フロアコーテングの種類の比較と選び方~おすすめのタイプ

 

フロアコートの種類と選び方

 

 

今回のフロアコートのお話は?


 

どのコーティングの種類を選んでいいか分からない!


 

 

フロアコーティングは、傷つきやすいフローリングを長期間にわたり美しくキープしてくれます。
定期的なメンテナンスが必要なく、汚れも落ちやすくなるため掃除が楽チンになります。

 

フロアコーティングには、様々な商品・種類があるため、効果は同じでも耐久性や艶がちがいます。
それぞれの種類によって、どういったシーンに向いているのか知らなければ失敗の原因になります。

 

先ずは主な種類の【特徴】やそれぞれの【メリット・デメリット】を比較解説します。

 

 

CHECK 各種類のそれぞれの特徴を比較することで、どのタイプを選択するはの判断できます。

※このページでは「フロアコーティング」の種類・特性から、どのタイプを選ぶべきか知りましょう。

 

 

おすすめの種類を見る▶

※耐久性と価格のバランスが最もとれています

 

フロアーコーティングの種類

 

 

コーティングの種類が変わると何か違うの?


 

「硬度・厚さ・艶・光沢」が変わってきます。

 

だからこそ特徴によって使い分けが必要なのです。


 

まずはフロアコートの種類について知りましょう!

 

フロアコートには「4つの素材」と「2つの施工方法」の違いがあります。

 

素材によって艶の仕上がりや耐久性が変わります。
特徴を把握すれば、目的にあったコーティングが見えてきます。

 

コート剤の全体図を見てみよう!

 

UVコート

ウレタンベースのUV硬化塗料
近年の主流であり、UV(赤外線)の照射によって強力に硬化し耐久性に優れている。

ガラスコート

ガラスベースの塗料
仕上がりが美しくUVコート同様人気のある商品。

シリコンコート

シリコンベースの塗料
一昔前の商品で「UV・ガラス」に比べると性能が劣る。

ウレタンコート

ウレタン素材
UVコーティングの主成分になる素材で、DIY用で売られている製品がコレに当たる。

アクリルコート

WAXの主成分
床用のWAXの殆どがアクリル成分で、持続性が短い。

 

▼4つの素材の特徴・価格をまとめてあります。▼

おすすめは【UV】

UVコート ガラスコート シリコンコート ウレタンコート

(※2つの施工方法:UV硬化と自然硬化)

 

 

おすすめのフロアコーティングの種類は?

 

 

おすすめのフロアコーテングはコレ!


 

一般住宅なら「UVコート」か「ガラスコート」どちらかの選択になります。

 

  • UVコート」…UV照射で硬化するため施工に時間が掛からない。

    輝く艶やかな光沢が特徴

  •  

  • ガラスコート」…仕上がりがとてもきれいで新築住宅におすすめ。

    自然夏やで落ち着いた仕上がり

  •  

  • ペットが居る方」…犬や猫の動物がいる家庭の人はこちらを読んでください。

 

※UVコートとガラスコートが二強

 

住宅向けにでフロアコーテングのおすすめタイプは?と聞かれたら「UVコート」と「ガラスコート」と答えます。この2つは、耐久性が高く、取り扱い業者の主力となっています。

 

耐久性を望む人はVUコート。自然な艶が好みならガラスコートがおすすめです。

 

一般住宅なら「UVコート」か「ガラスコート」のどちらでを選んでも間違いありません。

 

※どちらか決めるにあたり「実物サンプル」を触ってみてください。
実物を見ることで選ぶ判断に役立ちます。

 

各社のサンプル一覧エコプロコートサンプル

 

(※ 無料サンプルは→こちらから貰うことができます。)

 

 

次に各種コーティングの特徴について解説しますね。


 

 

各種コート剤ごとの比較

 

 

 

耐久性・表面硬度・艶・光沢感を見比べることによって

 

それぞれの特徴が分かるようになります!


 

特徴を比較

 

コーティングの種類 テイスト 費用 おすすめポイント
UVコーティング ピカピカで高級感ある仕上がり キッチン、洗面所 
ガラスコーティング 品のある奥ゆかしい光沢 キッチン、洗面所
シリコンコーティング 天然素材で美しい光沢 ペット 赤ちゃん
ウレタンコーティング 落ち着きのある艶 キッチン、洗面所
水性アクリルコーティング 光沢を調整できる 低価格

 

●フロアコートの特徴は、仕上がり後の「耐久性」「艶・光沢」「表面硬度」がポイントです。
それぞれの特徴ごとに価格も変わりますので、予算と好みによって選びましょう。

 

耐久性の比較

 

