業務用

【業務用のフロアコーティング】最適なタイプと特徴は?

店舗・オフィス向けのフロアコーティングとは?

ナビクン
ナビクン
フロアコーティングはオフィスや店舗にもいいのかな?
ナビサン
ナビサン
お掃除がとても楽だし、見栄えがいいのでおすすめだね。

店舗やオフィスは、お客さまが来るので常にきれいなフロアーにしたいですよね。

人の出入りの多いところは特にきれいな空間を保たなければならないので、短時間で掃除を済ませることが大切です。
程よい艶感と耐久性が高い「UVコーティング」がよいです。

清潔感を保ち、安全面でも滑りにくく安心です。

ここでは、施設コーティングのポイントやニーズを詳しく紹介します!

【オフィス】向けのフロアコーティングのニーズとは?

ナビクン
ナビクン
オフィス向けのフロアコーティングって何がいいのかな?
ナビサン
ナビサン
UVコーティングかな!

オフィス・店舗向けには
施工時間がかからず、耐水性耐薬品性に優れ、傷のつきにくく、メンテナンスがいらないUVコーティングがおすすめです。

オフィスのフロア材は一般的には「タイルカーペット」や「Pタイル」などが多いですね。家にも使われるようなビニールシートのような仕様もあるかもしれません。ここではそのなかでも最も多く採用されている「Pタイル」について考えてみましょう。

「Pタイル」もフローリングなどと同様、普段使いでもキズがついてしまったり、汚れが不着し、すすけたような色合いになっていきます。

メンテナンスとしては、掃き掃除をしたり、水拭きをする、定期的に「ワックス」をかける、といったことで、ある程度キズがついたり、すすけたような汚れがつくのは防げます。

できるならそういったメンテナンスを少しでも減らせた方がいいですよね。
そういった意味では以下のようなポイントがあるコーティングが適しているといえます。

POINT

  • デスク、いすを使っても、キズがつきにくいコーティング
  • 長期間にわたって美しさを保ってくれるコーティング
  • 適度に摩擦力がありつるつるにならないコーティング

【オフィス向け】のフロアコートについて紹介しています。

【店舗】向けのフロアコーティングのニーズとは?

ナビクン
ナビクン
店舗向けのフロアコーティングって何がいいのかな?
ナビサン
ナビサン
UVコーティングか、ガラスコーティングかな!

次に「店舗向け」のコーティングについてはどうか、考えてみましょう。

店舗といっても、何商かによってずいぶんフロアの材質も違うかもしれませんが、先ほどのオフィスと同様の「Pタイル」や、家に使われるような「フローリング」であったり、「クッションフロア」などもよく見かけますね。

フロアがキレイであることは、お店の売り上げにもかなり影響が出ることもあり得ます。

店舗向けのフロアコーティングに求められるポイントは以下のようなものが考えられそうです。

POINT

  • キズや汚れをしっかりと防いでくれるコーティング。
  • 「美しさ」を表現でき長くきれいな状態を保ってくれるコーティング。
  • 日々のメンテナンスのしやすいコーティング。

【店舗向け】のフロアコートについて詳しく紹介しています。

【病院・施設】向けフロアコーティングのニーズとは?

ナビクン
ナビクン
病院・施設もフロアコーティングっていいのかな?
ナビサン
ナビサン
そうだね。衛生面・安全面でもコーティングしておくと安心だね。

今度は「施設向け」のコーティングについて考えてみましょう。「施設」とは例を挙げるなら、「医療機関」「薬局」「高齢者施設」など。第一条件に、「清潔感」「安全性」などが真っ先に浮かびます。

医療機関では一般的なところよりさらに衛生面には気配りが必要ですし、病院によっては患者さんが嘔吐してしまうこともあります。

しっかりと細菌レベルまで取り除くことが求められるでしょうし、高齢者向け施設だったら、転倒することがないよう、「滑りにくい」ことも大切です。

施工してから耐久性が長期間保たれるほうが良いことも言うまでもありません。

施設のコーティングに求められるポイントは以下のようなものです。

POINT

  • 施設によっては滑りにくさが特徴のコーティング。
  • 耐久性があるコーティング。
  • フロアに何かこぼれてしまっても、残ってしまわない「耐薬品性」に優れたコーティング。

【病院・施設向け】フロアコートについて詳しく紹介しています。

業務向けは「UVコーティング」がベスト

ナビサン
ナビサン
「UVコーティング」がさまざまな施設におすすめです!

オフィスや店舗、施設に求められるフロアコーティングの特性をチェックしてみましたが、いずれの場合でもマッチするコーティングがあります。
それが「UVコーティング」です。
店舗やオフィス、施設は営業を始めてしまうと、フロアメンテナンスをするのはけっこう大変なものです。
ですから最初に「より耐久性が高い」「キズや汚れが付きにくい」フロアコーティングを施工しておくと後が楽で安心ですよね。
「UVコーティング」の特徴は以下のようなもの。

種類

耐久性

テイスト

耐水性

耐熱性

施工方法

UVコーティング ◎20年以上 光沢があり、高級感がある 自然乾燥

 

● UVコーティングがベストな理由!

  • コーティングの厚みがある  … UVで硬化させていくもので、厚みがあるのでキズが付きにくく美しさをキープできる。
  • 施工に時間がかからない   … フロアの広さにもよりますが、ほかのコーティングに比べ、施工がスピーディ。
  • 耐水性、耐薬品性が高い   … 水分やさまざまなもので汚れても、変化せず、衛生的にも優れている。
  • メンテナンスが楽      … メンテナンスは軽くホコリを取って、水拭きをする程度でOK。
  • 塗膜が固くキズつきにくい  … ほかのコーティングよりも硬度が高いので、よりキズが付きにくく美しさを保てる。
  • 長期に渡る耐久性      … 業者にもよるが、20年保証があるなど、長期間にわたる長い耐久性がある。
  • 滑りにくい加工もできる   … 状況により、より滑りにくくしたり、光沢を出したり、といったこともできる。
  • さまざまな床材に対応    … フローリングをはじめPタイル、塩ビシート、木の床も施工が可能。

当初施工してしまうのがベストですが、現状のメンテナンスにお悩みなら、さまざまなメリットがある「UVコーティング」を今からでも検討するのがおススメです。

業務用のフロアコーティング【まとめ】

業務用フロアコーティング は、日々お掃除をするスタッフには短時間で終わるので、とても快適なモノでしょう。常に明るく清潔な空間をつくる店舗やオフィスでは重要なポイントですね。耐久性・耐薬品性・耐水性もあるので、長い間フロアーをきれいに保つためには施工しておいて間違いはないでしょう。

業務用フロアコーティングに必要な条

  • 【メンテナンスが楽】
    →掃除が短時間ですむこと。
  • 【明るい室内】
    →クリアで明るい室内は清潔感がある。
  • 【耐久性】
    →人足が多いので傷がつきにくく保護力のあるもの
  • 【耐薬品性・耐水性】
    →お店や病院など水や薬品を使うところのは不可欠。
  • 【安全性】
    →転倒防止のため滑りにくいこと。

 

▼フロアコーティングの選び方をチェック!▼

▼フロアコートで失敗しないために▼

失敗しないフロアコート▶
※無料・入力5分!複数社の見積もり比較が出来る!