フロアコーティング施工の流れを解説します

基礎知識
【一括見積もりでお得な会社を探そう!!】
ナビクン
フロアコーティングって施工も大変なのかな?
ナビサン
コーティングの種類にもよるけど1〜2日で施工はできるかな。

フロアコーティング、どこから手をつけたらいいか、どんな流れなのかは初めてだとよくわかりませんよね。

今では、たくさんの施工会社があるので気軽に問い合わせて資料を送ってもらえます。
見積もりをだしてくれるので、気になるところはお願いしてしっかり予算とすり合わせすことが大切ですね。

見積り後から仕上がりまでの施工の流れを紹介します!

コーティング施工の流れ〜まずはお見積り!

「フロアコーティング」と言っても今ではかなり多くの会社がありますし、その種類も多様化しています。
またおうちのフローリングの種類もさまざまですので、どの「フロアコーティング」がおうちのフローリングに最適なのかは違います。
このコーティングしたい!と思ってもすぐに目についた業者にお願いするのではなく、
現状をチェックし相談したうえで、商品を選定、そしていよいよ実際のコーティング、というのが正解。
またフロアコーティングの会社によっては、 「ショールーム」 を設置しているところがあります。実際に施工したフローリングのピースを 「サンプル」 として送ってもらえるところもあります。
今暮らしている家のフローリングの材質が自分では何なのか判断できないこともあります。

複数の施工業者の公式サイトなどをチェックし、どんな商品があるか、その特徴やメリットデメリット、 耐用年数などを確認したうえで、資料請求し問い合わせることから始めましょう。

複数の会社で見積もりした後、どのコーティングかを決定

「フロアコーティング」の価格は、業者によってかなり差があります。
とはいえとにかく安いほうがいいのか、実際施工したユーザーの意見を調べてみたり、
触ってみるなどして長い目でみて判断する必要があるでしょう。

「保証期間」 を設けている業者も最近は多いですので、
施工後にアフターフォローがあるか、またどの範囲までフォローしてもらえるのかが重要です。

その上で最終的におうちのフローリングに最も適した商品を選び、契約しましょう。
このとき業者によっては先に施工代金を清算するケースもあります。
また会社によってはクレジットカード決済ができるところもあるようですので、支払の方法やタイミングについても確認しておきましょう。
その他支払方法は一般的なものでは現金支払いのほか、振込払いがあります。

いよいよ施工…施工箇所のチェックと養生から

施工の当日になったら、まずは施工するお部屋のチェックからはじまります。
新築のおうちならフローリングにはほぼキズがない状態ですので、大丈夫ですが
そうではない場合は大きなキズなどがある場所は確認しておかないと、
施工後に施工会社とユーザーの間でトラブルになるリスクがありますよね。
あらかじめ状況をしっかりとチェックしておきます。
一般的にはこのとき、施主(ユーザー)が立ち合いすることが多いですので、
スケジュールもきちんと把握しておきましょう。
立ち会う時間はだいたいのケースで30分程度です。
立ち合い時に比較的目立つキズが見つかった場合、業者によっては修復を行ってからフロアコーティングします。
時にはフローリングに穴があいたようになっているケースもありますが、パテ埋めをしてコーティングするとほとんど目立たなくるようです。
その後は具体的な施工に進むために、必要に応じてシートで保護するなど養生などを行っていきます。

施工箇所のワックスを剥離していく

新築のおうちの場合は必要ないですが、すでに暮らしているおうちのフローリングの場合、
マメにワックスがけをしているかたもいらっしゃいますね。
もし普段ワックスをかけていたフローリングにフロアコーティングを行う場合は
現在のっているワックスを「はがす」必要があります。
ワックスがけを1度でもやったことがあるフローリングの場合はワックス剥離の行程がここで入ります。

