体験談

【尾崎さん体験談】リビングのフロアコーティングをした思い出

尾崎さん宅の場合


お住まい 神奈川県横浜市
家族構成 3人家族
住居のタイプ マンション
施工した部屋 リビングのみ
入居の有無 入居後
コーティングの種類 ウレタンコート
依頼した業者 DIY:便利屋さんと自分で施工

便利屋さんと共同でDIY施工をした!

リビングのフロアコーティングをした時の思い出

自宅にしているマンションに住み始めてから5年が過ぎていました。
リビングは木材のパネルを組み合わせた床になっていました。
普段、生活している時間の大半はそこにいて、くつろいでいました。
ある時、年末を迎えて大掃除のついでに、
そろそろ床もコーティングしたほうがいいんじゃないかと思いつきました。
雑誌でそういう内容の記事を読んでいたのが、しようと思ったキッカケでした。
でも窓や壁の掃除で忙しかったため、手付かずのままで終わってしまいました。
考えてみれば、この慌しい時期にしなくて良かったです。
フロアコーティングについては年末を避けて、じめじめした湿気の多い梅雨時も避けて、
日照時間が長く気温が真夏ほど高くない初夏の時期が良いのではと思いました。
自分ひとりではできそうになかったので、
フロアコーティングの経験がある便利屋さんを探し出して、依頼することにしました。
でもその日の天候次第で、できるかどうかが変わってきます。
スケジュールにしても具体的な日取りについては、あまり先のほうに決められないのが難点でした。
そこで、フロアコーティングの前に自分でできることについて、
何度もシュミレーションしてみたのです。
作業を早く済ませるには置いてある物がないほうがいいはずです。
全て別の場所に移動しないとコーティングが始められないでしょう。
段取りを考えて最初に大きなもの、重いものがネックになると思えました。
該当するのは食事で使っているテーブル、ソファ、テレビ、本棚です。
テーブルとソファは片側を小さな台車に乗せて、和室に運ぶことにしました。
テレビはテレビ台にキャスターがついていましたので、そのまま押して廊下に運び出せます。
本棚は五つあります。文庫本から単行本、絵本に料理本に写真集や事典にアルバムやファイルまで収まっています。
本類以外のものとして、カセットテープやCDやステレオなどが詰まっています。
本棚ごといっぺんに運ぶには重すぎるので、
小分けにして紙袋やビニール袋に入れて和室に運ぶことにしました。
本棚本体は持ち上げて廊下に運び出して一列に並べれば通行はできます。
おおまかなプランとしては頭の中でこのように組み立てていました。あとは実際の作業時間です。
運び出しとコーティングと運び戻しですが、コーティングが終わるまでの時間は、実際にやってみないとわからないということでした。
始めは半日あれば大丈夫かなと思っていましたが和室が寝室ですので、
間に合わなかったら寝る場所がない状態になります。本やオーディオが、一番時間がかかりそうでした。
一週間かけて少しずつ運んでいくことにしました。当日には本棚本体だけを運べばいいようにしたのです。
そうして梅雨明け宣言を確認して、天気予報の内容を検討しながらフロアコーティングする日を設定しました。
本棚の中身を運び始めましたが、一日一棚でもかなりの量になりました。
本類を先に運び出しました。
機械や割れ物になるオーディオ類を後に回したのです。
そうして当日は中に何も入っていない本棚とテーブル、ソファ、テレビを運び出すことに集中できました。
午前中に運び出しを済ませることができました。何もなくなった部屋は引越しを済ませたみたいでした。
窓を開けて風通しの良い環境にしました。ほうきを使ってほこりを取り、科学雑巾で拭きました。
午後になって、便利屋さんがフローリングの床に向かいます。コーティング作業です。
およそ3時間で作業が終わりました。あとは待ち時間です。
夕方六時ごろに床の状態を見て、運び出したものを順番に部屋に戻していきました。
本やオーディオ類は夕飯までに棚に詰め込むには間に合わなかったので、後日、少しずつ収めて無事に元通りのインテリアにすることができました。

著者:尾崎