【店舗向け】のフロアコートにおすすめタイプとメリットデメリット

【店舗向け】のフロアコートにおすすめタイプとメリットデメリット

 

 

店舗向けのフロアコーティングって何かな?


 

UVコーティングかガラスコーティングかな。


 

店舗での物品の販売やサービスの提供は、やはり「雰囲気」もとても大事なもの。店構えが好印象か、否かによって、客が足を運ぶかどうか決める場合もかなりありますよね。

 

ページ情報
ここでは、店舗向けのフロアコートについて詳しく紹介しています!
ぜひ参考にして、ぴったりのものを見つけてくださいね。

店舗でのフロアコーティングの必要性

 

 

店舗でフロアコーティング必要なのかな?


 

メンテナンスも楽だし、衛生面でも優秀なので必要だね。


 

 

店舗の場合、どのような業態なのかによっても、フロアコーティングの方向性も違ってくることが考えられます。

 

例えば、ブティックなどの場合は、光沢があるより美しさを表現できるものが合っていたりしますが、子供向けの物販などだと、子供さんが多く来られることから、滑りにくくなるようなものが合う、など。

 

ヘアサロンなどですと、カットした髪をすぐに取り除く必要があるので、逆に摩擦力が高い床だと、すぐキレイにできないので、滑りがよいものの方が合うといったことも考えられますよね。

 

店舗の場合も、メンテナンスが必要なくなることとともに、その業態でのお仕事がよりスムーズに運ぶような仕様のもの、また美しさを表現できるもの、など、方向性によって必要なポイントを押さえたフロアコートを施しておくこと。

 

そうすることで、お客さまへの印象もアップできるうえ、メンテナンスが省け、より効率的にお仕事をこなすことにもつながっていきます。

 

定期的なワックスなどを行うとなると、お店を休むとか、休日返上で立ち合いをしなければならなくなります。

 

 

最初にフロアコーティングを行っておくほうが、後々のメンテナンスも楽で、時間がかからず、業務にもプラスになるといえます。

 

店舗向けフロアコート、メリット、デメリット

 

 

店舗向けのフロアコーティング、メリット・デメリットを紹介します!


 

店舗の床をコーティングする場合、メリットは以下のようなものがあります。

 

メリット

  • 普段は掃き掃除、水拭き程度のメンテナンスで済む
  • 定期的なワックスがけなどが必要ないので、店を休んだり休日返上しなくてよい
  • 店舗のニーズによって、床の質感を演出したり、滑りの具合を都合がよいように調整できる
  • 高級感があるニュアンスも演出ができる

 

 

いっぽうで、デメリットを挙げてみるとすれば、以下のようなものが考えられます。

 

デメリット

  • こだわりの木材を使っている場合など、質感が変わってしまう場合がある
  • 床材によっては、そのものの特性を妨げる場合もある
  • 一定の厚みが出るので、業態によってはこれが不都合な場合も考えられる
  • コストが最初にまとまって必要
  • コーティングによっては補修が効かない

 

店舗での業態によって、またもとの床材との相性によって、不都合が生じる可能性はないとはいえない、といった感じがありますね。

 

耐久性が上がるとはいえ、業態によっては床への負荷には大小あるものですので、そのお店の業態と普段どのような使い方でどういったポイントを押さえたいのか、考慮したうえで検討するほうがよいでしょう。

 

「店舗向け」どんなコーティングがいい?

 

 

店舗のコーティングに必要な条件を紹介!


 

業態にはよりますが、店舗向けのフロアコーティングはどのようなものがいいのか、ポイントごとに判断するとよいでしょう。

 

  • 店舗での施工経験が多い業者によるフロアコーティング
  • 業態による光沢ニュアンスを事前にチェックできるもの
  • 実際に施工したお店などを見に行ける業者のコーティング
  • コーティングの厚みを確認したり、調整できるもの
  • 硬度が高め、かつ耐久性が高いコーティング
  • 業態により、耐火性、耐水性、耐薬品性、耐熱性のあるもの

 

どのような業態化によっては、光沢やすべりの有無について、また耐熱性などについても考慮する必要がありますよね。
そのお店に必要なものに合うかどうか、ここがポイントになるかと思います。

 

店舗向けフロアコーティング…ピッタリなのは?

 

 

 

総合すると、ピッタリなのは「UVコーティング」!


 

 

ガラス、UV、ウレタン、シリコンなどコーティングの種類のなかで、

 

店舗向けとして一番合いそうなのは「UVコーティング」ということになります。

 

耐薬品性などに優れ、硬度も高く、光沢の調整もOK。

 

選ぶ際には業者にお願いし、施工した同じような業態の店舗に見に行かせてもらうといいですね。

 

耐久性や使用感など、実際の声が聞けると、検討のよい材料になります。

 

UVコーティングは、元の床が柔らかい素材であると、その硬さ故割れるということがあるようですが、店舗の場合はPタイルのような硬い素材を用いていることがほとんどですので、そういうものであれば問題ないでしょう。

 

あとは、ガラスコーティング

 

お店の雰囲気や方向性にもよりますが、傷防止や耐熱性に優れており、見栄えもきれいなので土足の出入りが多いサロンや健康施設などにもおすすめですね。

▼種類の特徴を知ろう!▼


おすすめは【UV】

UVコート ガラスコート シリコンコート ウレタンコート

※それぞれの価格や特徴を紹介しています。

 

▼フロアコーティングの選び方をチェックしましょう!▼

 


▼フロアコートで失敗しないために▼


地域のフロアコート業者を探す場合


※無料・入力5分!複数社の見積もり比較が出来る!