フロアコート後のお手入れ方法!日常メンテナンスはとっても簡単

フロアコート済みのお手入れ・メンテナンスはどうしたら良いの?

 

 

コーティングするとメンテナンスがずっと楽だよね?


 

日々のお手入れはぐっと楽になるよ。


 

フローリングは新築からそのままの場合は、美しく保つにはワックスなどでこまめにメンテナンスする必要があります。

 

でもフロアコーティングすればそういった日々の面倒なお手入れから解放されます。

 

ここではフロアコーティングしたフローリングのメンテナンスについて見ていきましょう。

 

ポイント:フロアーコート後のメンテナンスは、フローリングそのままの時より時短でぐっと楽になります。

 

コーティングにより耐久度は異なるので、メンテナンス法も業者に聞いておくとよいですね。

 

フロアコート後のお掃除・メンテナンス方法!

 

 

コーティング後のメンテナンスはどんな感じ?


 

コーティング種類ごとに異なるので、みていこう!


 

コーティングの種類ごとに掃除・メンテナンス方法を紹介しています。それぞれやり方が少しづつ違うのでぜひ参考にしてみてくださいね。

 

ガラスコーティングの床のメンテナンス

 

 

最もよく耳にしがちなフロアコーティングといえば「ガラスコーティング」。

 

高い高度と耐水性、耐薬品性などが優れていることから、多くのユーザーに指示されているコーティングです。

 

ではこの「ガラスコーティング」された床のメンテナンス、日常のお手入れはどういったことがあるでしょう?

 

【ガラスコーティング床のメンテナンス】

  • ワックスがけは不要
  •  

  • ドライタイプのペーパーモップや掃除機で軽くお掃除(床にホコリがこびりつきにくいので楽々)
  •  

  • 気になるときは「水ぶき」もOK
  •  

  • 落ちにくい汚れがついてしまった場合は、ベンジンや除光液などを含ませた布でふき取る

 

「ガラスコーティング」のメンテナンスはこんな感じでよいそう。

 

一般的なフローリングそのままですと、水分をこぼしたらすぐフローリング材にしみ込んで行ってしまうのですが、ガラスコーティングしていればそんな心配も無用。

 

はだしで歩いてちょっとべたついてしまった、など気になるときだけ「水ぶき」をする。

 

水ぶきしてもフローリング材にはしみ込みませんので、安心して進められます。

 

また薬品系の液体やペットの粗相などもしみ込む心配も塗膜が変化する心配もないので、メンテナンスといえるほどのお手入れはほとんど必要ないといえそうですね。

 

UVコーティングの床のメンテナンス

 

 

次はUVを照射することで瞬時に硬化させていくとても施工が早い「UVコーティング」のメンテナンスについて、チェックしてみましょう。

 

掃除機は毎日でもOK

 

掃除機で毎日ホコリを取るのは大丈夫ですが、最近は高性能な掃除機も多くなっていますね。
中にはブラシ部分が回転するといったものもありますが、できれば「UVコーティング」の場合は回転ブラシは細かいキズになるリスクがあるので避けましょう。

 

水ぶきはおススメ

 

ドライタイプのペーパーモップやからぶきはあまりおすすめではないそう。
こういったものは「細かいキズが付くリスクがある」からで、むしろ「水ぶき」をするほうが良いそうです。水ぶきではUVコーティングは傷みません。

 

洗剤を使う場合は「中性洗剤」を50倍程度に薄めて

 

「UVコーティング」は目立つ汚れが付きにくいものですが、それでも気になる汚れがついてしまった、という場合は専用の洗剤か一般的な「中性洗剤」を50倍程度に薄めたものをスプレーしてふき取ります。

 

「ツヤだし」といった洗剤類は不要!

 

中にはよりキレイに保ちたい、とあれこれメンテナンスしようとする方がいるようです。
でも「ツヤだし」といった記載のある洗剤の類はワックスに通ずるところがあり、むしろ使うことで見た目が変化したような感じになることも。
コーティングそのもがしっかりしているのでこのような洗剤類は必要ありません。

 

シリコンコーティングの床のメンテナンス

 

 

次は比較的リーズナブルに施工が可能な「シリコンコーティング」のフローリングのメンテナンスについて、チェックしてみましょう。

 

通常はドライタイプのペーパーモップでホコリを取るくらいでOK!

 

通常は基本「空ぶき」だけでいいそう。
ホコリを吸着してくれるお掃除グッズや、ドライタイプのペーパーモップを使ってホコリを絡めとるといったお掃除をします。

 

目立つ汚れが付いたときは水ぶきを

 

調味料だとか何かこぼしてしまうなどし、目立つ汚れがついてしまった場合は、固めに絞った布や水ぶき用のモップなどを使って「水ぶき」しましょう。

 

水ぶきで取れない汚れは「中性洗剤を」希釈して

 

ついた汚れの種類によっては、水ぶきしただけで落ちないといったケースもまれにあります。
そういったときは一般の「中性洗剤」を使います。
「中性洗剤」を20倍程度に薄めたものを布などにしみ込ませ、汚れが気になる部分をふきます。
汚れが取れたら必ず洗剤が残らないように「水ぶき」をしましょう。

 

油性の汚れは「アルコール」「除光液」で

 

マジックなど油性の汚れがついてしまった場合は、水ぶきや中性洗剤でも落ちないケースがあります。
こういう場合はマニキュアの除光液やアルコールを使うと取れます。

 

掃除機や化学モップは要注意!

 

掃除機で吸い取るのはごく一般的なお掃除方法ですが、シリコンコーティングの場合硬いものを引きずることでキズがる気やすいため注意が必要です。
また化学モップも薬品を含んでいることから、コーティングの光沢が失われるリスクがありますのでおすすめできません。

 

ウレタンコーティングの床のメンテナンス

 

 

低価格でコーティングができることで人気なのが「ウレタンコーティング」。
ウレタン樹脂をフローリングにコーティングしていくものですが、耐用年数はモノにもよりますがだいたい「10年」と他に比べるとやや短めです。
このコーティングのメンテナンスについてもチェックしましょう。

 

  • 普段はペーパーモップなどでホコリを取る程度でOK!
  • 掃除機は慎重に!思いものを引きずってしまうとキズが付くリスクがある!
  • 化学モップは薬品が使われているため、相性が悪いとコーティングの風合いを損ねてしまうリスクあり!
  • 目立つ汚れがついてしまった場合は、水を含ませ固く絞った布やモップなどでふき取る
  • 水ぶきしても落ちない汚れの場合は「中性洗剤」を20倍程度に薄めて、布などに含ませてふき取り、その後必ず「水ぶき」する
  • アルコールに弱いのでウレタンコーティングの部屋では使わないこと

 

ウレタンコーティングの床のメンテナンスはシリコンコーティングとほとんど同様といえそうですね。

 

フロアコーティングした床で注意したいこと

 

 

フロアコーティング施工後に気を付けておくことはあるかな?


 

お掃除以外にも注意しておくことがいくつかあるよ


 

ここまで普段のお掃除方法、メンテナンス方法についてチェックしました。
それ以外にも、長くきれいな状態を保つためちょっと気を付けておきたいポイントもありますのでご紹介します!

 

 

  • テーブルやいすを使う場合は、できれば家具の足などに保護フェルトなどをつけておく(キズ防止のため)
  •  

  • 施工後3日程度はスリッパを使うことや水ぶきは控える(コーティングが安定するまで少しかかるため)
  •  

  • 工事業者などにもコーティングしていることを伝える(脚立などでキズを付けるリスクを回避するため)
  •  

  • キャスターがついた家具、いすなどは床との間にマットなどを使う(へこみやキズから守るため)
  •  

  • 回転式のブラシがついた掃除機は細かいキズが付きやすいので控える
  •  

    床にこぼしてしまって大変!どんな液体が要注意!?

     

    きれいにした床、気を付けて生活をしていても、ついつい手が滑って・・と薬品やアルコールなどこぼしてしまうもの。こぼしてしまう前に、読んでおいてくださいね!

     

    除光液、アルコールでコーティングは溶けないか?

     

    フロアコーティングは、耐薬品性に優れており、大切なフローリングに洗剤や除光液が付着しても、剥離したり変色する事はありません。薬品を使う事の多い美容院や病院で多く採用されている耐薬品性に優れたフロアコーティングです。

     

    キッチンハイタ‐でコーティングは溶けないか?

     

    すぐに拭き取れば問題なし。長期間放置すれば溶ける場合もあるが、ガラスコーティングやUVコーティングは補修が可能です。

     

    お酒(アルコール)でコーティングが溶けたりしないか?

     

    基本的には大丈夫。長時間放置すると目地部分が弱くなり変色したり剥がれやすくなったりするので、早めに拭き取りましょう。

     

     

    フロアコート後についてしまった傷は?

     

     

    フロアコーティング施工のあとに傷がついてしまったら、直してもらえるかな?


     

    アフターケアが充実している業者もあるから確認してみよう。


     

     

    簡易補修できる施工業者もありますが、施工してもらった施工業者にアフターフォローがあるのか、保証の範囲内なのか相談してみるのが一番ですね。

     

     

     

    フロアコートは剥がせないが、効果が薄れたらどのようにメンテナンスするのか?

     

    一度磨きをかけて全面平滑な状態にして、上塗りをかける方法が多い。
    キズが深かったり大きかった場合はできない場合もあります。一度業者にみてもらい相談するのがよいでしょう。

     

    フロアコートは窓際の日焼け、結露は防ぐことはできる?

     

    紫外線によるササクレのような割れは防げる、結露のダメージも防ぐことは可能だが、コーティングにもよるので施工まえに確認しておくとよいでしょう。

     

    タバコのこげ痕は大丈夫か?

     

    20秒以内くらいならば、跡にならないがそれ以上だとフローリング自体にこげ痕が付くこともあるのでくれぐれも気をつけましょう。

    【まとめ】コーティングした業者にメンテナンスの方法も聞いておく!

     

    フロアコーティングをしておくと、フローリングそのままの時に比べ定期的なワックスがけなど労力もかからず楽です。コーティングの特徴を踏まえてメンテナンスする必要はありそう。

     

    また種類によっても若干メンテナンス方法に違いがあるので、そのコーティングが長持ちするような配慮は必要といえそうですね。

     

    さらにコーティングそのものも施工した業者によって違いがないとはいえませんので、

     

    施工時に今後のメンテナンス方法についても業者に詳しく聞いておくのがおすすめです。

    ▼フロアコーティングの種類と特徴を知ろう!▼


    おすすめは【UV】

    UVコート ガラスコート シリコンコート ウレタンコート


    ▼フロアコーティングの選び方をチェックしましょう!▼



    18万円安くなった→ 我が家のフロアコーティング施工体験談はこちら