フロアコーティング 寿命

「フロアコーティング」するなら長持ちさせたい!

 

 

「フロアコーティング」の耐久性ってどうなんだろうね?


 

フローリングに何もしないよりは耐久度は高いよね。
種類によってさまざまだけどね。


 

ページ情報
ここでは、フロアコーティングの耐久性・寿命について詳しく紹介しています!
ご自身のライフスタイルにあったものを選んで、快適な生活をすごしましょう。

「フロアーコーティング」の耐久性・寿命について

 

 

5つのフロアコーティングの耐久性・寿命をみていこう。


 

 

UVコーティングの耐久性・寿命

種類

耐久性

テイスト

費用

耐水性

耐熱性

UVコーティング

◎20年以上

光沢があり、高級感ある仕上がり

 

UVコーティング  …  耐久性:20年以上

最新のフロアコーティングのなかで最も耐久性が高いといわれているのは「UVコーティング」です。
商品にもよりますが、だいたい施工すると、20年から30年ほども、フローリングの美しさを保ってくれるもの。
硬度も5H~7Hと高いので、キズにも強く大変人気になっています。
「UVコーティング」はUVを照射することで、瞬間的に塗装していくことができるため、施工もとても早い上、耐水性もあり、薬品にも強く、摩擦にも強いため、長い間フローリングを美しく保ってくれるんですね。

 

UVコーティングの寿命は?

「UVコーティング」は特殊な樹脂素材を使い、紫外線(UV)を照射していくことによって、瞬時に硬化させていくため、施工の時間も他の「フロアコーティング」に比べて極めて短時間。
こういったことが人気となっています。
また耐水性、耐薬品性、摩擦などにも強いため、その分寿命も長いんですね。ただし再施工はできないといわれています。

 

ガラスコーティングの耐久性・寿命

種類

耐久性

テイスト

費用

耐水性

耐熱性

ガラスコーティング

○15年以上

品のある奥ゆかしい光沢

 

ガラスコーティング  …  耐久性:20年以上

こちらの「ガラスコーティング」もフロアコーティングのなかではかなり耐久性の高いものです。
硬度がフロアコーティングのなかでは最も高く、7H~9Hほどもある「ガラスコーティング」。
密着性も高く、酸化にも強いため、長い間美しさが保てるんですね。
また薬品にも強いため、ペットや赤ちゃんが粗相をしたときにも、さっとふき取るだけでOK。
メンテナンスが楽なうえ、美しさが長持ちするので多少高価でも人気になっているんですね。

 

ガラスコーティングの寿命は?

無機質なガラス素材を最新の施工方法で進めていくのが「ガラスコーティング」。
この「ガラスコーティング」を施工すると、20年以上もの間、美しい状態を保ってくれるんですね。
ハードコーティングで、また膨張、伸縮などにも対応できるため、一般のフローリングだけでなく、クッションフロアなどにも対応可能。
耐久性の高さ、寿命の長さ、また安全性の高さなどから支持されています。

 

シリコンコーティングの耐久性・寿命

種類

耐久性

テイスト

費用

耐水性

耐熱性

シリコンコーティング

○10年以上

天然素材で美しい光沢

 

シリコンコーティング(油性)  …  耐久性:10年~20年

油性のタイプのものを一般的に「シリコンコーティング」と呼ぶのですが、こちらのタイプの耐久性は10年から20年ほど。
硬度は5Hほどでフロアコーティングのなかでは高いほうですので、水や薬品などにも強く、長い間美しさをキープしてくれます。
特に撥水性が強いこと、また滑りにくくなることなども、人気の秘密となっているようですね。

 

シリコンコーティングの寿命は?

 

ここでは「油性」の「シリコンコーティング」について耐久性、寿命をご説明します。
だいたい10年から20年ほど美しい状態をキープしてくれ、また滑り止めの効果などもあるため、安全に暮らしたいと考える人に支持されています。
張りなおしができることも、先々を見越してチョイスする人が多いポイントになっています。

 

ウレタンコーティングの耐久性・寿命

種類

耐久性

テイスト

費用

耐水性

耐熱性

ウレタンコーティング

△5~10年

落ち着きのある艶

×

 

ウレタンコーティング(油性)  … 耐久性:5年~10年

最近のさまざまなフロアコーティングが出回る前に普及していた「ウレタンコーティング」は、耐久性が5年から10年ほどでした。
摩擦であるとか、薬品に強いので、それなりに耐久性があるのですが、硬度が1Hから4Hほどと、フロアコーティングのなかではやや低めです。
そういったことから、他のフロアコーティングに比べると、耐久性が劣るともいえます。

 

ウレタンコーティングの寿命は?

「フロアコーティング」の中で最も低価格な部類に入る「ウレタンコーティング」は、その耐久性や寿命も他のものに比べて劣ります。
施工そのものの費用が低価格でも、このように耐久性や寿命が短く、また油性のものは再施工ができないため、最近ではこれを施工する人は減ってきているようです。

 

水性のコーティング

 

水性のコーティングは、「水性シリコンコーティング」と「水性ウレタンコーティング」がありますが、これらはやはり油性のものに比べると耐久性が低くなってしまいます。
数年ほど美しく保てればそれでいい、という場合は、他のコーティングに比べて安価ですので検討してもいいかもしれません。

 

フロアコートは自分のライフスタイルにあったものを選ぼう!

 

 

予算や自身の環境に合ったものを選ぼう!


おもな「フロアコーティング」の耐久性や寿命を簡単にご説明してみました。
基本的にはだいたいのものが高耐久性・寿命が長いものほど施工費用は高めになっていますが、結局長持ちすることを考慮すると、お値打ちだった、ということもあるよう。
また用途やライフスタイルによっても、特性がマッチする、しないがありますので、そういったことも考慮してチョイスするのが賢いやりかたのようですね。
また施工業者の独自の商品なども、最近は出回っていますので、特徴や耐久性、寿命や再施工の可否などもチェックしたうえで、自身のお宅にあうものを選ぶのが賢明といえるでしょう。

▼フロアコーティングの種類と特徴を知ろう!▼


おすすめは【UV】

UVコート ガラスコート シリコンコート ウレタンコート


▼フロアコーティングの選び方をチェックしましょう!▼



18万円安くなった→ 我が家のフロアコーティング施工体験談はこちら