【フロアコーティングの補修・剥離】傷や剥がれの部分補修の方法

メンテナンス
【一括見積もりでお得な会社を探そう!!】
ナビクン
フロアコーティングって剥離するのかな?
ナビサン
フローリングの種類や耐久年数にもよるかな。

わざわざお金をかけたフロアコーティング、剥がれてしまったどうすればいいか、気になりますよね。

皮膜が厚く、傷がつきにくいフロアコーティングも永久的に維持できるわけではありません。水まわりは特に、少しずつ傷になり剥がれてしまいます。

老朽化の問題もありますが、密着度が下がり厚塗りが原因であることもあります。

劣化が気になったら、業者に問い合わせるのが一番です!保証も含めてみていきましょう。

その前に剥がれの原因・部分補修の方法や補修費用をここでは紹介します。

フロアコートの傷や剥がれは起こります

ナビサン
フローリングのコーティングが剥がれちゃったんだけど。

せっかくやったフロアコートですが、場合によっては剥がれてしまう事があります。
どういった対処法があるのか紹介しますね。

剥がれの原因

フロアコートの剥がれの原因は施工時が原因であることも考えられます。

●剥がれの原因

  • フローリング材とのミスマッチ
  • 下地の処理不足
  • 塗料の塗りすぎ

専門店で依頼したフロアコーティングは、基本的に保証期間中は剥がれることはあまりありませんが、それでもなんらかの原因で剥がれてしまうため、業者に相談してみるのもいいですね。保証年数も忘れずに確認しましょう。

フローリングとのミスマッチ

フローリングにコーティングを施工する前に床材と塗料の相性を確認します。
床材には様々な商品があるため相性が悪い場合には、剥がれの原因になります。

下地の処理不足

コーティングをする前には塗料と床の密着率を上げるための下地処理をします。
この下地処理で手を抜くと油分などが残り剥がれの原因になります。

塗料の塗りすぎ

フロアコートは熱ければ熱いほど防御力が上がります。
その反面衝撃による割れに弱くなる傾向があります。
特にガラスコーティングのような硬度が高い商品は剥がれの原因になります。

フロアコーティングの剥離を補修

ナビサン
もしコーティングに傷がついてしまったら・・。
ナビクン
業者に相談することが一番だよね。

ハードコーティングでかなりハイクラスなものなら、そういった心配はほとんどしなくていいものもありますが、中には中古物件で補修が必要なものやちょっとしたキズが付いてしまったり、剥離したりするものもあるようです。
ここでは施工した「フロアコーティング」が剥離した場合どうしたらいいの?そうならないためには?
などという疑問について考えてみましょう。

部分補修が可能

フロアコートは部分補修が可能です。
傷や剥がれが出来てしまった部分を剥離し、再塗装が出来ます。

フローリングのブロックごとで施工しなおすので境目も分からない程きれいに仕上げられます。
傷んでいた部分がまったく気にならないような仕上がりになるというから、一部修復でもいいですよね。
全面的にフローリングを張り替えてしまうより手間もかからず、きれいに仕上げられます。

全面補修

フロアコートの全面補修は可能です。
コート剤の種類にもよりますが、強固なコート剤も剥がせます。
剥がす方法はスクレーパーで丁寧に剥がすしかありませんが、少しずつ剥がします。
当サイトがフロアコートは剥がせないという理由は剥がすことはできるけど、手間と費用が掛かりすぎるために出来ないと言っています。
全面補修したい場合は、フローリングの張り替えとほぼ同等の費用が掛かることを知っておいて下さい。
施工業者がミスで割れや剥がれを起こしてしまった場合、全面補修をすることがあります。
個人で依頼する場合は剥がさずに上塗りする方法が現実的で、被膜面の厚い「UVコーティング」で再施工するとキレイに仕上がります。
(※上塗りの場合下地と床がしっかり吸着している必要があります。)

UVコーティングの補修

UVコーティングの補修には専門業者に依頼しなければなりません。
自分で補修するには、「UV塗料」の手配も「紫外線照射機器」 も必要になるため難しいでしょう。
修復は機材のそろっている専門業者ならば、簡単にできる作業で、部分的に剥離し再塗布し紫外線をあて硬化させます。
UVを当てることで即座に硬化するため、乾燥に時間も必要ありません。
保証があるならば無料で出来ますが、別途依頼しても「出張費用+15,000円前後」で修復することが出来ます。

