業者 選び方

どこに頼むと正解?業者はこうやって選べ!

 

 

業者選びって迷うよね。


 

「はずれ」は引きたくないよね。


 

一戸建てや分譲マンションへフロアコーティングをしたいという時、業者選びはどうしたら良いのか悩みませんか。

 

どうせ費用をかけるなら、丁寧で納得のいく業者を選びたいもの!

 

ページ情報
ここでは業者選びのポイントや注意点をご紹介しています。

業者選びのポイントとは?

 

 

業者選びのポイントがあれば知りたいよね。


 

知っておいて損はないよね!


 

ポイント

  • フロアコート専門の業者を選ぶ(リフォーム業者は作業が雑な場合もあるので要注意!)
  • 業者のホームページをチェック
  • サイトなどで、口コミや実績欄を確認する
  • 資料請求し施工事例をや価格見本をみておくことも大切
  • ショールームへ出向くことが可能なら、行ってサンプルなどを見て話をすすめることが確実

 

実際におうちのフローリングを「フロアコーティング」する場合、ある程度どういった仕様のものにするか検討しておくべきです。

 

そうすることで、その種類の「フロアコーティング」が得意な、高品質な業者をチョイスすることができます。

 

ペットがいる、お子さんがいる、などニーズを捉えた上で、どんな業者をチョイスするのか考えていくんですね。あとは、ご予算との相談ですね。

 

選択できる業者の種類は?

 

コーティング専門の業者

 

 

業者選びのポイントとしてまずは?


 

コーティング専門の業者を選ぶことだね。


 

「フロアコーティング」を行っている施工業者は、リフォームなどを行っていたり、いろんなことをやっているところもあれば、専門でコーティングだけを扱っているという業者もあります。

 

専門的に、フロアコーティングだけを扱っているようなところが、望ましい。

 

なざなら専門的にやっている業者のほうが、「フロアコーティング」の実績が多く作業者が職人の域に達している場合が多いからです。

 

そのため、作業品質がおのずと高くなり丁寧でクオリティの高い仕上がりになります。

 

またショールームなどをもっている業者だとサンプルを目で確認できたり、実際に話をすることができるので信頼度も上がります。

 

リフォーム業者

 

 

様々な施工を行っている業者で、フロアコーティングも受け付けている業者が有ります。リフォーム業者は比較的下請けを使っていることが多いので注意が必要です。

 

価格はそれ程変わらないこともありますが、下請け業者には安くやらせるために作業が雑になってしまいます。

 

できればリフォーム業者で頼むのはやめた方が良いですね。

 

また、中には特殊な技術を要する「フロアコーティング」もあり、自分がチョイスしたコーティングが得意な業者をチョイスできればベストですね。

 

ホームページをチェックするべし!

 

口コミ・実績をチェック

 

 

業者選びのポイントとして他には?


 

口コミや、業者のホームページを確認するといいよ!


 

「フロアコーティング」は施工するものにもよりますが、一度施工したら10年~20年とメンテナンスが必要なくなります。
それだけにしっかりした業者を選び、ハイクオリティな仕上がりにしてもらいたいものです。

 

技術力を見極めるには、先ずは業者のホームページをチェックし、施工の様子を見てみましょう。

 

ポイントはその会社の更新頻度が活発かどうかです。
昔ながらのサイトが何年も放置されている所は、それほど「コーティング業」に力を入れていない証拠ですので注意しましょう。

 

先ずは資料請求!

 

 

業者選びのポイントとしてまだある?


 

気になった業者には資料請求をしてみよう。


 

 

 

 

●資料請求

 

電話やネットで簡単に取得できます。

 

無料サンプルがついてる業者もあるので、確認してみましょう。

 

 

 

営業されるのもまだ早いと思う方もいますが、資料請求で施工事例から価格見本まで見ることができます。

 

そこで種類やライフスタイルに合ったコーティングをみるけることもできるので一度請求してみるのもひとつの手ですね。

 

一括見積サービスでも、見積もりを申し込むと同時に資料も送ってもらえるので、こういったサービスを使うと効率的ですね。

 

 

サンプルをチェック

 

 

サンプルを見た方がいいよね?


 

資料請求すると付けてくれるところもあるよ!


 

 

サンプルを手にするには・・
資料請求すると、サンプルをいくつか付けてくれる業者もあります。

 

またショールームでもきれいに並べてあったりするので確認をしておくといいですね。

 

「フロアコーティング」するとなると、おうち全体のフローリングを施工することになります。

 

となると、「実物」を見ないと、分からずに施工してしまってから「こんな感じになるとは思わなかった」「使ってみたら思ってた感じと違う」なんてことにもなりかねません!

 

ですので、実際の施工したサンプルは絶対に見させてもらいましょう。

 

サンプルで触ったり、使用感を確かめて、また話をしっかり聞くことができれば、安心して施工をおまかせすることができますよね。

「フロアコーティング」の値段の差って何なの?

 

 

 

コーティング費用の差はなんだろう?


 

業者によるけど、材質や種類の差だろうね。


 

実際のところ、「フロアコーティング」の値段の差って、何によるものなのか。
それはざっくりいうと、以下のようなもの。

 

 

  • 「フロアコーティング」の材質・素材の違い
  •  

  • 施工する業者の値付け・人件費の違い

 

「フロアコーティング」とひとくちに言っても、現在ではさまざまなタイプのものがあったり、たくさんの業者があります。

 

どんな「フロアコーティング」がいいのか、どの業者にお願いしたらいいのか、迷ってしまう…という方も多いみたい。

 

でもやっぱり誰もが気になる部分は、その「フロアコーティング」を施工する費用ではないでしょうか。

 

もちろんさまざまなタイプのものが出回っていますから、一概にこれが高い、これが安い、とは言えませんよね。

 

費用の違いは意外とシンプルなものですが、場合によっては、同じ素材の「フロアコーティング」なのに、かなり施工の見積もりに差が出てしまうこともあるよう。

 

それは、何が原因なのか?気になりますよね。

 

原価が同じなら疑いたいのは…「薄めて施工している可能性がある」ということ

 

 

例えば「フロアコーティング」のひとつである、「ガラスコーティング」の場合で、説明してみますね。

 

「ガラスコーティング」の材料も、さまざまなメーカーが製造していますので、ひとつの容器に入っている容量、施工の方法や価格もひとつひとつ違ってきます。

 

基本的にはこの原料を少し希釈(薄めて)使うのですが、その希釈の割合に多少幅を持たせても施工が可能なよう。

 

でももしこの業者の方が安かったから、とコーティングしてもらったものの、原液を薄めて標準より薄い塗膜だったら…?

 

「フロアコーティング」そのものは経年によってだんだん塗膜が薄くなっていくものなので、標準よりも耐久年数が少なくなってしまう、ということも考えられるのです。

 

これでは、せっかくの「フロアコーティング」も「安かろう、悪かろう」ということになってしまいますね。

 

施工する広さはまちまち。なので安さだけにこだわるのは要注意

 

 

実際に、50㎡に施工する原料が1つの容器に入っていると、例えば65㎡を施工するとなると、2つ原料を使う必要があるため、原料の見積もりのお値段が2つ分になります(2つ空けないと施工ができませんから、100㎡分の原料費ということに)。

 

それを正しく行わずに、65㎡施工するのに1つしか原料を使わない、という業者が実際に存在するのです。

 

そういったことを理解すると、同じ内容で合い見積もりしてもらって、安いから、と飛びつくのはちょっと問題がある場合もある、ということですね。

 

見積もりを取った段階で、その内容までしっかりとチェックすることが重要!

 

どの部分にどのくらいの単価がかかっているのか、正しく比較する必要がある、ということなのです。

 

見積もりとその内容とともに、信頼のできる施工業者なのか、ということも、しっかりと見極めることが大事なんですね。

 

 

費用にばかりこだわり、実物を確かめないで施工をするのは、ちょっと危険です。
多少の費用は、長い間美しさをキープしてくれればそれほどの差にはなりませんので、できるだけ品質をしっかり確かめてから、業者を選ぶようにしましょう。

 

▼各種類ごとの特徴を確認!▼


おすすめは【UV】

UVコート ガラスコート シリコンコート ウレタンコート


 


▼フロアコートで失敗しないために▼


地域のフロアコート業者を探す場合


※無料・入力5分!複数社の見積もり比較が出来る!