全国のフロアコーテング業者

沖縄県でフロアコーティングを探すなら!対応業者を紹介

沖縄県の住まいでフロアコーティングする前に

ナビサン
ナビサン
こんにちは、お掃除大好きリン子です。 今回は…。
ナビサン
ナビサン
「沖縄」でフロアコートの出来る業者を探したい!

青い海や美しいサンゴ礁が印象的な「沖縄県」ですが、本土復帰を果たしたのは1972年とほんの50年ほど前の話。
今やリゾートとして、また第二の人生を送る場所としても注目される県ですが、他の都道府県と違い過去にはやや複雑な歴史も。

ページ情報
ここではそんな沖縄県の地域性や気候、住まいの傾向などをみていきましょう。

「 丸忠」

ナビサン
ナビサン
沖縄にも「フロアコーティング」をやってくれるところはあるのかな?
ナビサン
ナビサン
あるよ。
フロアコート業者の
「丸忠」です!

「丸忠」ってどんな会社?

丸忠」は、沖縄県浦添市に本社を構えリースキン事業とハウスケア事業を中心にフロアコートも手掛ける会社です。
コーティングの種類は「ミラーコート」で、シリコン素材のフロアコーティング剤で滑らず有害物質を含まないので、安全性が高く小さいおこさんやペットにもおすすめです。
保証内容は安心の10年保証なのでアフターサービスもしっかりついています。

コーティングの種類

耐久年数

保証年数

ミラーコート

10年

10年

 

丸忠

対応エリア

沖縄全域 一部離島も含む

本社

901-2131  沖縄県浦添市牧港5丁目19−8

ホームページ

http://www.mirrorcoat-okinawa.com/

 

アクセス

「株式会社 クオーレ」

ナビサン
ナビサン
沖縄にも「フロアコーティング」をやってくれるところはあるのかな?
ナビサン
ナビサン
あるよ。
トータルコーティングの
「株式会社 クオーレ」です!

「株式会社 クオーレ」ってどんな会社?

株式会社クオーレ」は、那覇市三原にあるリフォームからインテリア商品の提案・フロアコーティングまで手掛ける会社です。
クオーレのフロアコーティングは、水・薬品に強く撥水効果は抜群です。
リビングやキッチンにコーティングすると掃除の時間が短くなりメンテナンスがとても楽です。
10年保証付きも安心ですね。

株式会社 クオーレ

対応エリア

要相談

住所

沖縄県那覇市三原 2-26-26 102

ホームページ

http://www.cuore.okinawa/

アクセス

「ブライトホーム」

ナビサン
ナビサン
沖縄にも「フロアコーティング」をやってくれるところはあるのかな?
ナビサン
ナビサン
あるよ。
那覇市にある
「ブライトホーム」です!

「ブライトホーム」ってどんな会社?

ブライトホーム」は、不動産取引をはじめハウスクリーニング・リフォーム・フロアコーティングまで手掛ける会社です。
住宅の様々なお悩みを一度に相談できるので助かりますね。
細かい、キッチンやバスルームなど部分クリーニングから
床のコーティングまで施工しているので、セットで依頼してみるのもいいですね。

株式会社 ブライトホーム

対応エリア

要相談

住所

沖縄県那覇市宇栄原1024-1 102

ホームページ

http://www.brighthome-okinawa.com/

アクセス

「有限会社 カネマサ」

ナビサン
ナビサン
沖縄にも「フロアコーティング」をやってくれるところはあるのかな?
ナビサン
ナビサン
あるよ。
那覇市にある
「有限会社 カネマサ」です!

「有限会社 カネマサ」ってどんな会社?

有限会社カネマサ」は、地域密着型の会社でハウスクリーニングを中心に床のワックス掛けや
フロアコーティングはガラスコーティングを手掛けます。
メンテナンスフリーのガラスコーティングは耐久性も高く10年間はきれいな状態を維持できます。
おうちのクリーニングの際にお願いしてもいいですね。

有限会社 カネマサ

対応エリア

沖縄本島全域

住所

〒902-0066 沖縄県那覇市大道151-3

ホームページ

https://kanemasahome.grupo.jp/

アクセス

 「アスパル株式会社」

ナビサン
ナビサン
沖縄にも「フロアコーティング」をやってくれるところはあるのかな?
ナビサン
ナビサン
あるよ。
那覇市にある
「アスパル株式会社」です!

