谷村さん宅の場合

 

お住まい 神奈川県横浜市
家族構成 3人家族
住居のタイプ マンション
施工した部屋 リビングのみ
入居の有無 入居後
コーティングの種類 ウレタンコート
依頼した業者 DIY:便利屋さんと自分で施工

床のメンテナンスを劇的に楽にしてくれたフロアコーティング

 

かつて我が家のフローリングはそれはそれは悲惨な状態でした。

 

子供たちもまだ小さく、高齢の祖母も同居しており、車椅子に赤ちゃん用の歩行器やおもちゃの室内用自動車など、実にさまざまなものがリビングのフローリングを飛び交っていて、常に床面は傷と汚れのリスクにさらされ続けていたんです。

 

もちろんどんな家でもその中で生活していく限り傷や汚れと無縁でいることは出来ません。

 

けれども、かつての我が家はそれこそ傷や汚れの心配がない日が一日もないくらい、フローリングの床面にとってはかなり厳しい条件になっていました。

 

小さな子供がいるとなかなか大変なことではあったのですが、定期的にワックスをかけて床面を保護するようにしていました。

 

夫が仕事に行き、子供たちが幼稚園に行き、祖母が外出した日を狙ってワックスがけの準備をします。

 

けれどもワックスがけをするためには天気も重要です。みんなの都合が合って、今日はワックスがけをしようと決めていた日に限って雨が降ったりすると本当にがっかりでした。

 

お天気がよく、ワックスがけをした後がしっかり乾いてくれる日でなければならなかったためです。

 

そんなこんなで、我が家は長い間フローリングの床との格闘を続けてきたという歴史がありました。

 

でも、そんな我が家がフロアコーティングと言う優れた技術があることを知ったのは、ほんの6年ほど前の事なのです。

 

さすがに床面の汚れも落としにくくなってきて、あちこち傷やシミが目立つようになってきたことだし、

 

室内をリフォームするついでにフローリングも新しくしようと言うことになったんです。

 

設計士の方と様々な仕様を相談していたときにすすめられたフローリングは、

 

私の頭の中では想像できないような綺麗な明るい色のフローリングでした。

 

毎日家族がさまざまな形で傷と汚れを与え続けたかつてのフローリングのイメージがこびりついていた私にとっては、

 

こんな白っぽいフローリングなどにしたらどれくらい汚れることか…と、想像しただけでも身の毛がよだつようだったのです。

 

私は即座にもっと汚れの目立たない色のものを…と注文しました。

 

ところが設計士さんが、フロアコーティングをすることで床のメンテナンスがほとんど必要がなくなるので、

 

部屋を明るい印象にするためにも是非明るい色のフローリングがおすすめだと説明され、初めてフロアコーティングの存在を知りました。

 

リフォームで新しくなったフローリングは信じられないくらい白っぽくて綺麗な色をしているのですが、

 

リフォームと同時にフロアコーティングをすることで床面がつやつやに仕上がりました。

 

もっと鏡のようにぴかぴかに仕上げる種類もあると言われたのですが、

 

我が家は少しつやを抑え気味にしてもらうよにしました。

 

フロアコーティングの施工が済んだ部屋は、

 

かつてのフローリングがまだ新品だった頃に初めてワックスを塗った後のようなつややかな床面になっていました。

 

子供たちもある程度大きくなっているし、

 

それほど心配はしていなかったのですが、こんなにツルツルの床面になったことで滑りやすくなったのではないかと思ったら、

 

フロアコーティングによってある程度グリップ性を持たせているので、

 

ワックスをかけていたときよりも、むしろ滑りにくくなるのだといわれ、

 

実際に生活を始めてみたら本当にその通りなんです。

 

リビングからキッチンに続くフロアには、

 

これまでの発想では絶対に考えられないような明るくて綺麗な色の床面が広がっていて、

 

部屋全体がパッと明るくなったようでした。

 

そしてフロアコーティングをしたことで、

 

とにかく床面の掃除が楽になったのが何よりの収穫でした。

 

ふだんの掃除は軽くモップをかけるだけで十分。

 

何かをこぼしてしまっても簡単にふき取ることが出来るので、

 

汚れが染み込んでしまう心配もありません。

 

あの重労働のワックスがけからも開放され、

 

どうしてもっと早くフロアコーティングをしなかったのか…と後悔してしまった位です。

 

フロアコーティングは確実に床のメンテナンスを楽にしてくれ、汚れや傷からしっかり守ってくれる頼りがいのある存在です。

◀前の記事

尾崎さん家のお話

次の記事▶

遠藤さん家のお話