その他お家を守るコーティングを紹介

その他最適化されたコーティングを紹介

 

 

床にはフロアコーティングだけど、その他にコーティングってあるのかな?


 

あるよ。壁にするコーティングや、水周りのコーティング、白木のコーティングなどあるよ。


 

フローリングを汚れやキズから守る「フロアコーティング」はもはやスタンダードになりつつありますが、
その他のところにも同様のプロテクトが可能なコーティングというものが存在しています。

 

ここではフロアコーティング以外のところで施工するとよい、さまざまなコーティングをご紹介しましょう。

 

目次情報
1. 白木コーティング
 1-1. 用途・場所
 1-2. 効果
 1-3. 価格
 1-4. 耐久性

 

2. 石材コーティング
 2-1. 用途・場所
 2-2. 効果
 2-3. 価格
 2-4. 耐久性

 

3. 防汚コーティング
 3-1. 用途・場所
 3-2. 効果
 3-3. 価格
 3-4. 耐久性

 

4. クロスコーティング
 4-1. 用途・場所
 4-2. 効果
 4-3. 価格
 4-4. 耐久性

 

5. 防カビコーティング
 5-1. 用途・場所
 5-2. 効果
 5-3. 価格
 5-4. 耐久性

 

6. 窓ガラスフィルム
 6-1. 用途・場所
 6-2. 効果
 6-3. 価格
 6-4. 耐久性

 

7. 光触媒
 7-1. 用途・場所
 7-2. 効果
 7-3. 価格
 7-4. 耐久性

 

8. 無光触媒
 8-1. 用途・場所
 8-2. 効果
 8-3. 価格
 8-4. 耐久性

白木コーティング

 

まずは日本建築によく用いられる「白木」に施工する「白木コーティング」をご紹介します。

 

 

用途・場所

 

美しい日本家屋の部屋は、やはり日本人ならほっとしますよね。

 

フローリングの洋室が今やメインになっている感があるものの、それでも家のどこか一部に畳の部屋を備えることが多いもの。

 

さらに最近は建材にこだわる方も多く、畳の部屋の柱は国産の木材の「白木」を、と考える方も。

 

ただしこのような「白木」の場合はほとんど手を入れず自然のままの状態で使われていることが多いため、

 

生活しているうちに汚れがついてしまい、風合いを損ねてしまうこともあります。

 

こういった場所に最適なのが「白木コーティング」です。

 

和室の白木を使っている部分全般に施工することが可能です。

 

効果

 

「白木コーティング」を施工しておくと、白木独特の美しさやニュアンスはそのままに、
窓から差し込む紫外線による日焼けや変色なども防げます。

 

「白木コーティング」は無色透明なごく薄い皮膜を形成するため、

 

普段のお手入れも水をつけかたく絞った布で「水ぶき」するだけでOK。

 

「白木」は結露など湿気にも弱い面をもっていますが、

「白木コーティング」によって耐水性、防カビや抗菌効果が生まれるため、バクテリアやカビ、菌なども寄せ付けず、清潔な状態を保つことができます。

 

価格

次に「白木コーティング」のお値段の目安を確認しておきましょう。

 

【一例・A社の場合】

マンション(六畳一室分) 25,000円
一戸建て (六畳一室分) 35,000円

 

白木部分だけの施工ということですので、コスト的にもそれほど気にならないレベルに感じられますね。この価格でずっと美しい白木が保てるならコスパも良いのではないでしょうか。

 

耐久性

 

「白木コーティング」は業者にもよりますが、施工するとその効果はおおよそ5年以上というものが多く、ハイレベルなものなら15年~20年ほどの耐久性が保たれるものもあるようです。

 

値段とともにその耐久性も比較して選ぶとよいでしょう。

 

石材コーティング

 

最近ではエントランスや玄関、またキッチン周りなどに御影石などといったこだわりの「石材」を用いた家屋も見られますが、こういった天然石に浸透性のあるシリコン剤を施工するのが「石材コーティング」です。

 

用途・場所

 

天然石にコーティングする「石材コーティング」は天然の大理石や御影石といった石材を用いたキッチンや廊下、玄関やエントランスなどに施工することができます。

 

業者によっては天然大理石専用、御影石専用の特殊コーティングを施しているところもあるとか。

 

浸透性シリコン剤を天然石に塗っていくのですが、天然石のニュアンスは変えずに汚れを防ぐことが可能になります。

 

その効果からホテルなオフィスのロビーやエントランスなどでもよく施工されているようです。

 

テラコッタやレンガなど特殊多孔質石材にも施工が可能です。

 

 

効果

 

天然石に「石材コーティング」で浸透性シリコンを施工すると、

 

風合いを変えず「撥水性」を備えることができます。

 

これによって水分やそのほかの汚れから守ることができます。

 

石材は経年によって劣化したり風化、またエフロ(白華)が起きることがありますが、こういったことを防ぐだけでなく、目地部分にカビが生えるといったものも防げるようになります。

 

天然石はそのままですと吸水してしまい、冬季に内部の水分が凍結しクラック(ひび割れ)が起きるリスクもあります。

 

「石材コーティング」を施すと撥水してくれるため、こういったリスクも軽減できます。

 

価格

 

業者にもよりますが、「石材コーティング」を施工するコストの一例は以下のような感じになっています。

 

【一例:B社の場合】

玄関の土間(土足)部分 15,000円 ~
キッチンの天板  7,000円 ~

 

業者や施工するものによってコストに差はあるものの、このくらいの価格なら、新築の家の天然石をコーティングしておけば長く美しさが保ててよいかもしれませんね。

 

耐久性

 

「石材コーティング」は一度施工するとそう簡単にははがれないと言われています。防汚性や耐水性などの効果はおおよそ10年ほどは軽く持つようですね。

 

防汚コーティング

 

家の中は気を付けてお手入れしていても、汚れが知らないうちに付着してしまうもの。

 

一度染みついてしまった汚れは取れない場合もありますから、そうなる前に何とかしておけるほうがいいですよね。

 

そういった心配をなくしてくれるのが「防汚コーティング」です。

 

 

用途・場所

 

「防汚コーティング」は気になる場所にフッ素などでコーティングをすることによって、日常生活のなかで発生する汚れから家を守る、というもの。

 

施工できる場所は多岐にわたります。

 

キッチン コンロ周りや天板・レンジフード周りの表面部分・パネル・タイル・カランや蛇口周り・スイッチ
浴室  壁面や浴槽・カランや蛇口周り・照明周りや天板・扉周り・シャワーヘッド・トレイ
洗面台  天板やボウル部分・ユニットの本体部分・照明
トイレ タンク周り・便器周り・金具部分・手洗いのボウル部分

 

効果

 

「防汚コーティング」を施工しておくことで、日常でついてしまいがちな汚れがつかず、掃除やお手入れが格段に楽になります。

 

以下のような効果が期待できます。

 

  • 防汚効果…微細で高分子なフッ素でコーティングすることで凹凸に汚れが入らずシミも防ぐ
  •  

  • 撥水効果…撥水効果が生まれ、水がしみて汚れやシミ、水垢がつくのも防いでくれる
  •  

  • 抗菌効果…コーティングにより微生物や菌が入るのも防げ、清潔に保てる

 

価格

 

商品や業者によって差が出ることがありますが、価格の一例をチェックしておきましょう。

 

【一例:C社の場合】

バスルーム 55,000円~
トイレ 34,000円~
洗面所 23,000円~

 

バスやトイレといった部分は毎日のお掃除がけっこう大変なもの。
施工すればキレイが続くとなれば、最初にこのくらいのコストをかけておいてもいいかもしれませんね。

 

耐久性

 

耐久性についても施工するものによって差が出ることがあるようですが、

 

一般的なもので3年~5年ほどは防汚効果が持続するようですね。

 

特に汚れやすい水回りなどには施工しておくとよいかもしれません。

 

クロスコーティング

 

 

壁紙、クロスの壁はものによりますが、シミや汚れが付きやすいものです。

 

また部屋の間取りや向きによっては結露して「カビ」が出てしまうことも。

 

そういったリスクを軽減できるのが「クロスコーティング」です。

 

用途・場所

 

クロスの汚れは普通に生活しているだけでも思いのほか多く、オーディオ周りや家具の後ろなども気が付くと取れない汚れが付着していて困ってしまうことも。

 

「クロスコーティング」を施工しておくとフッ素の薄い塗膜でクロスを覆うことで汚れにくくなり、

 

クロスの張替え時期を遅らせることができ、結果的にコストダウンにつながるケースも多いようです。

 

施工する場所としてはクロス貼りのところならどこでも、といった感じで、キッチン周りや洗面所のクロス部分といったところもおススメです。

 

また先ほど触れたようなオーディオ機器やテレビのような家電製品が近くにある静電気を帯びるところも有効です。

 

効果

 

「クロスコーティング」を施工しておくと、さまざまな汚れやリスクが軽減できます。

  • スイッチ周りにつきがちな手あか
  •  

  • 日常生活のなかで知らず知らずついてしまうシミ
  •  

  • タバコによるヤニの黄ばみ
  •  

  • オーディオやテレビ付近の静電気によるホコリや黒ずみ
  •  

  • キッチン周りの脂汚れ
  •  

  • 紫外線による日焼けや黄ばみの防止

 

こういった汚れが付きにくくなることから、日常での部屋のお手入れが格段に楽になります。

 

普段のお手入れとしては水を含ませて硬く絞った布などでふき取るだけでOKとかなり負担軽減になります。

 

価格

 

次に「クロスコーティング」の施工にかかるコストについて確認してみましょう。

 

【一例:D社の場合】

リビング(20畳まで)・キッチン・廊下セット  100,000円~
洋室・和室(7畳まで) 32,000円~
トイレ・脱衣所 各 12,600円~
※追加 1畳ごとに 3,150円

 

クロス全体ということですので、施工する面積はかなり広範囲になるものの、さほど高額ではないようですね。

 

