性なら、すぐに分かりますよね。

 

⇒ フロアコーティングを施工するメリットってなんだ?

◆フロアコーティングの効果は?

 

フロアコーティングをすると、具体的にはどのような効果が現れるのでしょうか。
現在さまざまなタイプのフロアコーティングが登場していますので、その人のニーズに応じて、効果の高いものをチョイスするといいですね。
専門業者に施工してもらう場合、ウレタン樹脂やアクリル樹脂でコーティングして、フローリングを美しく長持ちさせるといった感じ。


具体的なフロアコーティングの効果は、以下のようなものがあります。

 

  • フローリングの腐食、キズつくのを防いでくれる
  • UVカットの効果があるものがあり、劣化を防ぎ美しさを長持ちさせてくれる
  • 保護膜ができるので、防水効果、耐火などが期待できる
  • 艶がでるので美しさが増す
  • 有害な物質を吸着するので、お部屋の中に飛散するのを防げる
  • 水拭きだけでいいなど、メンテナンスが楽になる

 

実際にフロアコーティングをしてあるおうちにお邪魔して、そこで明らかに一般のフローリングよりも美しい床を目の当たりにして、自分の家もやってみたい!という風に思う方も多いみたい。
自分の家のフローリングしか見ていないと、あまり効果とか必要性についてよく分からない、という人もいるみたいですが、比較してみると歴然といった感じです。
最近のフロアコーティングは機能性が高いものが増えているので、子供がいる、ペットがいる、日差しが当たるなど、そのニーズによって商品を選択するといいです。
実はフローリングを全部張り替えるコストを考えると、フロアコーティングのコストで20年美しさが保たれるほうが、結果的におトク、ということになる可能性も大!
さまざまな効果が期待できるフロアコーティング、とにかく早く施工すればそれだけ早く美しく、また耐久性を高めてくれるので、実際どのくらいのコストがかかるのか把握してみてはいかが?

◆フロアコーティングの費用・価格の目安

 

フローリングを美しく保ってくれ、キズがつきにくく、またメンテナンスが楽らくになる「フロアコーティング」

 

でも実際どのくらいの費用がかかるものなのか、これが一番心配なところではないでしょうか。

 

ここでは「フロアコーティング」がどのくらいのコストがかかるものなのか、チェックしていきましょう!


「フロアコーティング」といっても、実はさまざまな素材を使った商品が出回っています。

 

素材によってコストも違ってくるんですが、それと比例して、耐久性などにも差があるんですね。
「フロアコーティング」の種類とは、以下のようなものがあります。

 

  • UVコーティング
  • ガラスコーティング
  • ウレタンコーティング
  • シリコンコーティング
  • 水生アクリルコーティング
  • 水生ウレタンコーティング

 

こんなたくさんあったら、どれがいいのかよくわからないですよね。ですので、その特徴と耐久性、コストについて、次のところにまとめてみました!

 

UVコーティング

UVコーティングは、「フロアコーティング」のなかでも最も耐久性が優れているといわれるもの。
その皮膜の硬度は7H、厚みが40ミクロンというかなり硬いレベルのため、耐久性がとても高く、およそ20〜30年ほどは美しい状態を保ってくれるといわれています。
肝心の費用は1uあたりでだいたいの目安が、4500円から5000円ほど。
自宅の広さにもよりますが、施工してもらうトータルコストは20万円〜30万円ほどです。
金額だけ見ると、それなりの費用にも感じますが、これで30年メンテナンスフリーで、美しさをキープしてくれるなら、年1万円ほどの出費。
そう考えると、それほど高額でもないことが分かりますよね!

 

ガラスコーティング

ガラスコーティングは、「フロアコーティング」のなかでは耐久性が高い部類になります。
皮膜そのものの硬度は、「フロアコーティング」のなかでも最も高い7H〜9H!
皮膜の厚みは5ミクロンでコーティングの中では最も薄いにかかわらず、硬度が高いため、耐久性もあるんですね。
施工してから美しさは15年〜25年ほど保ってくれるといわれています。
コストについては1uあたりだいたい3500円〜5000円ほどで、全体を施工すると15万〜30万円くらいになります。
1年に換算してみると、1万円あまり、といった感じでしょうか。

 

シリコンコーティング

シリコンコーティングの場合、耐久性については、「フロアコーティング」のなかでちょうど中間に位置する10年〜15年ほどといわれています。
皮膜の硬度は3H〜5H、厚みが30ミクロンということで、こちらもちょうど中間的な感じ。
施工コストについては、1uあたり3000円程度で、家全体を施工下場合はだいたい15万円〜25万円くらい。
15年美しく保ったとして、1年に換算したコストは1万円あまり、という感じですね。

 

ウレタンコーティング

ウレタンコーティングは耐久性については5年〜10年程度といわれています。
10年ほどその家に住んだら引っ越す、住み替える、という場合などに低コストで美しく保つというニーズで利用されてるみたい。
皮膜の硬度は3H、厚みが30ミクロン程度で、フロアコーティングの中では中間からやや柔らかい方になります。
1uあたりのコストが2000円程度で、家全体を施工した場合、10万円弱〜20万円程度といった感じですね。
10年持ってくれたとして、1年当たりのコストに換算すると、1万円あまり、という感じになります。

 

水生ウレタンコーティング

 

水生ウレタンコーティングは、耐久性に関しては、3年から5年程度ですので、一時的に美しさを保ちたい、という場合におすすめ。
皮膜の硬度は2H程度、厚みが30ミクロンということで、硬度はかなり柔らかい部類になります。
1uのコストはだいたい1500円程度で、全体を施工する場合で10万円前後のお値段に。
でも5年ほどしか耐久性がないので、1年当たりコストで考えると2万円くらいの計算になってしまいます。

 

水溶性ウレタンコーティング

 

水生アクリルコーティング

 

水生アクリルコーティングは耐久性は数ヶ月から2年程度といわれています。
皮膜の硬度は1H、厚みが30ミクロンで最も軟らかいので、低価格ながら、コストパフォーマンスについては疑問が残ります。
1uあたり1000円程度ですので、家全体を施工した場合は数万円から10万円ほどなんですが、長くて2年ほどしか美しさがキープできないため、1年あたりのコストとしては、数万円ということになってしまいますね。

 

⇒ フロアコーティングの種類はどんなのが有るの?シーン別用途

 

アクリルコーティングの施工前に知っておきたい価格相場と特徴

一括見積で最安値が簡単にわかる!