UVコーティング

UVコーティングを詳しく知ろう!

 

 

UVコートのこと詳しく知りたいのだけど…。


 

フロアコーティングで今一番主力なタイプなのがUVコーティングです。

 

価格は高めですが、耐久性・仕上がり共に満足できるはずです!


 

「UVコーティング」とは、紫外線(UV)をあてることで硬化する、特殊な樹脂塗料を使用した施工法です。

 

数ある「フロアコーティング」の中でも、乾燥が容易でなおかつ耐久性も高いことから人気が有ります。

 

ここではこの「UVコーティング」について詳しく解説します。

 

 

    ●メリット

     

  • 【高い耐久性】 →傷付きにくい・保証期間が長い
  •  

  • 【UV硬化でスピード乾燥】 →入居後の施工に向いている
  •  

  • 【耐薬品・防水性】 →ペットの尿なども染み込まない
  •  

     

    ●デメリット

     

  • 【剥離できない】 →やり直しがきかない(※部分補修可能)
  •  

  • 【質感】 →木の質感を失う
  •  

  • 【高額】 →コーティングの中で一番高額

 

 

本当の必要性は? 失敗・後悔したという人は業者選びが間違っている(´・ω・`)check

 

 

「UVコーティング」とはどんなコーティング?

 

 

UVコートの一番の特徴は「高い耐久性」と「速乾性」です!

 

紫外線で硬化させる方法のため、施工直後から最高硬度で仕上がります。


 

特徴・塗料・技術

 

UVコートの特徴

 

  • 硬度・耐久性が一番高い
  •  

  • 耐久年数20~30年
  •  

  • 価格が高額
  •  

  • 長期目線でコスパは最高
  •  

  • 速乾性があるので施工後すぐに入居可能

 

フローリングのコーティングと言ったらUVコートというほどにその特性が適しており、採用している会社が多くあります。

 

なぜUVコーティングと呼ばれる理由として、「UV(紫外線)」にあたることで硬化する塗料を利用しているからです。

 

紫外線による硬化技術が実用化されたのは1970年代で、省エネ・省資源、公害にならないことを目的に開発されたのが「UV塗料」でした。

 

現在では、低公害、省資源を可能にした環境に優しい塗装技術となっています。

 

その素材の元となる材料は「ウレタン素材」で、高い硬度と速乾性に優れている特徴があります。

 

UVコートの塗料の硬化には特徴があり、紫外線照射により秒単位で塗膜が硬化します。

 

瞬時に固まる為、埃やごみの付着に気を遣うフロアコートには最適な方法なのです。

 

それだけニーズの高い技術で、塗装例としては高級家具・ピアノ・ルアー・スマートフォンなどに使われている信頼性のある技術なのです。

 

UV塗料はどんな素材を塗ってるの?

UVコートに使われている原料は「ウレタン塗料」がベースとなっており、紫外線硬化素材を配合したものが使われます。

UV塗料はどのように硬化していくの?

UV硬化塗料に、UV(紫外線)を当てる事で、塗料に配合されている「光重合開始剤」が紫外線を吸収し、「ラジカル」に変化します。
この「ラジカル」が塗料のなかの「モノマー」「オリゴマー」というものに働きかけることで、「ラジカル重合」という反応を起こし、液状だった塗料が固形になっていくんです。

 

UVコーティングが瞬時に硬化していくのは、温度や乾燥に影響されず、UV塗料の「ラジカル重合」がごく短い時間に進むからなのです。

UV(紫外線)って太陽と同じ…?

女子の場合、日焼けを起こす紫外線を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
そもそも紫外線とは「光のなかのひとつ」で、可視光線は黄色・緑・赤・だいだい・紫などがあり、そのなかの「紫の短い波長のものが紫外線」です。

 

UVコーティングに用いている光の波長は250ナノメーターで、工業用の高圧水銀灯を使用し硬化させます。

 

UVフロアコーティングを自分でDIYすることはできますか?

自分では難しいので業者に依頼しましょう。

 

●解説
UV塗料の硬化は自然光ではなく、専門のUV照射機器が必要になります。
UV硬化の塗料も一般には販売されていません。

 

フロアコートをDIY【体験談】自分で施工して後悔しました…

 

「グロスタイプ」と「つや消しタイプ」の違い

 

ツヤ消しタイプのUVコーティングがあり、無垢のフローリングに人気があります。

 

グロスタイプ

 

一般的なUVコートがそれにあたります。
ツヤツヤな仕上がりで、フロアコーティングをしました!という仕上がりになります。

 

UVコートは、その他のコーテングと比べてもトップクラスに光沢があるのが特徴です。

 

つや消しタイプ

 

UVコートのつや消しには、賛否両論があります。

 

メリットは天然無垢の素材の質感を損なわないことですが、性能はグロスタイプには劣ります。

 

つや消しタイプのコーティング手法は、コーティング剤に不純物を混ぜマット感を出します。
この不純物が密着度を下げるため、あまりおすすめしていない業者もあります。

 

どうしても、フロアコーティングの艶・光沢感が気になる場合に選択するとよいでしょう。

UVコーティングの【メリット】

 

 

メリットは仕上がりがキレイでキズにも強いことです!

 

乾燥に時間が掛からないから、ホコリが付きにくいのです。


 

●耐久性が高い

 

紫外線による硬化による強い密着性で、フローリングとの吸着が強力です。
自然乾燥のコーティングに比べ剥がれる事もありません。

●施工・乾燥がスピーディ!

 

UV(紫外線)を照射することで瞬時に硬化するため、施工がスピーディに完了します。
UVコーティングは、入居を急ぐ方にもおすすめです。

●高級感の美しい仕上がり

 

他の樹脂に比べ光沢が高く、高級感のある美しい仕上がりが期待できます。
その美しさが人気でもあり、ピアノやスマートフォンにも使われています。

●耐薬品性がある

 

アクリルコートやWAXに比べ耐薬品性が高くアルコールや除光液、ペットの尿による剥離や変色が起こりません。
油性マジックなどが付いてしまったとしても、洗剤やアルコールを使って簡単に除去することが出来るのです。

●メンテナンスが楽!ワックスも必要なし!

 

フローリングは、フローリング専用のワックスを定期的に行う必要がありました。
UVコーティングをすることで、WAXの必要性が無くなり、日常の掃除・メンテナンスが楽になります。

●抗菌、防汚、耐薬品性など高い耐久性を誇る!

 

UVコーティングは硬度も高いため、キズ・汚れがつきにくくなります。
耐久性は20年などといわれており、密度が高い塗膜によってカビも防ぎます。
油がついてしまっても、洗剤を使って簡単に落とすことが出来るため、長期間美しさを保つことができます。

●フローリングが滑リにくくなる!

 

UVコーティングすると、素のフローリングより滑りにくくなります。
高齢者やお子様、ペットなどとの暮らしをより安全なものにしてくれます。

●安全性が高く環境にも優しい!

 

UVコーティングは、硬化後に有機溶剤を放出しないので、化学的なニオイもありません。
逆にフローリングに使うワックスは、有害物質が大気中に放出されると指摘があります。

 

UVコーティングの【デメリット】

 

 

良いことばかりではなくデメリットも教えて欲しいな!


 

確かにデメリットもあるけど…

 

それは、やり直しがきかないって事かな。


 

 

UVコートによる床へのデメリットについて検証してますね!

 

 

UVコートのデメリット

  • 剥離ができない
  • 木の質感が損なわれる
  • 価格が高い

 

●剥離ができない

 

UVコートはフローリング面にガチガチに吸着しています。そのため一度施工してしまうと剥離することが出来ません。
もしコーティングをやめたいとなった場合、フロ-リングの張替しかありません。
フロアコートをやめたいという時はどういった時があるのかと言いますと、中途半端にはがれてきてしまった時です。

 

とはいえUVコートは他のフロアコーティングに比べて最も耐久性が高いフロアコーティングになるので、しっかりとした施工業者を選ぶ限りUVコートで後悔するという事態は少ないと言えます。

●木の質感が損なわれる

 

