種類の比較・選び方

ウレタンコーティング・水溶性と油性の違い

ナビサン
ナビサン
ウレタンコーティングって何種類もあるの?
ナビクン
ナビクン
水性ウレタンコーティングと、油性ウレタンコーティングと2種類あるんだよ。

水溶性ウレタンコーティングはどんな特徴があるのか?

水性のウレタン樹脂を使ったフロアコーティングのことを意味します。
耐久性は他のコーティングよりも低いですが、低コストで仕上げられるので短期入居におすすめです。

床が劣化した時に、張り替えの必要もなく、重ね塗りが可能な点もコスト的に有利です。

ここでは、水性ウレタンコーティングについて紹介します。

水性ウレタンコーティングの特徴

一般的に「 ウレタンコーティング 」と呼ばれているものは「 油性ウレタンターコーティング 」のことを指します。
「油性ウレタンコーティング」には安全性に疑問があるといわれたものがあったため、登場していたのが「 水性ウレタンコーティング 」です。「水性ウレタンコーティング」とは、水性のウレタン樹脂を使ったフロアコーティングのことです。
フローリングの「水性ワックス」とはパラフィン、カルナウバ蝋など「ロウ」が主原料です。このワックスの場合は、施工表面が柔らかいため、数ヶ月ごとに剥離して塗り替える必要があります。

「水性ウレタンコーティング」の場合は水溶性とはいえ、硬化させることでフローリング上にしっかりとした皮膜が形成されるため、数年メンテナンスの必要がない耐久性を持ちます。この耐久性こそがワックスとの違いなのです。

「水性ウレタンコーティング」のメリット・デメリット

ナビクン
ナビクン
水性ウレタンコーティングのメリットってなにかな?
ナビサン
ナビサン
低価格で、メンテナンスいらずのコーティング!

先ほどちょっと触れたように「水性ウレタンコーティング」はもともと「油性ウレタンコーティング」のなかに安全性に疑問があるものがあったことから普及してきた経緯があります。
「フロアコーティング」のなかで比較的低価格なことが支持されており、さまざまな特徴があるのです。ここでは「水性ウレタンコーティング」のメリットとデメリットについて紹介しましょう!

メリット

  • フロアコーティングの中で一番低価格
  • 5年くらいの耐久性があり、その間のメンテナンスがいらない
  • 耐水性があり、メンテナンスは水拭きでOK!
  • 重ね塗り、剥離して塗り替えることが可能

「フロアコーティング」がフローリングの保護効果としてやってみたい!という人は多いのですが、どうしても躊躇してしまうのはやはり「 コスト 」ではないでしょうか?

施工コストが気になり、低価格で気軽に施工できることから、「水性ウレタンコーティング」をと支持されている場所があります。
特に定期的にコーティングをやり直すと考えている人はこのタイプを選びます。

施工してしまえば、3年から5年ほどその効果を発揮してくれるため、美しさをキープしつつ、メンテナンスもほとんど必要ないので楽なのです。
また安全性についても信頼度が高いため、赤ちゃんやお年寄り、ペットがいるご家庭に人気になっています。
また他の「フロアコーティング」には剥離や塗りなおしが難しいものがありますが、「水性ウレタンコーティング」なら剥離、塗り替えができるものがあるため、数年ごとに施工する、という方もいるようです。

デメリット

ナビクン
ナビクン
水性ウレタンコーティングのデメリットってなにかな?
ナビサン
ナビサン
耐久性の低いところかな・・。
  • 他のフロアコーティングに比べて耐久性が低い
  • 他のフロアコーティングに比べ硬度が低い
  • 耐薬品性が強くない

「水性ウレタンコーティング」は他のフロアコーティングに比べて耐久性や硬度が低いため、一見劣るという風にも思えます。
しかし、これはその家の生活の仕方によっては合わない場合もあると考えるべきかも知れません。
但し耐薬品性は強くないため、除光液だとか、ペットのおしっこなどで反応してしまい、コーティングが傷んでしまうことがあります。
こういったことを理解して考慮しつつ、どのコーティングにするか検討するといいですね。

水溶性と油性の違い【まとめ】

●メリット

  • 【費用】→低予算で抑えられる
  • 【耐水性】→メンテナンスは水拭きでOK!
  • 【張替え】→重ね塗り、剥離して塗り替えることが可能

●デメリット

  • 【耐久性】→他のコーティングに比べ耐久性が低い。
  • 【艶】→上品な艶はない。
  • 【耐薬品性・耐熱性】→他のコーティングに比べると低いので扱うときは要注意