フローリングの部屋と犬との暮らしのお悩み「臭い・シミ」対策

 

フローリングと犬の尿

 

 

ペットとの生活でお悩みは、やっぱりおしっこの処理かな・・


 

 

そうだよね。ここでは対策のポイントをみていこう。


 

愛犬との暮らしは、家族同然なので、にぎやかでとても彩のあるものですよね。

 

しかし、フローリングへ対するキズやシミは悩みどころです。

 

ここでは愛犬との暮らしの中で起こる臭いやシミ対策について紹介しますね。

 

愛犬との暮らしのポイント

  • おしっこ(尿)は床を傷めるので、しみこまない対策をうっておく!
  • 防水シートを敷く!
  • 犬がいるエリアは洗えるマットや絨毯を敷く!
  • フローリング全体を防水仕様のコーティングにする!

 

犬の尿はフローリングを痛める

おしっこ(尿)はフローリングを傷める!

 

 

フローリングのおしっこシミは残ってしまうんだよね。


 

 

拭き残しは、床を傷める原因になるからね。気を付けないとね。


 

しつけをしっかりしても、時としてトイレ外でおしっこやうんちをしてしまうワンコもいます。

 

体調が悪くておもらししてしまったり、飼い主の帰りを待ちわびて、帰宅の嬉しさのあまり「うれしょん」してしまうこともあります。

 

どうしても尿は床を汚しますし、そのままだと染込んで臭いが残ってしまいます。

 

尿は塩基性ですので、フローリングの素材を確実に劣化させてしまいます。

 

尿で出来てしまったシミはどうしても取れなくなってしまうのが問題で困ってしまいますね。

 

フローリングのシミは取れない

 

 

犬の粗相は、スグにふき取ればキレイになりますが、普通のフローリングは水分を吸収してしまいます。

 

そのため、気が付かないところで粗相をされてしまうと、そのままシミになってしまうのです。このシミがなかなか取れずに問題なんですよね。

 

染込まないピータイルのような床であれば、粗相があってもふき取るだけで、シミに悩むことはありませんが、フローリングの場合は木ですから、どうしてもシミになってしまうのですよね。

 

衛生面もリスクになる!

 

 

犬は粗相だけでなく、外をお散歩してきたら脚が汚れてしまいます。

 

家に上がる際、足を洗ったり拭いたりしても、衛生的にもリスクになります。

 

人間で言うと土足で上がり込むようなものですので、拭くだけではなかなか綺麗になりません。

 

 

フローリングの場合、雑菌や汚れを知らないうちに持ち込んでしまうのです。

 

小さな子供のいる家などでは、一般の家より神経質になるくらいがちょうどいいのではないでしょうか。

 

あらかじめ「しみこまない」対策を打っておく!

 

 

前もって対策をうっておくことが、床を長く維持させることになるよね。


 

これなら、フロアコーティングをしておく方が楽かもね!


 

尿がフローリングに染み込まない対策

 

犬と暮らすと、うれしょんや足の汚れなど、フローリングを劣化させてしまう、臭いが取れなくなってしまうリスクがどうしても付きまといますので、あらかじめそういうことに対して対策を打っておくといいですね。
フローリングのしみこみや臭いの対策!

 

  • 犬のいる場所を決めて、その場に液体が染込まないような防水シート的なものを敷く
  •  

  • 居住エリアが全体なら組み合わせるタイプの防水仕様のマットを敷き、汚れたところをふき取るか、洗う
  •  

  • 犬のいる場所すべてを小さめの敷物ですぐ洗えるようなものを敷く
  •  

  • フローリング全体をあらかじめ防水仕様のコーティングをしておく

 

 

フローリングそのもののままで一緒に暮らすと、粗相があったらどうしても不衛生になりますし、劣化が早まりますので、そういうことをおこしていないときから対策しておくほうがベター。
染込んでしまってからでは遅いですので、臭いやシミのトラブルがあることを先に周知し、あらかじめ対策しておくとよいでしょう。

 

愛犬と生活する為のフロアコーティングを知ろう