基礎知識

フロアコーティングを新築住宅に!予算から後悔しないために必要性を解説

ナビサン
ナビサン
新築するならフロアコーティングをした方が良いの?
ナビサン
ナビサン
私はやりたい!
傷防止やノンメンテナンスとメリットがたくさんだからね!

フロアコーティングをすることで、定期的なワックスがけの必要が無くなり、フローリングのキズや劣化も防いでくれるメリットは計り知れません。
せっかく建てるマイホームなのだからフローリングを美しく保ちたいですよね。
永く住む家だからこそ、新築時にコーティングをしたいのです。

ここでは、新築時のフロアコーティングメリット・デメリット入居前の注意点について詳しく紹介しています!

ここポイント!

●新築住宅にするメリット

  • 【美しい状態をキープ】
    →傷ひとつない状態から保護できる
  • 【コスパが良い】
    →家具の移動が無いので無駄な費用が掛からない
  • 【ローンに組み込める】
    →支払が家購入費用に組み込めます

●気になること

  • 【マンションの時】
    →管理会社に確認
  • 【下処理やマッチング】
    →コート剤とのマッチングをメーカーと相談
  • 【日程調整】
    →ハウスメーカーと打ち合わせが必要

一戸建てに施工するメリット

※費用やメリット・デメリットを紹介。(´・ω・`)check

予算や価格 新築時のフロアコート費用

※価格や予算について紹介しています。

新築時・入居前に施工するメリットとデメリット

ナビサン
ナビサン
新築時に床のコーティングをするのが一番理にかなっています。

定期的にワックスがけをするならばコーティングをしてしまうのが、フローリングのメンテナンスが楽になります。
床面の保護と、メンテナンスのしやすさから「家を建てる・購入する」新築時からフロアコーティングをする人が多く、メリットもあります。

●新築時に施工する【メリット】

  • きれいな状態が保てる
  • 家具がないので施工がしやすい(キズなどの防止)
  • 入居前に施工すれば、生活に影響しない
  • 下処理である、ワックス剥離・キズリペアが不要
  • 入居前しか受け付けない業者もあり選択の幅が広がる
  • 費用が住宅ローンに組み込める

●新築時にする施工する【デメリット】

  • 一度施工をすると剥がすのが困難
  • 新築コストが高くなる

新築時に施工したい5つの理由

ナビサン
ナビサン
フロアコートの施工は入居前に施工するメリットが多く
家を建てるのでしたら建設時に施工するのがおすすめです

フロアコーティングはキズや汚れを防いで美しさが長持ちしますが、施工は何と言っても「入居前」がベストです。
それでは、フロアコーティングを入居前に施工すべき理由を確認しておきましょう。

1.最も美しい状態を保てる

フロアコートは、傷や汚れがあればソレごと被膜で覆ってしまいます。
そのため、最もよい条件は「新築未入居時の施工」が一番美しい仕上がりになります。
中古物件やリフォームをした場合でも、入居前に施工することでホコリなどがない状態でコーティングすることが出来ます。

2.家具や荷物がなく施工がスムーズ

家具がある状態では施工できず、別の場所へ移動する必要があります。
移動によるキズや汚れが生じやすく、日焼けによる色の差が出てしまう事があります。
家具を一時保管するため、トラックや倉庫の確保が必要になる場合があります。

3.余裕をもった乾燥ができる

施工後一定の時間乾燥する必要があります。
施工後の乾燥時間が足りず、家具や荷物を運び入れてしまうと、コーティングそのものがへこみキズがついてしまいます。
余裕を持った乾燥が出来ることで、いっそうコート剤が定着しキレイに仕上がります。

4.選べる施工業者が広がる

フロアコーティングの施工業者の中には「新築未入居のみ対応」という業者もあります。
選べる業者が減ることで、予算やコーティングの種類も限られてしまいます。

5.予算を住宅ローンに組み込むことが出来る

フロアコートの予算には20万円からの費用が掛かることが有ります。
住宅ローンを利用する場合、その一部に組み込むことが出来支払いの負担を減らすことが出来ます。

【まとめ】 新築とコーティングのポイント
一番大きなポイントは、コーティングをしてしまうと剥離出来ないことです。
しかしそれは、簡単に剥がれてしまう素材ではない証拠です。
メンテナンスもワックスのように定期的に塗る手間が省け、圧倒的に楽になります。
新築時の美しさをキープしたいなら、入居前に施工してしまうのがベストタイミングなのです。

フロアコーティングの必要性

ナビサン
ナビサン
「フロアコート」はしておいた方がいいのかな
ナビサン
ナビサン
日々の掃除が楽になるし、きれいな状態が長くつづくよね。

施工の必要性

美しさを長く保てるフロアコート

耐久が20年〜30年のUVコートならば、長い間美しい床のまま過ごせます。
時に新築時の傷は小さくても気になるので、フローリングの傷対策に効果的です。

●コーティングの効果

  • ワックス掛けをしなくてよくなる
  • 汚れがしみ込まず掃除が楽
  • アレルギー対応のコーティングは、子供やペットにも安心
  • 紫外線の変色・劣化を防ぐ
  • ノンスリップ効果で、高齢者やペットも安心
  • 耐水性・耐薬品性があり、キッチンやバスルームと水廻りにも強い

年々劣化してしまうフローリングだからこそ、新築時に対策をしておくことで、10年15年後にやって良かったなと思えます。
始めからフローリング傷の対策をしておくことで、キレイでツヤツヤな床で長く過ごすことが出来ると気持ちが良いですよね。

やらず後悔…入居後施工はコストも割高に!

ナビサン
ナビサン
後悔しないためにもよく考えてください

入居後に「やっぱり施工したい」と思った場合もちろん施工することはできます。
しかし入居後施工はコストも割高になります。

●入居後にコーティングをした時にかかる費用内容

  • ワックスの剥離
  • 付着した汚れの除去
  • キズのリペア
  • 家具異動・保管

それぞれに費用がかかります。
新品のフローリングで住み始めた後に気になる事は、小さな小傷から大きなスリキズまで思っているよりも付いてしまう事です。
テーブルの脚や椅子の下などは思いのほか目立つキズが付きます。
特に新しい家ですと、フロアコートをやっておけばと思う事もあります。
入居前ならキズも汚れもないところにコーティングするので、コストに加え「美しさ」も歴然です。
だからこそ後悔しないように、家を建てた直後にフロアコーティングするのがコストも含めベストなのですね。

ナビサン
ナビサン
後からやろうとすると余分に費用が掛かるからね…。

家を買うときに「フロアコーティングの予算」を確保せよ!

ナビサン
ナビサン
費用を前もって計算しておくことで、住宅ローンに組み込むことだって出来ます

(以下体験談)
一番重要なことは、家を購入する予算に「コーティング費用」を想定しておくことです。
うちの場合、待望のマイホームだからとこだわりが大きくなってしまい、想定した予算を超えてしまいました。
一生ものの買い物なので、ちょっと背伸びするのはいいと思います。
しかし、あれこれ付けるより、大切にするためにお金をかけることの重要さを知りました。
絶対外せないポイントについては、予算をきちんと確保しておかないと、予算オーバーし節約した部分が後々になって影響が出て来てしまい後悔することになりかねません。

●主に耐久性の高いコーティングの1uあたりの単価は以下のとおり。
新築をご検討のときには、ぜひ参考にしてみてください。

コーティングの種類

耐用年数

単価

部屋の広さ

施工料

UVコーテンング

20〜30年

4,500〜5,000円

50u

225,000〜250,000円

ガラスコーティング

15〜25年

3,500〜5,000円

50u

175,000〜250,000円

シリコンコーティング

10〜15年

3,000円

50u

150,000円

詳しく読む

※実際の見積もり・費用を紹介しています

ナビサン
ナビサン
予算を把握しておくことが、マイホーム購入には重要なのです。

新築時フロアコーティング前の注意点

ナビサン
ナビサン
施工まえに、業者に確認しておくべきことを紹介します。
家を建てるには事前準備が必要なのです。

スケジュールの確認は必須
電気、水道を施工に使用する場合があるので、施工日に電気水道が通っているか確認しましょう。

施工期間・時間の確認をする
一日施工の業者が多いですが、天候や気候で硬化時間が異なることがあるので施工時間はどのくらいか確認しておきましょう。

施工中は入室できません
施工中、入室は出来ませんので、電気屋さんや他業者と重ならないようにしましょう。

マンション側へ確認と連絡をする
機器の搬入や業者の出入りがあるためマンションの場合は管理会社へ確認連絡をする必要があります。

完全に乾く日程の確認
コーティング施工後、入居可能日時を確認してから引っ越しをしましょう。(1〜3日後のケースが多いです)

コーティングの種類をよく相談する
本当にそのコーティングの種類で良いのか、サンプルを見ながら十分に相談しましょう。
※サンプルは業者から貰えます

下処理の確認
ワックスがかかっていない状態でコーティングをします。新品のフローリングの素材と表面処理を確認しましょう。

【Q&A】 新築フロアコートについて

Q.「無垢の床」にもフロアコートで来ますか?

A.無垢素材専用のフロアコーティングもあります。
無垢フローリングは吸湿性があり、反り返りや収縮により隙間ができ、水やキズに弱いのが難点です。
「無垢専用のフロアコーティング」や仕上がりの自然な「ガラスコート」を利用するのもおすすめです。

Q.新築住宅におすすめのコーティングはどのタイプですか?

A.UVコートがおすすめです。UVコートは耐久性が一番長く耐摩耗性も高いです。
新築住宅にはUコートが一番永くコーティングの効果を発揮してくれます。
その代わり費用は高くなりますが、金額に見合った性能があります。

【まとめ】新築入居前に施工することが一番低コストで美しさ長持ち!

  • 新築時からコーティングするメリットが多く、無駄もない
  • 無垢のフローリングにこだわるなら、フロアコーティングにもこだわって!
  • 家の予算はコーティング費用も想定しておくこと!

こだわるなら先々を見越し、予算も想定しておくことで憧れのマイホームをムリなく、美しく長持ちさせることになるんですね。
せっかくの一生に一度の高い買い物ですから、後悔や失敗のないようにしましょう。

「フロアコーティングの予算」>>

※実際の見積もりを掲載しています

▼種類の特徴を知ろう!▼

   

※それぞれの価格や特徴を紹介しています。

▼フロアコートで失敗しないために▼

失敗しないフロアコート▶
※無料・入力5分!複数社の見積もり比較が出来る!