フロアコーティングの耐熱性!床暖房の影響は?

基礎知識
一括見積もりでお得な会社を探そう!!
ナビクン
ナビクン
フロアコートって床暖房大丈夫なのかな?
ナビサン
ナビサン
種類によるけど、耐熱に強いコーティングもあるから大丈夫!

床暖房をするとき、フローリングの耐熱性はもちろんコーティングは大丈夫なのか気になるところですよね。

「UVコート」「ガラスコート」「シリコンコート」 は 耐熱温度200℃以上で、 傷にも熱にも強いので暖房器具にはしっかり対応し、「アクリルコート」も床暖房に対応しています。「ウレタンコート」は熱には弱いので高温ストーブには要注意です。

ここでは床暖房へのメンテナンス法と、種類別の耐熱温度を紹介しています。

床暖フローリングの取り扱い方

ナビクン
ナビクン
床暖房のフローリングってどんなメンテナンスなのかな?
ナビサン
ナビサン
実はフロアコートしておくと、床暖メンテナンスも楽だよ。

床暖房のフローリング、ワックス掛けしているとどうなる?

一般的に「 フロアコーティング 」をしていないフローリングの場合、メンテナンスをするとすれば、数ヶ月ごとに「ワックス掛け」をするのが普通です。
しかしこれを床暖房仕様のフローリングの床に行っているとどうなるのでしょうか。
床暖房とは、フローリングの下に熱源となるパネルを施したものですので、ノーメンテナンスでいると、フローリングそのものが乾燥してくるなどして、かなり負担がかかります。
かといって、一般的なメンテナンスであるワックスを施していても、場合によってはこの床暖房の熱によって、変色します。
意外に床暖房のフローリングは、メンテナンスが難しいものです。

床暖房のフローリングに適した「フロアコーティング」とは?

床暖房をしたフローリングのメンテナンスと美しさを保つという意味でも、注目をされてきたのが、実は 「フロアコーティング」 なのです。
耐熱効果の高い「フロアコーティング」を施工しておけば、床暖房によるフローリングの乾燥も防げますし、変色や劣化を防ぐことができるのです。
とはいえ、床暖房仕様のフローリングで、「フロアコーティング」するのに心配なポイントは、やっぱり「温度変化」ですよね。
ではここで床暖房の温度と、おもな「フロアコーティング」の耐熱温度についてチェックしましょう。

床暖房のフローリングの温度25度 〜 30度
ウレタンコーティングの耐熱温度およそ70℃程度まで
シリコンコーティングの耐熱温度およそ400℃程度まで
ガラスコーティングの耐熱温度およそ1200℃程度まで
UVコーティングの耐熱温度およそ200℃程度まで

このように、床暖房の温度変化を大きく上回る耐熱効果がある「フロアコーティング」をチョイスしておけば、メンテナンスの必要もなく、また原状のフローリングを美しく保つことができます。
いわば、床暖房のフローリングには「フロアコーティング」をしておくべき!ということなのかもしれませんね。

「フロアコーティング」を施工する際にしっかり確認を!

床暖房のフローリングの場合は、必ず施工業者にその旨を伝えたうえで、どのような商品が適しているかしっかりと確認することが重要です。
また床の素材との相性もありますので、そういったことをしっかりと相談できて、またアドバイスがきちんといただける業者に依頼すること。
値段だけでなく、素材の特徴、床暖房との相性などをしっかりと理解したうえで、チョイスするのが賢いやりかたです。
自分でも 「フロアコーティング」 の特徴を把握して、どのようなライフスタイルのなかで施工したいのか、シュミレーションして検討しましょう。

フロアコーティングは耐熱に強い?床暖何もしないより劣化を防げる!

ナビクン
ナビクン
暖房設備とも「フロアコーティング」は相性がよいです。

ここでは床暖房と「ノーメンテナンスのフローリング」・「ワックス」・「フロアコーティング」の関係を見てみましょう。

ノーメンテナンスで床暖房を使うと‥

床暖房は高温時で35度くらいになりますので、やはりフローリングは経年とともに乾燥してくるようです。
面倒と言って、ノーメンテナンスだと経年劣化が早まります。
30度くらいなら大丈夫じゃないの?と思うかもしれませんが、30度40度という温度でも低温火傷することがありますよね?
低温でも長時間温度差にさらされ続けることはフローリングの痛みを進める原因にもなります。

ワックス 耐熱温度と特徴・対策

ワックスは耐熱温度が高くないものが中にはあるので、確認することが大切です。
数年ごとに施工する必要があるので、そこはフロアコーティングに比べるとかなり面倒です。
成分や商品によっては、暖房器具を使っていると、そのそばのフローリングがべたつく場合もあるので、耐熱温度が70度程度のものなど確認して、繰り返し使う必要があります。

コーテンングの種類

耐熱温度

傾向

メンテナンス・なし

300度(木の焦げる温度)劣化が進行する

ワックス

70度前後艶を保つもので温度には弱い

ガラスコーティング

1200度熱に強いので床暖やキッチンまわりにおすすめ

UVコーティング

200度日常生活としては十分・居間などに最適

アクリルコーティング

150度?(現在調査中)キッチンまわりは避けるのが無難

ウレタンコーティング

70度程度床暖房でも少し気になります

 

ガラスコーティング 耐熱温度と特徴・対策

ガラスコーティングとは、車の塗装面にも施工されるなどというものもあるほどで、特に耐熱温度が高く、床暖房や暖房器具にも安心です。
商品によってはなんと1200度まで耐えうるとされていますので、熱に関してはまったく問題なし。また床暖房などによる収縮や乾燥も防いでくれます。
キッチンや暖房器具をピンポイントで使う場合も安心です。

ガラスコーティングの耐熱温度

1200度

UVコーティングの耐熱温度と特徴・対策

UVコーティングもガラスコーティングと並んで、耐熱温度が高いものです。
てんぷら油をこぼしても問題なし、となっているので、200度以上は大丈夫、という見解でいいのではないでしょうか。
高温の油でも耐えうるということですので、キッチンはもちろんどのお部屋にも施工可能と言えますね。

UVコーティングの耐熱温度

200度

アクリルコーティングの耐熱温度と特徴・対策

耐熱温度が具体的に記載されている商品がほとんどないようです。
アクリル樹脂でおもちゃを塗装するなどの場合、耐熱温度が150度ほどとされているようですが(フロアコーティングの耐熱温度は調査中)。キッチンなどは避けたほうがいいかもしれません。

アクリルコーティングの耐熱温度

150度程度

ウレタンコーティングの耐熱温度と特徴・対策

ウレタンコーティングの場合、だいたいのものが70度くらいまでの耐熱温度となっています。
床暖房や暖房器具に関しては問題ない範囲ですが、万が一キッチンなどに施工していて、熱した油をこぼした、という場合は心配な温度ですね。
キッチンエリアは避けたほうがいいかもしれません。

ウレタンコーティングの耐熱温度

70度程度

フロアコーティングをしたけど、熱が心配だけど大丈夫?

ナビクン
ナビクン
フロアコート他の暖房器具は大丈夫でしょうか。
ナビサン
ナビサン
耐熱に強いコーティングなら大丈夫!

特に暖房のことを考えずにフロアコーティングを施工してしまった、という場合、炬燵(こたつ)やストーブなどの影響はどうなのでしょうか?

炬燵(コタツ)(真下を温める)

足を入れていて気持ちがいい程度の熱さですから、温度としてはせいぜい40度程度。
炬燵はフローリングに直置きではなくこたつマット(こたつ敷き布団)を引くので、ほとんど影響なく大丈夫です。
真下を直に温めるのが心配かもしれませんが、どのタイプのコーティングでも問題ありません。

UVコーティング

ガラスコーティング

アクリルコーティング

ウレタンコーティング

耐熱

床暖房(全体的)

床暖房はフローリング全体を穏やかに温める形ですので、耐熱温度が70度程度でも問題はありません。一般的なフロアコーティングで問題ないでしょう。

UVコーティング

ガラスコーティング

アクリルコーティング

ウレタンコーティング

耐熱

 

ストーブ(部分的高熱)

石油ストーブやガスファンヒーターは結構近くの温度は高くなりますから、フローリングへの影響が心配です。耐熱性が低めのフロアコーティングは避けたほうがいいでしょう。

UVコーティング

ガラスコーティング

アクリルコーティング

ウレタンコーティング

耐熱

×

【まとめ】部屋によっては耐熱性が高いフロアコーティングを

ナビサン
ナビサン
ノンメンテナンスで乾燥から劣化を防ぐには、フロアコーティングしておくほうがいいですね。

また床暖房だけでなく、部分的に暖房器具を使う場所や、キッチンなど高温なものが落ちる可能性がある場合は、より耐熱温度が高いガラスコーティングなどにしておくと、安心ですね!

  • 【UVコート】
    →耐熱温度200℃。床暖に対応可。傷や湯に強いリビング・キッチンOK。
  • 【ガラスコート】
    →耐熱温度1200℃。とても熱に強いので、床暖房も問題ナシ。
  • 【シリコンコート】
    →耐熱温度400℃。床暖房に対応可、キッチンあらゆる部屋で対応可能。
  • 【ウレタンコート】
    →耐熱温度70℃。熱に弱いので高温ストーブには要注意。
  • 【アクリルコート】
    →耐熱温度150℃。塗りなおしは必要だが、床暖には対応可能。

●熱を使うキッチン・高温ストーブのある場所は、特に要注意してコーティングを選びましょう。

コーティングの種類と特徴を知ろう!
   

それぞれの価格や特徴を紹介しています。

商品や業者の選び方をチェックしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました