フロアコートの硬度について

 

引っかき硬度試験による硬度測定

 

 

よくフロアコーティングの性能の紹介で、「○H」と表現している硬度について解説します


 

各種フロアコートの硬度分布

 

「H」とは鉛筆の硬度の事です

 

普段使う鉛筆に「HB」や「2B」と言った、芯の硬さを表す単位があります。
この鉛筆の芯の硬さを基準にした「引っかき硬度試験」を利用します。
表面硬度を表示するための試験方法は「日本工業規格(JIS)」で決められておりその測定方法にもとづいて測定されます。

 

試験方法は鉛筆の芯の硬さを、一定の条件で塗膜上ですべらせ測定します。
この時利用する鉛筆を柔らかいものから硬いものへ徐々に変更していき、傷あとが残る鉛筆まで試験をしていきます。

 

結果、傷あとが残らなかった最も硬度の高い鉛筆をコーティングの硬度性能として表すことができます。

※日本工業規格(JIS)JISK5600-5-4(引っかき硬度(鉛筆法))

 

引っかき硬度試験機

 

 

試験機器:オールグッド株式会社:鉛筆硬度試験器

 

TOPページへ戻る

各種の表面硬度

 

UVコーティング 5H~7H 硬い
ガラスコーティング 6H~9H すごく硬い
シリコンコーティング 3H~6H ソフト
ウレタンコーティング 3H~6H ソフト
水性ウレタンコーティング HB~2H 柔らかい
WAX 2B すごく柔らかい

日常生活で使うフロアコーティングと硬度のバランス

 

フロアコーティングの硬度は高いほうが良い訳ではありません。

 

 

床のコーティングは硬いからといって、キズがつかないわけではありません

 

硬い被膜にはメリットもデメリットもあるのです


 

硬い被膜ほど割れやすい

 

被膜は硬ければ硬いほど柔軟性が無くなり、塗膜が「割れやすく」なります。

 

フローリングは季節変動による湿度や温度で膨張・伸縮を繰り返します。

 

また人が歩くことにより「しなり」も生じます。

 

そのため硬ければいいという分けではなく、硬くしなやかであることが求められます。

 

硬くても傷が付く

 

もちろん硬いほど、表面の傷はつきにくくなります。

 

しかし、どんなに硬いコーティングでも、強い衝撃や鋭利なものがあたれば傷が付きます。

 

フロアコーティングの塗膜の厚さは

 

  • ガラスコーティング…0.02㎜~0.08㎜
  •  

  • UVフロアコーティング…0.06㎜
  •  

  • コピー用紙…0.09mm

 

程度で、コピー用紙よりも薄い被膜で出来ています。

 

重要なのは、フローリングの材質や特性に合わせた施工をしているのかです。

 

それでもフロアコーティングは万能ではないため、傷はついてしまいます。

 

業者はこの点を理解しているため、ユーザーが快適に過ごせるように「保証」を充実させているのです。