UVコーティング 20年 高耐久
ガラスコーティング 20年 高耐久
シリコンコーティング 10年 耐久性(中)
ウレタンコーティング 5~10年 耐久性(低)
水性ウレタンコーティング 1~2年 耐久性(低)
WAX 半年 耐久性(極低)

 

●フロアコートの耐久性はUVコートとガラスコートが特に高く、硬化してしまえば同様の硬度があります。
耐久性や寿命」は種類を選ぶときの重要な要素で、住宅向け商品は20年前後の耐用年数が求められます。

 

艶・光沢の比較

 

UVコーティング 強い光沢感 調整不可
ガラスコーティング 落ち着いた光沢感 調整可能
シリコンコーティング 強めの光沢感 調整不可
ウレタンコーティング ほどほどの光沢感 調整可能
水性ウレタンコーティング ほどほどの光沢感 調整可能
WAX ほどほどの光沢感 調整可能

 

●フロアコートの艶・光沢はコーテング素材によってちがいます。自然な仕上がりや、強い光沢による特性も素材選択のポイントになります。特にUVコートは強い光沢でガラスコートは自然な風合いになるの特徴です。(※種類による艶・光沢の違いを解説

 

表面硬度・膜厚の比較

 

 

フロアコーティングの表面硬度

 

硬度 膜厚 かたさ
UVコーティング 7H 40μ 硬い
ガラスコーティング 9H すごく硬い
シリコンコーティング 3~5H 30μ ソフト
ウレタンコーティング 3H 30μ ソフト
水性ウレタンコーティング 2H 30μ 柔らかい
WAX 1H すごく柔らかい

 

●ガラスコーティングは硬度が高く、割れ防止のために薄く塗ります。その結果自然な風合いが得られます。

 

※「フロアコーティングの硬度」について、計測方法(引っかき硬度試験)とコーテング面の硬度を表す「~H」の意味について解説しています。

 

店舗など短期間のうちに定期的メンテナンスをするのかによって使い分けをすることで、仕上げかたも変わります。

 

 

耐久性の違いが1・2年~20年以上と大きな差があります

 

そのため艶や耐久性によって、住宅や店舗などに使い分けがなされます


UVコーティング

 

 

「フロアコーティング」のなかで最も支持されているのが【UVコーティング】です。


 

UVコーティングの一番の特徴は、塗布面の硬化方法にあり、紫外線(UV)を照射することで即硬化する塗料を使用している事です。
UVコートの耐久性は高く、艶・光沢の美しさや施工スピードの高さから圧倒的な支持をされています。

 

●UVコートの特徴

 

  • 紫外線(UV)により硬化させる
  • 硬度・耐久性が一番高い
  • 耐久年数20年以上
  • 価格も一番高い
  • 長期目線でコスパは最高
  • 速乾性があるので施工後すぐに入居可能

→【UVコート】を知る6step!

 

定価の相場 1㎡ 3LDK床面積 75㎡ 1戸建 床面積 135㎡
UVコーティング 4500~5000円 337,500円~375,000円 307,500円~675,000円

 

メリット
  • 一瞬で硬化するためホコリが付着しない
  • 耐久性が高い
  • 5H~7Hと硬度が高く、キズがつきにくい
  • 施工時速乾性があるため、時間をおかずに入居できる
  • 耐水性、耐摩耗性、耐薬品性に優れている

デメリット
  • 塗りなおしができない
  • 他のフロアコーティンに比べ施工費用が高め

 

UVコートは耐久性が高い!

 

UVコーティングの特徴は、何と言っても「施工の早さ」と「強い艶」「強力な保護力」です。

 

UVで変化する特殊な樹脂を使って施工するもので、瞬時に硬化していくため乾燥させるのに時間が掛かりません。
すぐに入居したい場合にも対応できます。
耐水性があり、硬度7Hと擦りキズにも強いため、一般住宅なら全ての部屋に対応できます。
やや高価でも良いものをという理由で選ぶ人が多いようです。

 

UVコート剤は、床との密着度が高いため「再施工できない」ことを頭に入れておきましょう。

 

UVコートのポイント

 

おすすめ 住宅・施設共に最適!強い耐久性を求めるならUVコートで間違いありません

ガラスコーティング

 

 

UVコートと人気を2分するガラスコート!