フローリングの清掃とアルコールでの洗浄と除菌

ワックスがかかっていないフローリングの場合は養生のあとフローリングの清掃を行います。この時フローリングにホコリやごみが残っていると、
それごとコーティングすることになってしまうので、細心の注意を払って清掃します。
また清掃したあとはアルコールでフローリングを除菌、洗浄します。
このように丁寧に行程を経ることで、フロアコーティングの出来栄えにも差が出ていますね。

キズや穴の補修作業と下地の処理・乾燥

フローリングが清潔な状態になったら、次は下地のキズや穴の処理、補修作業の行程に進みます。
現在のフローリングにより近い色合いの樹脂などをキズや穴の部分に流し込み、補修します。フロアコーティング前にキズや穴の部分を平らにしておくことで、
コーティングしたあとにほとんど気にならない状態にすることができます。
この後フロアコーティングがフローリングにしっかりと密着するように下地処理を行っていきます。
下地処理を行って密着する力を高めることで、施工後のフロアコーティングの持ちにも影響が出てきます。
下地処理を行ったあとは、1時間程度フローリングを乾燥させます。
乾燥させたあとはいよいよフロアコーティング開始ですので、その寸前にさらに最終の清掃も行います。

コーティング作業を進めていく

ここでやっと フロアコーティングの施工 が始まります。
慎重にコーティングしていき、ホコリやごみがコーティングのなかに入り込まないように気を付けます。UVコーティングの場合はこのとき紫外線を照射して瞬時に硬化させていきます。コーティング剤を施工し終われば、施工エリアから退出します。

施工後の確認と引き渡し

フロアコーティング施工後しっかりと硬化し安定したら、引き渡しになります。
コーティングの種類にもよりますが、これまでのフローリングの見た目と大きくことなり、
艶やかでお手入れ楽々なフローリングに生まれ変わります。
施工後はコーティングの種類によって取り扱いに若干の違いがある場合がありますので、気を付けるべきポイントなどもきちんと確認しておきましょう。

施工は基本1日で家具がある場合は2日かかることも

フロアコーティングの種類によって、コーティングしたあと部屋に入れるタイミング(時間)は違ってきます。

コーティングの種類コーティング後引き渡しタイミングの目安
ガラスコーティングコーティング後およそ6時間後程度
シリコンコーティングコーティング後3時間程度
UVコーティングコーティング後数時間程度

引き渡しのタイミングはあくまでも目安で、業者によってもタイミングが違う場合があります。
また家具を置いているおうちの場合は、しっかりと硬化してから家具を戻す必要があることから、引き渡しが翌日になる場合もあるでしょう。
施工後の引き渡しタイミングについても、見積もりや契約の打ち合わせの際にしっかりと確認しておきましょう。

【まとめ】施工が始まれば1〜2日程度で完了!ピッタリなコーティングを選ぼう

フロアコーティング施工の流れ

  • @【見積もり】
    →ショールームに行き、HPで予め確認し数社に見積もりをとる。
  • A【種類】
    →会社を絞ったら、コーティングの種類を決める。
  • B【スケジュール】
    →金額を確認し、日程を決める。
  • C【養成】
    →(中古物件)傷のチェック、養成する。
  • D【剥離】
    →(中古物件)ワックスを丁寧に剥がしていく。
  • E【清掃】
    →ホコリやゴミをすべて取り除き、除菌洗浄する。
  • F【補修・乾燥】
    →傷や穴を補修し、フローリングを乾燥させる。
  • G【コーティング】
    →コーティング剤を施工していく。種類により数日乾燥させる。
  • F【支払】
    →業者により前払いのとこもある。

フロアコーティングの施工の流れについてチェックしてきました。
施工に入ってもらえば長くても2日程度ですべての工程が終わりますので、それほど時間がかかるわけではありません。
フロアコーティングしてしまえばのちのメンテナンスは劇的に楽になりますので、
コーティング熱が上がっているかたは「早く進めたい」と思うかもしれません。
でも一番大事なのはおうちのフローリングに合うフロアコーティングかどうか、ということですから、 業者選び、種類の選択を慎重に行うことが大事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました