フローリングマット(ウッドカーペット)、フロアタイルで簡単にフローリングに出来る!

フローリングマット(ウッドカーペット)、フロアタイルで簡単にフローリングに出来る!

 

 

簡単にフローリング仕様にできるものかな?


 

できるよ。どんなものでできるかみていこう!


 

 

ページ情報
ここでは、自分で簡単にフローリングに替える方法やアイテムを詳しく紹介しています!
ぜひ参考にして、ぴったりのものを見つけてくださいね。

フローリングマットってどんなもの?

 

 

「フローリングマット」とは「ウッドカーペット」と呼ばれているものと同じタイプの商品を指します。

 

畳敷きの和室でも、ごく簡単に施工でき部屋の雰囲気をガラリと替えられることから人気。

 

見た目はフローリング素材をぐるぐる巻いたような形で納められていて、それを部屋の形状に合わせて敷き詰めていく、といったスタイルです。

 

フローリングマットなら賃貸物件でも雰囲気を変えられる!

 

 

「フローリングマット(ウッドカーペット)」が多くのかたに支持される大きな理由は、賃貸物件でも簡単にリメイクできるから。

 

例えば畳ばかりの和室であっても、その上に敷き詰めるだけでフローリングテイストに。

 

しかも退去する際にはそれを取り除けばいいだけですので、原状復帰も簡単でキズなどもつけません。

 

またちょっと工夫するなら畳の上に摩擦の少ない薄い板などをかまして、「フローリングマット(ウッドカーペット)」を敷いておけば、普通に畳の部屋で暮らしたときよりも「畳の劣化が少なくて済む」かもしれません。

 

格安の和風賃貸物件を借りて、敢えて「フローリングマット(ウッドカーペット)」を使って自分好みにカスタマイズして暮らす、というかたもいるほどです。

 

絨毯やPタイルなどの物件もフローリングマットで様変わり!

 

また古い物件の場合、洋室仕様であっても床がフローリングではなく、Pタイルや固定の絨毯敷きのようなところも。

 

そういった物件も畳の部屋同様にその上に「フローリングマット(ウッドカーペット)」をキレイに敷き詰めればすぐ、おしゃれな雰囲気に変えられます。

 

フローリングマットは裏面がキズを付けない仕様になっている!

 

 

畳敷きに「フローリングマット(ウッドカーペット)」を敷く際にさらに間にかますことで畳を保護できるという話に触れました。

 

もちろんそこまでするほうがより経年劣化は防げますが、基本「フローリングマット(ウッドカーペット)」の裏面は不織布や、コットン素材といった敷いた部分をキズつけない仕様となっているため安心して使えます。

 

自己所有の物件ならそこまで心配しなくてもいいですが、賃貸物件ですと退去時に修繕費がかかるのを嫌う方が多いもの。

 

「フローリングマット(ウッドカーペット)」なら心配無用ということです。

 

フローリングマット(ウッドカーペット)の施工方法

 

「フローリングマット(ウッドカーペット)」の施工方法は、部屋のカタチがシンプルであればいたって簡単です。

 

例えば標準的な6畳の部屋であれば、サイズは定型ですので「フローリングマット(ウッドカーペット)」のサイズさえ間違えなければそれこそ敷き詰めるだけで完成します。

 

フローリングマット(ウッドカーペット)施工の流れ

 

 

ウッドカーペットの手順を紹介するよ!


 

 

  1. あらかじめ家具がある場合はすべて別の部屋にのけておく
  2. 作業は必ず2人で行う
  3. 軍手をはめる
  4. 梱包状態は細長い段ボールで覆われた状態なので、はがす
  5. 2人でキズを付けないよう、ぶつけないように部屋に運び入れる
  6. まず少しだけマットを裏向けに広げてみる
  7. 広げたマットのフローリング側をかえずように部屋の角に持っていく
  8. 角が収まったら2人で同じ速度でゆっくり広げていく
  9. 部屋にピッタリ収まったら完成

 

 

サイズが多彩なので一般的な部屋はほとんど対応可能!

 

6畳の部屋の場合の施工方法をチェックしましたが、その他メーカーによってはかなり細やかにお部屋のサイズに沿ったラインナップが用意されてます。

 

【サイズ例】

団地間3畳サイズ 175x245cm
団地間4.5畳サイズ 243x245cm
団地間6畳サイズ 243x345cm
江戸間3畳サイズ 175x260cm
江戸間4.5畳サイズ 260x260cm
江戸間6畳サイズ 260x350cm
江戸間8畳サイズ  350x350cm
本間4.5畳サイズ 285x285cm
本間6畳サイズ  285x380cm
特大サイズ 300x400cm

 

たとえば4畳半などと表現しても、団地間と江戸間では微妙に大きさが違うということが分かりますよね。

 

ですので4畳半や6畳などというオーソドックスなサイズ感だったとしても、

 

まずしっかりと部屋の縦横の長さを測ることが大事です。

 

これを怠ってしまうと、注文したあとにサイズが違ってて困った!ということにもなりかねません。

 

逆に言えばサイズさえ間違わなければピッタリと収まるわけですから、簡単にリメイクができる、ということでもあります。

 

柱が出た、いびつな部屋でもカットすればOK!

 

 

一般的な部屋なら長方形あるいは正方形といったシンプルな形状ですので、「フローリングマット(ウッドカーペット)」を敷くのはそう難しくありません。

 

なかには柱が出ているなど、形がいびつになったところがある部屋もあるかもしれません。

 

でも、そういった場合もリメイクはあきらめなくても大丈夫。

 

「フローリングマット(ウッドカーペット)」はそういった場合に備えて、メーカー側で「オーダーカット」のサービスも行っていることが多いです。

 

またユーザー自身でカットすることもできなくはありません。

 

【ユーザーがカットする方法】

 

  • カットする部分に目印をつける
  • 合板用の目の細かいのこぎりを使って裁断する
  • 裁断した部分を紙やすりで整える

 

このように進めれば、ユーザーがカットすることもできますが、うまくいかないと塗装が剥がれたりゆがんでしまって部屋にぴったり収まらないことも。

 

よりよい仕上がりを求めるなら、メーカーの「オーダーカット」をお願いするほうが無難といえそうです。

 

通販で取り寄せなら、運び入れる手間もいらない

 

「フローリングマット(ウッドカーペット)」はホームセンターなどで取り扱いがある場合もあるかもしれませんが、施工するなら通販がおすすめ。

 

なぜなら梱包されて自宅まで届けてくれるので、店舗から運ぶ手間がいらないからです。

 

「フローリングマット(ウッドカーペット)」は意外に重さもあり、巻いた状態はかなりの長さもあります。

 

これを運ぼうと思うと思いのほか大変なもの。

 

でも「フローリングマット(ウッドカーペット)」専門の会社から取り寄せすればオーダーカットもできますし、施工は2人で慎重に進めれば時間もそれほどかかりません。

 

ダニやカビなども通常使用なら心配いらない

 

「フローリングマット(ウッドカーペット)」を施工するにあたって心配なことといえば、「衛生面」「清潔かどうか」といった部分かもしれません。

 

畳の上にそのまま敷くとなると、実際どうなのか?と心配する方の気持ちもわかります。

 

でも畳そのもののほうがダニやほこりは問題とも言われており、むしろ「フローリングマット(ウッドカーペット)」を敷くことで掃除しやすくなったという意見もあるほどです。

 

気になる方は、

 

対策として、喚起をして風を通すのが一番。

 

梅雨時期など窓が開けられず湿度の高い時期は、除湿機(またはエアコンの除湿機能)があるおうちは利用する

 

とよいですね。洗濯物も乾くので一石二鳥です!
また「ダニ除けシート」を利用して、畳とカーペットの間にはさむとより
効果的です。

 

フローリングマット(ウッドカーペット)施工の際注意すべきこと

 

通販で購入し自宅まで届けてくれる「フローリングマット(ウッドカーペット)」。

 

施工も2人で行えばそれほど難しいものではないですし、掃除も楽になるなど、メリットが多いですが、ちょっと気を付けておくべきポイントも。

 

それは搬入についてです。
「フローリングマット(ウッドカーペット)」は巻いて梱包された状態で運ばれますが、例えば6畳サイズですと長さが3m近くあるそう。
マンションなどの場合エレベーターに乗るサイズでなければ、配送業者がエントランスまでしか運んでくれない、というケースもありえます。

 

搬送の規定についてはメーカーの方針によっても異なる可能性がありますので、エレベーターがない集合住宅など、気になる場合はあらかじめ確認しておくほうがよいでしょう。

 

フロアタイルとは?

 

 

では次に「フローリングマット(ウッドカーペット)」と同じようなもので

 

「フロアタイル」というものについてチェックしてみましょう。

 

その名のとおり、タイル状になったもので、見た目はフローリングの木目などを忠実に再現しています。

 

また木目だけでなくさまざまなデザイン性の高いものもあるのも特徴ですね。

 

柱などがある形状の部屋でも、タイルひとつひとつがコンパクトですので施工しやすいのがメリットです。

 

ただ敷くだけでOKなものも

 

 

「フロアタイル」と聞くと、Pタイルのようなものを想像しますが、さまざまな種類があります。

 

なかには接着剤不要でしっかり固定されるタイプや、のり面の剥離紙をはがして並べるだけでOKなものなど、用途によって使い分けができます。

 

他にも「ピールアップボンド」という一度施工したあとに何度も剥がしてつけなおすことができる特殊なボンドを使うといった方法もあります。

 

敷くだけのタイプなら賃貸でも安心!

 

先ほど触れた接着剤不要の「フロアタイル」なら、賃貸物件でも施工できるうえ、退去時も簡単に取り外せて便利。

 

しかもフローリングマットと違いパズルをはめ込むようなイメージで小さいタイルを組み合わせて置いていく形状ですので、取り除いたあとの保存もコンパクト。

 

かさばらず施工も簡単ですので、女性ひとりでも無理なく施工できるのもいいですね。

 

最新型は「無垢のフローリングタイプ」も!

 

 

「フロアタイル」と聞くとどうしても安っぽくなるのではないか…という心配もあるもの。

 

でもメーカーによっては最新のものでは正方形の「無垢素材のフロアタイル」というものも出てきています。

 

これならただ木目の規則性だけ気を付けて並べるだけで、接着剤も不要。

 

4センチ単位の木の境目ならカッターでカットすることもできますので、無理なく簡単に無垢のフローリングを楽しむこともできます。

 

フロアタイルの施工方法

 

 

「フロアタイル」は比較的コンパクトですし、裏面に接着剤がついていないタイプも。

 

ここでは接着しないタイプの「フロアタイル」の施工方法を確認してみましょう。

 

フロアタイルの施工の流れ

 

 

  1. 軍手をつける
  2. フロアタイルを取り出す
  3. 必要に応じてカットが必要な場合はカッターなどでカットする
  4. 畳敷きなどでへりの部分のへこみが気になる場合はあらかじめ段ボールなどで高さ調整する
  5. 規則正しく部屋の角から順番に並べていく
  6. 部屋にきっちり敷き詰められたら完成

 

女性でも1人で簡単でリメイクできる!

 

持ち家でも賃貸でも、接着剤やシールタイプのほかに裏面が滑り止めになっているだけの「フロアタイル」があるので、とても便利。

 

またパーツがフロアカーペットに比べてコンパクトですので、女性が1人でリメイクするのも簡単です。

 

またカットもしやすいため、部屋の形状が複雑な場合も対応しやすいうえ、家具が置いてあるところを避けて敷くといった方法も可能。

 

施工がしやすいところが人気の秘密といった感じですね。

 

フロアタイルのデメリットは?

 

施工がしやすく簡単に部屋の雰囲気をガラッと変えられる「フロアタイル」。
でもデメリットや心配ごとはないのでしょうか。
デメリットを少し紹介しますね。

 

目地から水分やホコリが入るリスク

 

「フロアタイル」にもさまざまなタイプがあります。

 

多くは「塩ビ」などの素材ですが、その他メーカーによっては「無垢素材」のものも。

 

扱いやすさでは「塩ビ」などの素材のほうが汚れ落ちもよく良いですが、タイル状であるがゆえ、その隙間部分から水分などが入り込むリスクはあります。

 

また簡易的なコルクマットなどを使ったことがある方なら思い当たるかと思いますが、目地部分から下に意外とホコリが落ちて溜まります。

 

 

普段は掃き掃除や掃除機、水ぶき程度でよいですが、1年に1回程度は全体をはがして小さなホコリを取るほうが良いかもしれません。

 

 

畳敷きの部屋の場合へりの部分を調整する必要が

 

施工そのものは畳の和室でもそのまま置いていけばOKといった感じですが、へりの部分に関して違和感が出てしまうことがあります。

 

畳敷きの場合はできればへりの部分が平らになるような下処理をするか、板を全体に敷いて凹凸がない状態にしてから施工していくほうがよいという話も。

 

そうなってくると手間も多くなりますし、板も別途用意することになり、結果的にコストが上がってしまうことになります。

 

パーツが小さい分こういった細かいところは配慮しないと、仕上がりに問題が出てくることがあります。

 

【まとめ】簡単施工のフローリングマット(ウッドカーペット)やフロアタイルも慎重に選んで

 

いかがでしたか?

 

フローリングマット(ウッドカーペット)もフロアタイルもとても簡単に施工できるものの、配慮しておきたいポイントもあるものだということが分かりました。

 

自身の部屋の状況に合わせて、また素材感やメンテナンスのことまで考えて選ぶのがおすすめ。

 

どちらの商品も多様なものが出回っていますので、即決せずじっくり検討するほうが良いかもしれません。

 

またメーカーはお店によっては運搬だけでなくカットから施工まで依頼できるところもありますので、自分ではちょっと自信がないというかたはそういったところにお任せしてもよいでしょう。

 

 

▼フロアコーティングの種類と特徴を知ろう!▼


おすすめは【UV】

UVコート ガラスコート シリコンコート ウレタンコート


▼フロアコーティングの選び方をチェックしましょう!▼



18万円安くなった→ 我が家のフロアコーティング施工体験談はこちら