剥離作業の流れ

ナビサン
ワックスや水性のコーティングは剥離するこも業者によってはできるよ。

ここでは剥離作業の流れを紹介します。まずは剥離できるか業者に相談してみましょう。

  1. 養生-お家を汚さないよう、壁から床の周りをしっかり養生をします。
  2. 剥離剤塗布-剥離剤を全体的に塗って行きます。少し放置し、ワックスが浮いてくるのを確認します。
  3. 剥離作業-剥離用の機械やブラシで床を傷つけないよう剥離していきます。最後にバキュームで剥離剤を吸い取ります。
  4. 洗浄-床を洗っていきます。洗浄作業は水を使いますので、狭範囲で洗浄し、バキュームで吸います。
  5. モップ等での乾拭き作業-モップやタオルで床を乾拭きして水分を完全に取り除きます。
  6. 確認-前面をチェックしワックスの残りがないか見ていきます。残ってなければ養生を外し、剥離作業は終了になります。

剥離作業の価格相場

剥離作業の価格
商品名施工範囲価格
普通剥離施工~20㎡39,900円ぐらい
追加料金1㎡1,300円ぐらい
強剥離施工~20㎡49,900円ぐらい
追加料金1㎡1,900円ぐらい

剥離やキズを自分で直す

ナビクン
自分で傷を直せるかな?
ナビサン
そうだね。少しの傷ならなんとかなるかな。補修方法を紹介するよ。

ちょっとしたキズや剥離が生じてしまい、保証もない場合など自分でリペアしたい場合があります。ココでは、DIYする方法を紹介します。

●補修時に準備するもの

  • 補修キット
  • スチールウール
  • メラミンスポンジ
  • 綿棒
  • ドライヤー
  • ウエス(ボロ雑巾)
  • 延長コード
  • ティッシュペーパー

●補修方法の手順

  • 1)スチールウールでダメージがあるところの様子をみて削る
    (フローリングを傷めないように)
  • 2)メラミンスポンジで磨く(研磨が滑らかになるように)
  • 3)剥離した中央部分に少量補修剤を綿棒などで塗る
  • 4)塗ったらすぐドライヤ−で乾かす 3と4の様子を見ながら繰り返す

できるだけ均一になじませることがコツです。
ただキズや剥離の状態や、不器用な方の場合は、なかなかうまくいかず難しい作業になるかもしれません。

自ら直すと、コスト面はおさえられますが、完璧にきれいな床を・・と思う方はプロの業者に頼む方が長くキレイを維持できそうですね。

部分補修を業者に依頼する場合

補修費用

ナビサン
業者に依頼することで確実に綺麗に直せます。

●主に耐久性の高いコーティングの1㎡あたりの単価は以下のとおり。

コーティングの種類

耐用年数

単価/1u

職人の日当+交通費

合計

UVコーテンング

20〜30年

4,500〜5,000円

2〜3万円/日

3〜4万円

(距離による)

ガラスコーティング

15〜25年

3,500〜5,000円

2〜3万円/日

3〜4万円

(距離による)

シリコンコーティング

10〜15年

3,000円

2〜3万円/日

3〜4万円

(距離による)

専門業者に依頼する場合、費用のほとんどが「職人さんの人件費」と「交通費」です。
UVコートでもガラスコートでもその費用は変わりません。
※県外などの会社からくる場合によって、かかる交通費が変わります。
※補修範囲も相談により調整してくれます。
補修対応をしてくれる業者はこちらからも探せます。→フロアコート専門業者

「フローリング」を張り替えた時の費用

ナビクン
フローリングの張替えってどのくらいかかるのかなぁ。
ナビサン
6畳部屋のフローリングを張替えると、10万円前後掛かります。

「フローリング」とひとことで言っても、実はこれがけっこうさまざまな材質があって、施工方法がいろいろとあります。
比較的安価に施工してもらうなら、合板などのフローリングで、今あるフローリングの上から施工します。
こちらだと、素材そのものも低価格で、かつ今のフローリングを剥がす手間がいらないので、費用が抑えられます。

●フロアタイル張り替えの費用・料金

内容

張り替え工法

重ね張り工法

1畳

4〜7万円

3〜6万円

4畳

5〜9万円

4〜8万円

6畳

6〜10万円

5〜6万円

8畳

8〜15万円

6〜10万円

業者を調べて、あらかじめ把握して予算をたてておくのは大切ですね。

アフターフォローがあるかどうかが鍵!

ナビサン
フロアコーティング業者がアフターフォローをしているか確認しておくことが大切!

万が一コーティングにキズや剥離ができたとき、やはり安心なのは、その業者にすぐ相談ができて、アフターフォローでキレイに直してもらえること。保証年数内であれば、補修工事に対応してくれる業者もあるのでまず相談してみましょう。

現在の「フロアコーティング」は、硬度や耐久性が上がっているうえ、20年保証のように長期間のアフタ-フォローが付いているのが主流です。
長期保証こそが、フロアコートプロに依頼する最大のメリットかと言って良いでしょう。

剥離などが起こったとき、見様見真似で補修をしても、逆にうまくいかず、剥離以上に見栄えが悪くなってしまうことも大いにありますからね。
苦労したうえで、そういう状態になってしまっては本当にがっかりですよね。
「フロアコーティング」の特徴やアフターフォローがどうなっているか、ということをまずチェックしておきましょう。

自力で直すより、商品選びや長期保証ポイント!

「フロアコーティング」の剥離やキズについてチェックしてきましたが、床材の種類や暮らし方によっては、剥離やキズができる可能性があるということが分かりました。施工する前に、業者に見積もりの金額だけでなく、「剥離することはあるか、キズが付くことはあるか」、「アフターフォローはどうなっているか」ということもしっかりとチェックしておくのがポイントですね。じっくりと比較検討することをおススメします。

● コーティングの種類別、補修方法

種類剥離の補修自分での対処法
UVコーティング部分保証が可能で、小さければ短時間で可能。不可。機器が必要なので業者へ依頼しましょう
ガラスコーティング部分保証が可能で、小さければ短時間で可能。溶剤(グラスベール6畳で9800円)があれば可能だが、きれいにコーティングするなら業者へ依頼しましょう。
シリコンコーティング重ね塗り。不可。業者へ依頼しましょう
ウレタンコーティングハードコーティングは剥離不可能。不可。業者へ依頼しましょう

 

業者によっては、保証範囲内なら費用はかからず無料で対応してくれることもあるので、まずは業者にアフターフォローがあるか聞いてみましょう。

施工後に起きる問題

ナビクン
施工後にトラブルって起きるのかな?
ナビサン
稀に起こることもあります!

フロアコーティング は信頼できる専門業者を選ぶことが一番大切ですよね。

時間がなく適当なところを選ぶと施工後に問題が起きてしまうこともあります。

ここでは施工後のトラブルについてご紹介します。

塗膜の剥がれ

「塗膜の剥がれ」は、厚く硬いフロアコーテイングですが、いつの間にか自然に剥がれてしまうような状態です。

フローリング の塗料と床材の密着不良が原因。施工後に数年たってから不具合が見つかることもあります。

対処法としては、フロアコーティングをする前の状態に戻す場合もあります。床の表面を傷めるリスクがあり綺麗に剥がすのは非常に困難です。保証範囲内であれば、再施工や補修してもらえる場合もあるので業者へ相談してみましょう。

白華(はっか)

「白華(はっか)」は、フロアコーティング の塗膜が白くなった状態。一部分だけの場合もありますが全面的に出ることもあります。

原因は、フローリング 剤がしっかり乾いてないと白華が起こります。水分量の要因とも言われていますがはっきりはしていません。

補修法は白華部分の塗膜を削り、薄い樹脂やワックスを使って塗り直します。

黄変(おうへん)

「黄変(おうへん)」とは、フロアコーティング の塗膜が黄色っぽくなった状態です。一部分に出ることが多い。

フローリング 剤の性質によって、経年劣化で変色することがあります。白っぽい床材だと黄変が起こり目立ちやすいです。

対処法としては黄変部分を削り再塗装して復元するか、樹脂塗装して補修しますが業者により施工方法が違います。

床鳴り

フロアコーティングをすると床鳴りするということがありますが、コーティングで床鳴りをしている訳ではありません。フローリング は水分を含むと膨らみ乾燥すると収縮するので、膨張しやすい梅雨時期は床鳴りすることがあります。フロアコーティング をすると湿気が防げる分、床鳴り現象を起こりにくくします。音に敏感な方にもコーティングはおすすめです。

フロアコーティングの補修【まとめ】

フロアコーティングをすればしばらく床は安心ですが、強い皮膜がゆえにミスがあると剥離することや補修することが困難です。剥がれは保証の対象ということが多いですが、一度は相談してみましょう。

  • 【コーティングは剥がれる】→強い被膜がゆえに剥離することがある
  • 【原因は塗料の厚塗り】→厚く塗りすぎると密着度が下がる
  • 【剥がれは施工不良】→密着不良を押さないのがプロの仕事
  • 【保証のある業者】→剥がれは補償の対象です(20年保証等)
  • 【傷のリペア】→フロアコートは部分補修ができます

▼種類の特徴を知ろう!▼

   
※それぞれの価格や特徴を紹介しています。

▼商品や業者の選び方をチェックしましょう!▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました