【病院・施設向け】フロアコートにおすすめタイプ

業務用
一括見積もりでお得な会社を探そう!!
ナビクン
ナビクン
病院向けのフロアコーティングって何かな?
ナビサン
ナビサン
UVコーティングかな。

病院や施設は既にフロアコーティングが使用されていて光沢がありますね。
どのようなコーティングを使用されているかわかりますか。

衛生面が何よりも大切で重要とするので
「UVコーティング」や「ガラスコーティング」が最適です。

このふたつは、耐久性も高いので雑菌が残りにくく、滑らないので安全面においても問題ないでしょう。広範囲のフロアーは費用がかかりますが、メンテナンスの上でも毎日のお掃除を短時間で仕上げることができます。

ここでは病院・施設向けのフロアコートを紹介していきましょう。

病院、施設にはフロアコーティングが必要

ナビクン
ナビクン
病院・施設でフロアコーティング必要なのかな?
ナビサン
ナビサン
衛生面を保てるから必要だね。

清潔感のある室内

個人経営のクリニックや総合病院、また今後もますます増える高齢者施設などでも、フロアコーティングは広まっています。
コーティングをしない床ですと、どうしてもキズがつき、汚れがそこに入り込む、しみ込むなどし、衛生的にもよくありませんよね。
特に病院や介護施設といったところは、衛生面により注意を払う必要性があるうえ、効率よく業務を勧めないといけないところでもあります。
そういう場所だからこそ、 フロアコーティング が大活躍なのです。
ハイスペックなフロアコーティングなら、耐水性とともに耐薬品性にも優れていますし、強度もあり、しかも何かこぼれてもふき取るだけで済みます。
不特定多数の人が出入りしても、キズなども付きにくいので、衛生的に保つことにもなります。
また滑りにくくする、といったことも可能ですから、体育館やスーパー銭湯、介護施設などでもとても重宝。
病院や介護施設、体育館などなど、こういった施設の運営にフロアコーティングはとても役立つものですね。

病院・施設向けフロアコーティングのメリット、デメリット

ナビクン
ナビクン
病院・施設向けのフロアコーティング、メリットとデメリットを紹介します!

病院や施設に施工するフロアコーティングには、 メリット がたくさんあります。
それは以下のようなもの。

  • 耐薬品性、耐水性が出るため、衛生的に保つことができる
  • 床を滑りにくくすることもできるため、介護施設や体育館、銭湯などで転倒事故を減らせる
  • メンテナンスが楽になる
  • キズができにくく、雑菌が床に残りにくくなる

では、デメリットを挙げるとしたら、どういったものがあるか、それは以下のようなものでしょうか。

  • 範囲が広いため、それなりにまとまったコストがかかる
  • 床の材質によっては、割れるリスクがあるため注意が必要
  • 一部だけなど部分補修はできないものがある

床材との相性をきちんと確認しておけば、メリットのほうが上回る感じですね。
コスト面に関しては、ある程度かかるのは否めませんが、それ以上にメンテナンスがしやすく、衛生面が向上されるのは魅力といえます。

コーティングはウィルス対策にも効果的です!

病院や施設内は、室内環境を整えることがとても大切です。
フロアコーティングには、高い抗菌性機能を持っているコーティングも業者によりいくつかあります。有害物質を含まず人体に悪い影響を及ぼさずに、空気中のウィルスや大腸菌や黄色いぶどう球菌など高い抗菌作用により増殖を抑制し、清潔な空間を提供します。目に見えない雑菌やカビなどの繁殖を抑えます。安全性が高いことは院内管理にはとても重要で、多くの施設や病院でフロアコーティングが採用されています。

「病院・施設向け」コーティングがいい?

ナビサン
ナビサン
「病院・施設向け」に必要な条件を紹介!

病院や施設向けのフロアコーティングはどのようなタイプがあうのでしょうか。
こういったところに求められるニーズから考えると以下のようなタイプのコーティングがよいようです。

  • 耐久性が高いコーティング
  • 光沢を調整できるタイプのもの
  • 硬化が早く、施工もスピーディーにできるもの
  • 耐薬品性、耐水性、耐熱性などに優れたもの
  • 滑りにくくすることができるもの

不特定多数の人が出入りすることが多いところばかりですから、床の摩耗も多いもの。
そういったことを軽減するのにもコーティングが多いに役立ちそうですね。

病院や施設向けのフロアコーティング…コレがおススメ

ナビクン
ナビクン
ピッタリなのは「UVコーティング」!

病院にあったコーティングの種類

施工がスピーディで、耐薬品性や耐水性などに優れたコーティング、となると 「UVコーティング」 がよいでしょう。
UVコーティングは実際に病院や介護施設、公共の体育館などでの施工実績もさらに増えています。
まったくコーティングをしていない床ですと、例えば体育館などではすぐ摩耗し、全体の張替えの時期が早く来てしまいますが、コーティングをしていることで劣化も遅らせることができます。
広範囲になるため、コストはそれなりにかかってきますが、値段だけで考えず施工実績が多く信頼できる業者、保証期間などが設定された会社を選ぶとよいでしょう。

●メリット

  • 【メンテナンスが楽】→毎日の掃除が短時間ですむ。
  • 【耐久性】→傷がつきにくく雑菌が残らない。
  • 【耐薬品性・耐水性】→衛生的に保つことができる。
  • 【安全性】→介護施設・病院など転倒防止のため滑りにくいこと。

●デメリット

  • 【剥離できない】→やり直しがきかない(※部分補修可能)
  • 【費用】→広範囲のためかなりのコストがかかる。
  • 【材質】→コーティング不可能のものもある。

[box05 title="▼種類の特徴を知ろう!▼"]

   
※それぞれの価格や特徴を紹介しています。 [/box05]

▼フロアコーティングの選び方をチェック!▼


▼フロアコートで失敗しないために▼

失敗しないフロアコート▶※無料・入力5分!複数社の見積もり比較が出来る!

コメント

タイトルとURLをコピーしました