 

ガラスコーティングは樹脂材がガラスで、ナノコンポジット技術と呼ばれる技術で施工するハードコーティングのことです。
フロアコーティングのなかでも最も硬度で、さまざまなフロアにも対応できることが人気となっています。

 

ガラスコートの特徴

  • 最高硬度の9Hを持つ
  • 無機質の材料のため安全で、赤ちゃん・犬猫のいる家庭におすすめ
  • 塗膜が薄いため仕上がりが自然
  • 硬度・耐久性が高い
  • 耐久性20年以上
  • ガラス被膜で床に傷がつきにくい

【ガラスコート】を詳しく!>>

 

定価の相場 1㎡ 3LDK床面積 75㎡ 1戸建 床面積 135㎡
ガラスコーティング 3500~5000円 262,500円~375,000円 472,500円~675,000円

 

メリット
  • クッションフロアでも施工が可能
  • 耐久性が高い
  • コーティングのなかで硬度が最も高くキズつきにくい
  • 紫外線の遮断し酸化や劣化しにくい
  • 高い耐薬品性
  • マット・光沢の艶を選べる

デメリット
  • フロアコーティングのなかではやや費用が高め

 

ガラスならではの防汚性

 

ガラスコーティングは「フロアコーティング」の中でも最も硬度が高い9H。

 

耐用年数も15年から20年ほどと、長い間美しい状態を保ってくれます。
高い撥水性・防汚性・耐薬品性で油や水をはじき、フローリングへの汚れの浸透を防ぎ、汚れてもひと拭き取ることが出来ます。
また艶について、好みの調整が可能なため、ぎらぎらとしたニュアンスを好まない方に支持されています。

 

ガラスコートのポイント

 

おすすめ 赤ちゃんのいる家庭や自然な艶が好みの人におすすめです。

シリコンコーティング

 

シリコンコーティングはシリコン樹脂を用いたフロアコーティングで、「水性」と「油性」のタイプがあります。
ここでは「油性」のものの特徴を紹介していきます。

 

 

シリコンコーティングの特徴

 

  • 耐久年数10~20年
  • 通気性を保ツことができフローリング材に優しい
  • 柔軟性のある素材のため滑りにくい
  • 価格が手ごろ

 

定価の相場 1㎡ 3LDK床面積 75㎡ 1戸建 床面積 135㎡
シリコンコーティング 3000円 225,000円 405,000円

 

メリット
  • 耐久性はそれなりで耐用年数は、10年~15年
  • 硬度が3~5Hほどで若干弱い
  • 柔軟性があるため、密着力が強い
  • 商品によっては塗りなおしが可能
  • 滑りにくペットがいても安心
  • 定期的なメンテナンスが必要

デメリット
  • 乾燥するまで2日程度入居ができない
  • 耐用年数がUV・ガラスに比べ短い

 

シリコンコーティングは自然な仕上がり

 

シリコンコーティングは、費用が安く仕上げる時に向いています。

 

シリコンコートはコンタクトレンズや食器、医療でも使われる程、安全性が高いシリコン樹脂が原料です。
ペットや子供、高齢者のために、フローリングの滑り止目的で施工する方も多いです。

 

再施工が可能ですが、耐用年数も他商品と比べると短くなります。

 

シリコンコートのポイント

 

おすすめ 施設や店舗など定期的なメンテナンスをする場所に最適です。

ウレタンコーティング

 

ウレタンコーティングは「水性」と「油性」があり水性のものは尿などアンモニア、除光液などに弱いため、ここでは「油性」について紹介します。

 

 

ウレタンコーティングは低コストだが定期的なメンテが必要

 

  • DIY・自分で施工したい方向け
  • 耐久年数3~10年
  • 安く施工ができる
  • 摩擦に強い(と言っても他が悪いわけではない)
  • 一昔前のタイプのため、あまりお勧めとは言えない
  • 艶に落ち着きがある
  • 施工に時間がかかる

 

定価の相場 1㎡ 3LDK床面積 75㎡ 1戸建 床面積 135㎡
ウレタンコーティング 2000円 187,500円 270,000円

 

メリット
  • ウレタン樹脂は比較的安価
  • 薬品や摩擦などに強い
  • 被膜に厚みがある

デメリット
  • 硬度は1H~4H程度で他に比べると柔らかい
  • 耐久性がそれほどなく、耐用年数が短い
  • 施工に2日程度かかる
  • 油性は再度施工がが難しい

 

ウレタンコートのポイント

 

おすすめ 自分で施工したい方はウレタン素材の塗料が販売されています。

 

水性ウレタンコーティング

 

水性ウレタンコーティングは、耐久性に関しては、1年から3年程度ですので、一時的に美しさを保ちたい、という場合におすすめ。

    ●特徴・メリット

  • 速乾性があり1・2時間で乾く
  • 艶を選べる(つや有り)(半つや)(つや消し)
  • 傷んだフローリングにも合う(被膜が厚いため)
  • ほぼ無臭(石油系有機溶剤を含みません)
  • 塗り重ねができる

 

皮膜の硬度は2H程度、厚みが30ミクロンということで、硬度はかなり柔らかい部類です。
1㎡のコストは1500円程度で、全体を施工でも10万円以下で出来ます。
しかし、3年程度しか耐久性がないので、1年当たりコストで考えると高コストと言う考え方もあります。

 

水溶性ウレタンコーティング

 

 

ウレタンコーティングの特徴を詳しく!