厚い被膜の影響で、フローリングにある木の質感が感じられなくなってしまいます。

 

施工後にイメージと違ったという失敗を防ぐためにも、重視したいのは「フローリングの木の質感」なのか、それとも「フローリングに傷がつかないこと」なのか、施工前に考えてみましょう。
また無垢のフローリングには、つや消しタイプのコーティングを選ぶことで、フローリングの味わいを残すことが出来ます。

●価格が高い

 

UVコートはコーティング剤を塗った後、紫外線照射器という特殊な機械を使って紫外線を当てる工程が必要なので、自力での施工はほぼ不可能といえます。
そのため施工業者に依頼することが前提となり、施工費用が高額となってしまいます。
価格はある程度差はありますが、床をコーティングする中では一番高額です。

 

  1㎡(単価) 3LDK床面積 75㎡ 1戸建て床面積 135㎡
UV 4500円 337,500円 607,500円
ガラスコーティング 3500円 262,500円 472,500円
シリコンコーティング 3000円 225,000円 405,000円
ウレタンコーティング 2000円 187,500円 270,000円
水生ウレタンコーティング 1500円 112,500円 202,500円
水生アクリルコーティング 1000円 75,000円 135,000円

 

ただし、UVコートは費用が高い分メンテナンスがラクで耐久性が高いので、「全然傷がつかない!思い切ってやってよかった」、「将来的なコストを考えればおトクだと思う」というように、実際に施工した人からは高い評判を得ています。

 

 

【デメリット】と【メリット】はどう捉えるかがポイントです!


 

気になるポイント

 

臭いと安全性について

 

様々な口コミをみると「UVコーテングは臭いが気になる…」という話が出てきます。

 

臭いの原因はうすめ液として使われる「有機溶剤」で、この臭いは施工後2・3日で消えてしまいます。

 

溶剤は、樹脂塗料の溶解(希釈)に使用するもので、溶剤自体は蒸発して塗膜に残りません。
施工作業では、塗料を塗りやすい粘度に調整し、表面の仕上がりをよくする必要があため使用されます。

 

溶剤の成分は「樹脂用シンナー」が使用され、乾燥後は完全に蒸発してしまいます。

 

硬化後の有害物質の残留試験は、最も高評価である「F☆☆☆☆」ですので、臭いの元である溶剤成分は残らず、硬化後に新たに臭いの元である「VOC(揮発性有機化合物)」が発生することもありません。

 

※F☆☆☆☆(Fフォースター)ホルムアルデヒド等級の最上位規格(安全性)を示すJIS製品マークです。

※健康面が気になる方はメーカーの説明をお読みください「株式会社THエンゼル

 

おすすめの施工場所

 

 

UVコートは「強度・仕上がり」共に最強のコーティングだから、住宅にはもってこいなんだ!


 

できれば全面フロアコートしたいのですが、予算的にも厳しい・・という方に特におすすめな場所について紹介します。

 

やっぱり毎日使う水周りをやっておくと日々のお掃除がとてもラクちんですね。

 

おうちの中コーティングにおすすめな場所 

  • ダイニング
  •  

  • キッチン
  •  

  • 洗面所
  •  

  • トイレ

 

ダイニング

 

毎日長い時間を過ごし、最も人が集まる場所をフロアコートしておくのはおすすめですね。
家族が集まり、生活する場所はやはり汚れていくもの。そうなるとお掃除はやっぱりラクな方がいいですよね。また、長くいるならば清潔で快適な場所でくつろぎたいですよね。

 

キッチン

 

やっぱり汚れてくるのは、水周りのキッチン。油や洗い物、食べこぼしの汚れを拭き取るのに毎日水拭きをしていると、さすがに床は劣化し、剥がれてきたり傷がついたり・・なんてこともありますよね。この劣化を防ぐのに最も効果的なのが、「UVコート」なんです。フロアコーティングの被膜には高い「耐水性、耐薬品性」があるので水をはじきます。水拭きをしても床を傷めずに清潔な床を維持できます。
共働きで掃除の時間がないというお宅にも、さっと拭き取りだけですむのでラクですね。

 

洗面所・トイレ

 

キッチン同様に水周りの汚れは気になるところですよね。
「UVコート」は耐水性に優れているので、水をはじき多少こぼしても染みになり残ることはありません。臭いも残らないので、清潔さを保てます。お掃除の際に、洗剤が床に飛び散っても、「耐薬品性」があるので艶が剥がれてしまう・・なんてこともないので安心して掃除ができます。狭い空間ですが、水周りをフロアコートしておくてストレスフルな日々をおくれそうですね。

「劣化」「ひび割れ」「補修」について

 

 

一度施工したら剥がせないし再度施工もできないみたいだけど

 

UVコートって劣化するの?


 

普通のオウチでは劣化することはないかな。

 

耐用年数が切れる頃にはリフォームの時期が来るだろうしね!。


 

フローリングを美しく保ってくれ、また、日々のメンテナンスがとても楽になる「フロアコーティング」。
でもどの商品もチェックしても、だいたい耐用年数が決まっていますよね。
ということは、「フロアコーティング」を施しても劣化するってことでしょうか…ちょっと心配ですよね。
ここでは「フロアコーティング」の劣化について、簡単に解説しましょう。
まず一般的に耐久性が一番高いとされている「UVコーティング」について。
「UVコーティング」とは特殊な樹脂を紫外線(UV)を照射することによって、瞬間的に硬化させていく施工方法です。
硬度も比較的高いため、耐久性は20年以上、なとどいう商品が多くなっています。
この「UVコーティング」は劣化するものなのでしょうか。

 

太陽の紫外線劣化は防げない?

「UVコーティング」だけではなく、殆どのフロアコートは太陽光の紫外線は防げません。
ここで注意したいのは、フローリングが日焼けしてしまっているのか、コーティングが劣化し変色してしまっているのかです。
UVコートは紫外線硬化技術により成分が安定しているので、変色には強いのです。
そのため、コーティングが変色を起こすというよりも層の下のフローリングが日焼けを起こしてしまう事の方が多いのです。

 

対策としてはフローリングに何かを施すよりも、UVカットのガラスにしたりフィルムを張った方が効果的です。

 

もし変色やひび割れを起こしてしまったら?

どのような変化かというと、黄変など、元の色合いと異なってくる、といったもの。
また硬度が比較的高いため、場合によってはひび割れを起こす、といったこともあるようです。
「フロアコーティング」をした部分がもしこのような変化が起こってしまったら、「UVコーティング」の場合はどうすればいいのでしょうか。
「UVコーティング」はその性質上、基本的には剥離することが難しいため、施工業によっては部分補修をする、あるいは全体的にフローリングそのものから張り替えてしまう、という風になるようです。
ただ一般的にはフローリングは10~15年ほどで張り替えるものですので、そのタイミングでリフォームしてしまう、という場合もあります。
そういったことから、フローリングの耐用年数とリフォームの時期、また「フロアコーティング」のタイミングや耐久性、劣化の度合いなどを考慮しておく方がよい、ということですね。
ただこれらの劣化についても、極端な例であり、紫外線も遮光カーテンを使ったり、紫外線を防ぐような対策をあらかじめしておくことで、問題が起こらないようにできるのです。
そういったこともしておいた上で、特徴を把握して、施工することが重要なポイントです。

 

※【フロアコーティングの補修・剥離】傷や部分補修の対処方法>>

 

ひび割れについては、一般的な生活ではそれほど気にする必要なし

 

「フロアコーティング」の硬度が高いものについて、ひび割れが心配、という声を聞きますが、一般的な使用、生活においては、特に気にする必要はありません。

 

それよりも注意したいのは、鋭利は刃物などを落下させたり、重いものが一点に集中してしまう事は、避けたほうが無難です。
たとえばハサミを落下させてしまって、刃先がフロアコーティングそのものに当たってしまうと、いくら強固のUVコートでもえぐれてしまいます。
そういったことが起こらないように、気をつけておく必要はあります。

 

そういった状況以外は、特にすぐにひび割れてたり劣化したりということは心配しなくてもだいじょうぶです。

UVコートのその後…

 

 

施工した後ってどんな感じなのかな?


 

実際に施工した人の声を聞いてみよう!


 

私も数年まえに掃除の楽さを手に入れたくて、水周りをUVコートかけましたが現在も光沢があり艶を保っています。

 

やはりコスト面では悩みましたが、ワックス掛けがいらない、毎日の掃除の手軽さ、時間短縮になっているのでやってよかったなぁと感じてます。

 

光沢があり滑ることも気になっていましたが、我が家の小学生と幼児もそこまでツルツル滑らず生活しております。スリッパを履いてわざと す~っと滑りスケート選手のマネをしていることはありますが・・。
水周りで良さを実感しているので、そろそろダイニングを検討中です。コストはかかりますが長い目でみるとキレイな状態を保つことができるのでおすすめですね。

 

UVコートで失敗したと後悔しないために

 

 

後悔ないために必要なことは業者選びが全てです!

 

的確な提案がもらえる業者を選びましょう!


 

時々「UVコートをして後悔した…」という声を聴きますが、疑問に思いました。

 

ちゃんとした業者に巡り合えていないのでは?と感じます。

 

そもそもUVコートは広く使われている工法ですので、よほどのことが無い限り後悔することはありません。

 

UVコートを施工する前にちゃんとメリットデメリットの提案をしてもらえましたか?

 

そもそもUVコーテングだからと言って万能ではありません。

 

床の素材にあった仕上げがありますし、床材と塗料の適合性も見なけれななりません。

 

例えば「無垢」の床に光沢感の強いUVコートを施すと、木の本来の質感が失われてしまいます。
何の為に無垢の床にしたのか分からなくなってしまいます。

 

フローリングの材質によって、どのタイプのコーティング塗料を使用するのか見極める必要があるのです。

 

また、仕上がりは良かったとしても、施工費用が高額というデメリットがあります。
それなりの費用をかけたUVコートを、10年も住まない賃貸住宅のフローリングに施工する必要性はどうでしょうか?
その場合、メンテナンスが楽になり日常生活としてメリットだと判断する必要があります。

 

そう言った適合性や仕上がりイメージを、ちゃんと提案できない業者に依頼してしまうと、ユーザーは「失敗した…」「やって後悔…」と感じてもおかしくありません。

 

失敗しないためには「業者が的確な提案」をしてくれることが大前提になるのです。

 

UVコートで「失敗した…」と後悔しないためには、UVコートのメリットとデメリットをしっかりと理解し、施工の必要性を考えましょう。

 

UVコーティングとガラスコーティングの比較

 

UVコート ガラスコート
乾燥方法 UV硬化 自然乾燥
耐久性・保証 20年 30年
表面硬度 5H 7H
耐水性 強い 強い
耐薬品性 強い とても強い
剥離・塗り直し 不可 不可
部分補修 可能 可能
費用 高額 やや高額
性質 有機物 無機物

UVコーティングのまとめ

 

 

最終的に一番気を付けなければならない事って何?


 

何でもそうだけど、メリットもあればデメリットもあるということを理解しておいて欲しい!


 

 

UVコーテンングは硬度・耐久性としては最強のフロアコートです。

 

フローリングのコーティングをするしないという選択の基準としては他のコーティングともそれほど変わりません。

 

問題は予算と考えますが、確かに高額ですが、耐久性を見る限り結果的に安上がりであり満足度の高いコーティングであると言えますね!

 

マンションや一戸建てのフローリングを長期にわたって保護したいという人には一番のおすすめのタイプです!

▼種類の特徴を知ろう!▼


おすすめは【UV】

UVコート ガラスコート シリコンコート ウレタンコート

※それぞれの価格や特徴を紹介しています。

 

▼フロアコーティングの選び方をチェックしましょう!▼

 


▼フロアコートで失敗しないために▼


地域のフロアコート業者を探す場合


サンプルを取寄せる

※見積もりと同時にサンプルがもらえます

※無料・入力5分!複数社の見積もり比較が出来る!