「アスパル株式会社」ってどんな会社?

アスパル株式会社」は、ハウスコーティングを中心に太陽光パネル、住宅や店舗のリフォームを手掛けます。
フロアコートコーティングの種類は、UVコートシリコンコートの2種類で撥水性に優れメンテナンスフリーなので
毎日のお掃除も楽ちんです。ノンスリップ効果があるので小さいお子さん高齢者、ペットを飼っている方におすすめです。
ショールームを完備しているので、実際に確認することができます。

アスパル株式会社

対応エリア

要相談

住所

〒902-0062 沖縄県那覇市松川3-2-1 1F

ホームページ

http://www.asupal.co.jp/

 

アクセス

沖縄でフロアコーティング施工業者を紹介しました。
フロアコート専門業者からリフォームまで手掛ける会社があります。
HPに施工事例も画像付で載せているので、確認してみて
電話やメールで問い合わせするのもいいですね。
後悔しないためには、下準備や下調べは必要不可欠ですね!

沖縄エリアをカバーする大手の会社は?

ナビサン
ナビサン
次は、全国を施工エリアに展開しているコーティングの専門業者を紹介していきます!
種類も豊富、立派なショールームを構える業者をみていきましょう。

業者1 「グッドライフ」

特徴

神奈川に本社を構え、全国に展開しているフロアコートの専門店「グッドライフ」。
品質保証の国際基準規格ISO9001や建築基準法の「F☆☆☆☆」(フォースター)や、
食品添加物等の規定基準「第370号」も取得するなど高い品質と安全性のあることがわかります。

コーティングの種類

グッドライフのコーティングの種類

保証・耐久 年数

ガラスコーティング

クリスタル

35年

UVコーティング

30年

シリコンコーティング

20年

ガラスコーティング

20年

水性コーティング

ナノ

10年

 

グッドライフ

対応エリア

沖縄をはじめ全国に展開

福岡ショールーム

福岡県福岡市中央区今川2-3-54エスペランサ今川301

本社

神奈川県横浜市保土ヶ谷上菅田町662

ホームページ

http://www.good-life.co.jp/

 

グッドライフのページへ

業者2 「ジェブ」

特徴
神奈川県に本社があり、首都圏を中心に全国で展開する「ジェブ」。
フロアコーティングの専門会社で、高い技術があり、
独自の「EPCOAT」は、ワックスの1000倍耐久性でペットの引っかき傷や日常のすり傷から床を守ります。
データをもとに、30年耐久、30年メーカー保証がついており、10年間の無料メンテナンスも受け入れています。

コーティングの種類

ジェブの種類

保証年数

耐久年数

ガラスコーティング

イーピーコート

30年

30年

ガラスコーティング

イーピーコート マット

10年

30年

ジェブ

対応エリア

沖縄をはじめ全国に展開

ショールーム

福岡県福岡市博多区吉塚3丁目17-17

ホームページ

https://www.jeb.bz/

ジェブのページ

業者3 「エコプロコート」

特徴
神奈川に本社をおき、「エコプロコート」は20年以上の実績のあるフロアコーティングのパイオニアともいわれる会社です。
自社で開発したオリジナル塗装と専門の機材を使った施工で、仕上がりの美しさもさすがです。

コーティングの種類

エコプロコートの種類

保証年数

UVコーティング

エコプロコート

20年

UVコーティング(マット)

エコプロコート ゼロ

20年

エコプロコート

対応エリア

沖縄をはじめ全国に展開

九州福岡ショールーム

福岡県福岡市博多区西春町4-1-20
正和ビル1階

ホームページ

http://www.ecoprocoat.co.jp/

エコプロコートのページへ

業者4 「マイスターコーティング」

特徴
那覇に支店を構え、全国対応でハウスクリーニングの専門店「お掃除本舗」のグループ会社の「マイスターコーティング」。
水廻りからフロアコーティングの施工をするお掃除のプロです。

マイスターコーティングの種類

耐久(保証)年数

フロアシールドS

10年(5年)

フロアシールドSK

10年(5年)

フロアシールドNANO

30年(5年保証)

フロアシールド無垢

3〜5年

マイスターコーティング

対応エリア

沖縄をはじめ全国に展開

本社

東京都港区六本木1-4-5 アークヒルズ サウスタワー

ホームページ

https://www.meister-coating.com/

沖縄県の地域性、気候、住まいの特徴は?

日本の最南端に位置する沖縄県は、沖縄本島をはじめ宮古島や石垣島、与那国島などで構成されています。
独特の離島の雰囲気や人柄、美しい海の景色が思い浮かぶ沖縄県。
訪れたことがあるなら、本土と随分印象が違うことに驚き、新鮮に感じたかたも多いのではないでしょうか。
食文化もずいぶん違いますし、アメリカナイズされた雰囲気がここかしこに漂っていて、それでいてのんびりした時間が流れるなんとも不思議な場所です。
人口は1970年代の本土返還よりずっと右肩上がりで増加しており、現在では143万人ほどで推移しています。
これだけ人口増加が著しいのは東京都ぐらいなのですが、その東京を抜いて現在人口増加率はトップとなっています。
これだけ沖縄の人口が増加しているのは沖縄暮らしにあこがれる人が多く移住していることとともに、県民だからこその「トートーメー(位牌継承)」のならわしも影響しているといわれます。
「トートーメー(位牌継承)」は直系の男子という決まりがあるので、男児が生まれるまで子供を諦めない家庭もあり、結果的に子沢山になるケースがあるそうです。
その他にも沖縄県は独特の慣習も多いですので、移住するならそのようなこともあらかじめ知っておくほうがよいかもしれません。

沖縄の気候を確認しましょう。

沖縄県は国内の区分としては南日本気候、いわゆる熱帯雨林気候です。
年間の平均気温は22℃と温暖で、高温多湿ながら本土のようにじめじめとした酷暑にはほとんどなりません。
ただしその地理から海上で台風が発生し直撃を受けることが多いです。

沖縄県の住まいの特徴について確認しておきましょう。

数十年前は木造の家もあったそうですが、現在は鉄筋工コンクリートの家が大半を占めています。
もともと沖縄は台風が毎年頻繁に通過しますが、アメリカ人の家の被害がとても小さかったことから、アメリカ人の家の仕様だった鉄筋コンクリートの家が普及してきたんだそう。
沖縄は台風は多いですが河川や山脈がほとんどないので土砂災害はほぼ起きません。
そのため構造は風雨に強い家というポイントだけ抑えておけばいいと言われています。

沖縄県の住まいとフロアコーティング

構造は鉄筋コンクリートメインでも内装は本土同様のモダンでナチュラルテイストな家が増えています。
ほとんどがフローリング仕様ですので、家を建てたらすぐにフロアコーティングしておくのがおすすめ。
なぜなら沖縄は特に高温多湿で昔から居室内のカビに悩まされてきたからです。
フローリングをそのまま使っていると水分や汚れがしみ込んでしまい、気候の違う本土よりも多湿な分劣化が早いため、コーティングの塗膜を作ってガードしてしまうのがベストです。

沖縄の家はフロアコーティングで守りましょう

頑丈で湿度対策した家が理想的な沖縄。
フロアコーティングしておけばさまざまな問題が解決し、手入れも楽になり家を長持ちさせることにつながります。
多湿な沖縄の家こそフロアコーティングが必要です。
またフロアコーティングには商品により素材や機能性、耐久性など違いがありますので、慌てずじっくり選びましょう。

▼フロアコートで失敗しないために▼

失敗しないフロアコート▶
※無料・入力5分!複数社の見積もり比較が出来る!