 

従来からある「フロアコーティング」のウレタンコーティングは、硬度や耐用年数では上記の種類に少し劣ります。
耐用年数は1年~5年程度で硬度は3Hほどと柔らかい部類です。
風合いは穏やかなニュアンスの艶で、フローリングそのものの印象に近い仕上がりですが、素材に含まれている成分をしっかりと確認する必要があります。
また再施工することは難しく、クッションフロアへの施工も不向きです。

【Q&A】こんな時どれを選べばいいの?

 

 

結局どのタイプを選べばいいんだろう?


 

殆どの場合UVコートでいいんだけど

 

色々なシーンごとのおすすめを紹介するね!


 

最近は家を建てたそのときに「フロアコーティング」を同時に行う人が増えています。

 

ではどのような種類の「フロアコーティング」が自分の家には適しているのか?
ここではライフスタイル別での選び方について、解説します!

 

家族構成や、住まいにぴったりな「フロアコーティング」を提案。

 

フロアコーテングのい選び方で、次のような質問をよく受けます。
ここでは、おすすめと理由を説明します。

 

コーテングの選び方Q&A

 


A.ガラスコーティング

新しいお家に新しい家族、また二世帯同居で暮らす、といったライフスタイルの場合ズバリおススメなのは、「ガラスコーティング」です。 「ガラスコーティング」がこういったライフスタイルによいポイントは、何と言っても素材の安全性。無機質の材料のため安全で、赤ちゃん・ペットのいる家庭におすすめです。 また「ガラスコーティング」は耐久性が極めて高いので、一度施工したら長期にわたって美しさをキープしてくれます。


A.UVコーティング

新しいマイホームを購入した新婚さんには施工がすばやい「UVコーティング」がおススメです。 一般的な「フロアコーティング」は、だいたい施工に2~3日ほどは要します。 物によっては完全に乾くまで長い時間がかかる、というものも。 その点「UVコーティング」はUVを照射することで瞬時に硬化していくため、施工が最短。一日で終わる業者もあります。すぐマイホームに入居したい!という方にぴったりなんですね。


A.ペット用のコーテング

犬や猫などと同居するという方は、やっぱり気になるのは引っかきキズや、粗相ですよね。 ペットがいるおうちの場合は、「UVコーティング・ガラスコーティング」がおススメです。 ガラスコートは、耐薬品性がありますので、粗相があった場合も腐食しません。 UVコートなら被膜も厚くキズにも強いので、ペットが走り回っても安心。


A.ウレタンコーティング

「フロアコーティング」をしてキレイにしたいけど、コストがちょっと気になる…という場合は、比較的低価格な「ウレタンコーティング」がおススメです。 コストパフォーマンスの面では評価が高いのが特徴です 一般的な住まい方の場合は、こちらで充分、という場合も多いです。 耐久性も5年から10年ほどということですので、それなりに長持ち。 摩擦にも強いですし、耐薬品性もありますので、一般的な暮らしなら、充分美しさを保つことが可能です。施工しておけば、ノーメンテナンスで過ごせますので、とっても楽ちんです。


A.フロアコートを専門で扱っている業者を選びましょう。

リフォーム会社などは施工を委託している場合があるからです。業者の選び方についてはこちらで紹介しています。

 

 

ライフスタイルに応じてチョイスするといいですね。

 

それぞれの「フロアコーティング」の効果や耐久性を把握して、自分のライフスタイルにぴったりなものをチョイスしてみてくださいね。


【まとめ】特徴をチェックして、自宅にぴったりなタイプを選ぼう

 

一般家庭ならば「UVコート」を選べば間違いありません。

 

しかし床のコーティングは、コート剤の種類だけでなく施工業者やその商品によっても、おすすめ内容が違います。

 

主な特徴を把握したうえで、コストや耐用年数や使用感を確認し、コーティングの種類を選ぶ必要があります。

 

 

一括見積ってそんなにいいの?


 

無料だし、様々な業者を見つけることができるからメリットばかり!

 

気に入らなければ断ればいいんだしね!


 

因みに私は、一括見積サービスで全タイプの実物サンプルを取寄せて実際に触って確認しました。

 

実物サンプルを見ることで、商品選びに迷うことなく決めることが出来ました。
どの業者も親切に価格やサンプルを送ってくれるので利用してみてください。
こういったサービスに申し込むとどうなるのか心配…という人には、
私の体験談があるので読んでみてください!

 

▼私が取寄せた資料です▼

 

 

 

 

【フロアコーティングの教科書】種類の比較と選び方~おすすめのタイプ記事一覧