業務用

【オフィス向け】のフロアコートにおすすめタイプ

ナビクン
ナビクン
オフィス向けのフロアコーティングって何かな?
ナビサン
ナビサン
「UVコーティング」かな。

オフィスは、たくさんの人が出入りし、摩擦やデスク椅子の移動から床に傷もつきやすい環境です。

そのため、強度と耐久性のあるフロアコーティングが適しています。

忙しい社内では、お掃除に時間がかからずいつも綺麗な空間を保つことが大切。

掃除の労力を減らせること、長期にきれいな空間を保てるコーティングはとても快適です。

ここでは、オフィスに合うUVコーティング、メリット・デメリットを紹介します。

オフィスのフロアコーティングの必要性

ナビクン
ナビクン
オフィスにフロアコーティング必要なのかな?
ナビサン
ナビサン
メンテナンスいらずだし、きれいなオフィスを保てるので必要だね。

そもそもオフィスにフロアコーティングは必要なのか?そういった疑問を抱く人もいらっしゃるかもしれません。
オフィスの床は一般的には「Pタイル」や「クッションフロア」などですが、こういったものもオフィスでの普段使いで傷んできます。
しかしオフィスを立ち上げると同時に「フロアコーティング」を行っておくと、モノによっては15年?20年と「ノーメンテナンス」でいい上、キズや汚れをつけず、美しい光沢を保つことができる。
初期費用が多少まとまってかかったとしても、結果的にはワックスをかけることとあまり変わらないし、むしろ ローコスト になる場合も。
その上無駄な労力も必要なくなるため、オフィスにもコーティングを行うことは有用といえるのです。

オフィス向けフロアコート、メリット、デメリット

とはいえオフィスにフロアコートを行うことにも、メリットだけでなく、一定のデメリットもないとはいえません。
オフィスにおいてフロアコーティングを行うことの メリット は以下のようなことが考えられます。

メリット

  • 普段の掃除が楽になる
  • 耐水性、耐薬品性があり、オフィスならではの汚れにも強くなる
  • 美しさを保ち、オフィスそのものの印象をアップできる
  • ワックスなどのメンテナンス、デスクの移動などの労力が省ける

いっぽう、 デメリット があるとすれば以下のようなことでしょうか。

デメリット

  • オフィスをスタートしてしまってからだと施工が難しい
  • 一定のまとまったコストが施工時にかかる
  • 賃貸オフィスだと、貸主に了承を得る必要がある

賃貸オフィスでフロアコーティングを考えた場合ですと、貸主にコーティングをしてよいか、確認する必要があるでしょう。
貸主によってはコーティングのことをよく知らず、難色を示すこともあるかもしれません。
ただし借りる側が丁寧に対応し、コーティングの必要性と、むしろ物件の床の保護にもつながる、ということを理解していただければ、OKしてもらえる場合もあるのではないでしょうか。

「オフィス向け」どんなコーティングがいい?

ナビサン
ナビサン
オフィスのコーティングに必要な条件を紹介!

フロアコーティングといっても、さまざまなメーカー、種類がありますが、オフィス向けのフロアコーティングはどのようなものが適しているのでしょうか。
基本的にはオフィスで必要とされるポイントを押さえて、検討するのが良いと思います。

POINT

  • 光沢・艶感が選べる
  • オフィスでの動作、イスなどの摩擦に強いもの
  • 耐久性が高いもの
  • 耐水性、耐薬品性が高いもの

コーティングによっては、耐久性が3年や5年程度の短いものもあります。
しかしオフィスを美しく保つなら、やはりそれなりに長い期間使用に耐え、床を守ってくれるものがよいでしょうね。
一度施工したら、ノーメンテナンスですから、多少目先のコストが高くても、品質の良いものを選ぶほうがベターです。

オフィス向けでベストなのは…「UVコーティング」

ナビクン
ナビクン
総合すると、ピッタリなのは「UVコーティング」

「UVコーティング」はUVで溶液を硬化させていくもので、硬度もほかのものと比較しても高いレベルですので、オフィスでの使用にも耐えうるでしょう。
とはいえこの「UVコーティング」も業者によって、保証期間、耐用年数、品質が異なることがありますので、しっかりと比較検討することをおススメします。

オフィス向けフロアコート【まとめ】

●メリット

  • 【メンテナンスフリー】→毎日の掃除が短時間で終えられる。
  • 【艶】→美しいオフィスを保ち印象がアップ。
  • 【傷から守る】→スリッパ摩擦やデスクの傷からフローリングを守る。
  • 【耐水性・耐薬品性】→オフィスの食べこぼしを弾く。

●デメリット

  • 【剥離できない】→やり直しがきかない(※部分補修可能)
  • 【費用】→初期費用が掛かる
  • 【賃貸オフィス】→オーナーの許可が必要。
▼種類の特徴を知ろう!▼

   

※それぞれの価格や特徴を紹介しています。

▼フロアコーティングの選び方をチェック!▼

▼フロアコートで失敗しないために▼

失敗しないフロアコート▶
※無料・入力5分!複数社の見積もり比較が出来る!