シリコンコーティング

「シリコンコーティング」を詳しく知ろう!

 

 

 

シリコンコートのこと詳しく知りたいのだけど…。


 

シリコンと言ったらシリコンゴムやシリコンスプレーなどがありますね!

 

じゃあ床に使われるシリコンってどんな特徴があるのでしょう?


 

一般的に「シリコンコーティング」と呼ばれているフロアコーティングは、「油性シリコンコーティング」のことです。

 

水性に比べて油性の「シリコンコーティング」はかなり耐久性が高く、さまざまな特性があるため、人気のフロアコーティング。

 

ここではそんな「シリコンコーティング」について解説していきますね。

 

「シリコンコーティング」ってどんなコーティング?

 

 

シリコンコーティングの一番の特徴ってなんだろう?


 

やっぱり柔軟性があることだね!

 

ガラスは硬さ!シリコンは柔らかさ!というのが特徴だね!


 

シリコンコーティングの特徴

 

  • 耐久年数10~20年
  •  

  • 通気性を保つことができ、フローリング材に優しい
  •  

  • 柔軟性のある素材のため滑りにくい
  •  

  • 価格が手ごろ

 

シリコンコーティングとは

 

比較的低コストで施工できる「シリコンコーティング」。
フロアコーティングのなかには、ピカピカになりすぎてちょっと、その風合いが好みではない人も多いはずです。(´・ω・`)私は好きですけどね
しかし、「シリコンコーティング」は、艶の強さが調整が可能なので選ばれる理由にもなっています。

 

薬品に対してもある程度耐性があるため、ペットを飼っている家庭でも、メンテナンスがとても楽になります。
価格と耐用年数のバランスを考えると、コストパフォーマンスが高いと言えますね。UVコートのようにバカ高い商品は予算オーバーだけど、コーティングしたいという人におすすめです。

 

原料は何使っているの?

 

フローリングに使われる「シリコンコーティング」は、商品によってその原料に違いはありますが、「1液性シリコン配合ウレタン塗料」というもので、有機系のコーティングです。
シリコンコートは、コンタクトレンズや医療や食器などで使われるほど安全性が高く、人に害のないシリコン樹脂が原料ですので安心して過ごすことができます。
薬剤を利用しアクリルの樹脂をシリコン樹脂に変質させ施工するもので、「油性」と「水性」のものがあります。
耐久性は10年程度のものが多く、「シリコンコーティング」の硬度は5Hほどと、フロアコーティングのなかでは、中間くらいの硬さにあたります。

 

「シリコンコーティング」を施工すると、水をはじくようになるため、キッチンなど水や洗剤が飛び散ってしまう所にも効果的です。

 

また、大きな特徴の一つに、「滑りにい」ことが上げられます。
子供やペットなどがいる環境では、「シリコンコーティング」をしておくことで、滑って転ぶなどの予防にもなり安心なのです。
そういった面からも、高齢者施設や家庭でもよく採用されています。

「シリコンコーティング」の特徴・メリットとデメリット

 

 

シリコンコーティングにもデメリットってあるの?


 

もちろんンメリットがあればデメリットもあるよ!


 

ここでは「シリコンコーティング」の特性から施工するメリットやデメリットを見てみましょう。

 

「シリコンコーティング」のメリットってどんなもの?

 

まず「シリコンコーティング」を施工するメリットは以下のようなものがあります。

  • 他の種類に比べ価格が安い
  •  

  • 柔軟性があり密着するため、さまざまな素材に対応が可能
  •  

  • 滑りにくいので、赤ちゃんや高齢者、ペットがいるご家庭にマッチする
  •  

  • 耐薬品性が強いためアルコールでの汚れの除去が出来る
  •  

  • 耐熱性にも優れているので、油や熱いものが接触しても劣化しにくい
  •  

  • 光沢が美しく艶がある
  •  

  • 安全性が高い
  •  

  • 耐用年数が5~10年

 

特に子や高齢者のいるご家庭、ペットがいる家庭に向いています。
食べこぼしやワンコのおしっこもさっとふき取るだけで済みますし、フローリング自体は劣化しません。

 

また滑りにくくなることで、転倒事故や怪我などを未然に防ぐことができることが評価されており、実際に施工した人の意見をチェックすると、とても参考になります。

 

費用的にはフロアコーティングのなかでは真ん中位になりますが、意外とコストパフォーマンスは高いんです。
耐用年数は5年~10年で、価格とのバランスが良く、フローリングをキレイに保ちたいけど、UVコート程コストをかけられない…と悩んでいる人にはおすすめです。

 

 

「シリコンコーティング」を施工しているところとしては、ペットを飼っている家や老人施設などで施工されていることが多いです。
それだけ信頼性が高く、耐久性があり美しさを保つ定評があるということでしょう。

 

「シリコンコーティング」のデメリットはある?

耐久性が高く、信頼性のある「シリコンコーティング」ではありますが、デメリットもあります。
「シリコンコーティング」を施工するデメリットは、以下のようなもの。

 

  • 施工、乾燥が完了するまでに2日ほどかかるため、即入居ができない
  •  

  • 施工業者がやや少ない
  •  

  • 耐薬品性はあるが、犬の尿は長時間放置すると変質します
  •  

  • UVコート・ガラスコートに比べ硬度が劣る
  •  

  • 施工後の剥離は難しい

 

多少のデメリットは存在しています。
マンションなど、とにかくすぐ入居したい!というときには、時間がかかるので気になるかもしれません。
前もって施工を決めておき、引っ越しのタイミングを調整しておく必要があるでしょう。
また、「シリコンコーティング」は耐用年数が長めなだけに、施工後の剥離は難しくなります。

 

そのため、施工するメリットやデメリットをあらかじめ知ったうえで、自分のライフスタイルに合っているかよく考えて施工をするのがベストです。
施工してしまえば、日々のメンテナンスは驚くほど楽になるので、費用も照らし合わせつつ、検討してみてくださいね。

 

シリコンコートにおススメな場所

 

 

こんな場所におすすめ!って場所とかあるのかな?


 

どの種類のコートにも一長一短はあるから

 

好みの問題になってしまうかな?


 

水周り

撥水効果に優れているので、水周りのキッチン、洗面所にフロアコートしておくと日々のメンテナンスがさっと拭き掃除だけなので楽ちんで、ワックスの手間を省けることは、うれしいですね。
毎日毎日のことなのであとあとやってよけば・・と後悔するより早めに手を打っておいた方がメンテナンスは本当にラクです。

 

リビング

高いUVカット効果が期待できるため、日のあたる場所にフロアコートしておくて日焼けを防げます。人が集まり、掃除頻度が高いリビングにもコーティングしておくと快適な空間で過ごせそうですよね。適度な光沢もあるので、部屋が明るく感じられるので広い空間に使用するのもよいですね。

 

廊下・階段

特徴としてノンスリップ効果があるので、おこさんやお年寄りのいる方にはとてもよいフロアコートで、滑りやすい廊下や階段に施工されることも多いようです。転倒など防げるので安全が暮らしができますね。

 

シリコンコート後は・・・

シリコンフロアコート後は、乾燥までに2~3日かかり臭いが残る場合もあるので、その間立ち入ることはできません。スケジュールを組んで転居の準備をするといいですね。
完全に固まるまで1ヶ月ほどかかってしまうため、その間は傷をつけず注意して生活する方法もありますが、完全に乾いてから入居したほうが気楽に生活ができそうですね。
耐久性は約20年。UVの30年と比較するとやや劣りますがコストも安いので移住年数が短い方におすすめです。居住してからは、こどもの食べこぼしとペットの拭き取りがとても楽になり、あとに残ることもないので、掃除に時間がかからず時間も短縮でき、仕事をしている自分には向いていたなぁとやってよかったとつくづく思います。

「シリコーンコーティング」の価格は?

 

 

シリコンコートの価格って安いのかな?


 

確かに他の種類に比べるとやすいけど、

 

用途と予算によって決める必要があるかな


 

「シリコーンコーティング」の原材料コストは商品によって差がありますが、だいたい3LDKに広さで18万円前後と、無機系のフロアコーティングに比べるとかなりの低コストです。
そういったことから、耐久性とメンテナンスの簡単さ、コストを考えて、チョイスする人が多いようです。

 

  1㎡ 3LDK床面積 75㎡ 1戸建て床面積 135㎡
UV 4500円~5000円 337,500円~375,000円 307,500円~675,000円
ガラスコーティング 3500円~5000円 262,500円~375,000円 472,500円~675,000円
シリコンコーティング 3000円 225,000円 405,000円
ウレタンコーティング 2000円 187,500円 270,000円
水生ウレタンコーティング 1500円 112,500円 202,500円
水生アクリルコーティング 1000円 75,000円 135,000円

シリコンコートまとめ

 

 

最終的に気を付けたいポイントってある?


 

シリコンコートが安いからって理由では選ばないほうがいいね!

 

コーティングは長期的にみる必要があるってことは忘れないで!


 

 

比較的低価格なことから、支持されている「シリコンコーティング」。

 

コストに関しては、ほかのフロアコーティングと比較しても低価格です。
あまりたくさん予算がないけど、フロアコーティングしておきたい、という方にはおすすめです。

 

ただしこの「シリコンコーティング」は施工する際に自然乾燥しなければならないため、若干時間がかかります。
即入居したいと考えている場合は、できるだけ早めに施工を依頼することが重要です。
フロアコーティングそのものの、原料や特徴をしっかり把握して、自分にあったフロアコーティングを選びましょう。

 

 

【フロアコーティング価格相場NAVI】各種の適正価格を知る!(TOPへ)

▼種類の特徴を知ろう!▼


おすすめは【UV】

UVコート ガラスコート シリコンコート ウレタンコート

※それぞれの価格や特徴を紹介しています。

 

▼フロアコーティングの選び方をチェックしましょう!▼

 


▼フロアコートで失敗しないために▼


地域のフロアコート業者を探す場合


※無料・入力5分!複数社の見積もり比較が出来る!


シリコンコーティングの施工前に知っておきたい価格相場と特徴【失敗しないフロアコーティング】記事一覧

シリコンコーティング」って劣化するの?

「シリコンコーティング」って劣化するの?シリコンコートって劣化しちゃうのかなぁ?そうだねぇ。他のコーティングよりは劣化するのが早いかもね。フロアコーティングのなかでも比較的費用がリーズナブルで、支持されている「シリコンコーティング」。あまり触れられていませんが、実は「シリコンコーティング」は時間を経...

≫続きを読む