新築の物件の場合などは施工しておくとよいかもしれません。

 

耐久性

 

「クロスコーティング」の耐久性についてもチェックしておきましょう。

 

一度施工すれば商品による差があるものの、5~7年ほどは防汚効果が続くようです。

 

また業者によっては「5年保証」といった保証を付けているところもありますので、そういったところを選ぶほうが安心かもしれませんね。

 

防カビコーティング

 

家は思わぬところに湿気がたまったり結露が生じて「カビ」が発生することがあります。

 

ここではそんなカビを防いでくれる「防カビコーティング」について見ていきましょう。

 

 

用途・場所

 

窓際だけでなく北側の壁なども実は湿気がたまりやすく、壁そのものが結露するケースがあります。

 

家にカビが生えてしまうと、見た目が悪くなってしまうだけでなく、健康被害も生じる場合が多いもの。

 

「防カビコーティング」を施工しておくと、家に関わる多くの菌やカビから守ることができます。

 

一般的に浸透性のある有機成分を含んでいないコーティング剤が使われることが多いため、

 

長い間カビの発生を抑え、さらには感染症といったものも予防することにつながります。

 

場所としては湿気が気になるところが適しています。

 

  • 押入れの中
  • 玄関周りや靴箱の中
  • 収納スペースやクローゼット
  • キッチンやバス、洗面所など水回りも

 

効果

 

「防カビコーティング」のメカニズムはこのようになっています。

 

特殊な抗菌材をカビの発生が気になるところに施工することで、抗菌塗膜が形成されます。

 

それによってカビの胞子が防カビコーティングを施工した場所に付着したとしても、

 

菌糸が伸びてきてもそこにとどまることができず、結果的に増殖ができず、カビが生えない、ということなんだとか。

 

カビの胞子はどの家でも存在するものですが、「防カビコーティング」を施工しておけば増えなくて済むということなんですね。

 

また「防カビコーティング」を施しておくと「撥水性」「防汚性」も得られるため日常生活でつきがちな汚れも防げるそうです。

 

価格

 

カビを増やさないためにとっても効果的な「防カビコーティング」ですが、どの程度のコストがかかるのでしょうか。
ここで一例を見ておきましょう。

 

【一例:E社の場合】

物入れ・収納・押入れ・天袋・下駄箱など 各 一か所につき 12,600円

 

「防カビコーティング」を希望する場所は部屋の中でも入り組んだ場所が多いもの。

 

スペースとしては広くありませんが、細かい作業が必要になるので、ある程度のコストは仕方がない感じかもしれません。

 

とはいえこの程度でカビが防げるなら毎日のお手入れが省けていいのではないでしょうか。

 

耐久性

 

「防カビコーティング」は一度施工したらどの程度効果が持続するのでしょうか。

 

ものにもよりますがおおよそ5年程度は効果が持続するものが多いようです。

 

お手入れが大変なところやカビが生えやすいところは、コストをかけても施工しておくとよいかもしれませんね。

 

窓ガラスフィルム

 

最近はエコの観点から窓から差し込む紫外線を防いだり二重窓にするといったことが一般的になっていますが、

 

窓ガラスに施工することでUVカットなどができるのが「窓ガラスフィルム」です。

 

この施工について見てみましょう。

 

 

用途・場所

 

一般的な窓ガラスであればほとんどのところに施工が可能です。

 

DIYなどで取り付ける方もいらっしゃいますが、専門の熟練した職人に任せた方が安心できますし、仕上がりも耐久性も差がつくもの。

 

国産有名メーカーのフィルムは信頼性も高く、専門の業者に選んでもらい施工してもらうのがおススメです。

 

効果

 

「窓ガラスフィルム」を施工すると以下のようなメリット、効果が得られます。

 

  • UVカット効果… 紫外線が外部から入り込むのを防ぎ、フローリングや家財が日焼け、劣化するのを防ぐ
  •  

  • 断熱効果…フィルムの種類にもよるが、外部と内部の熱を遮断しエコにもなるものも
  •  

  • 防犯効果…フィルムを施工するとガラスが割れにくくなるため、防犯効果も期待できる

 

そのままの窓ですと、日当たりがよい部屋は外部からの紫外線や外気の影響を受けやすく、夏暑く冬は寒い部屋になりがち。

 

「窓ガラスフィルム」の特色や効果を知り、自身の家に必要な性能があるものを選ぶとよいでしょう。

 

価格

 

では次に「窓ガラスフィルム」を施工するコストについても確認しておきましょう。

 

【一例:F社】

住友3Mピュアリフレ(高性能断熱UV) 12,000円(1㎡につき)
住友NANOシリーズ(紫外線・赤外線カット) 14,000円(1㎡につき)
住友3Mスーパーレイヤー(防犯・UVカット) 16,000円(1㎡につき)

 

窓ガラスフィルムはいったん施工してしまえばあとは特にお手入れなどもこれまでと変わらないものですので、入居前に進めておくといいかもしれません。

 

耐久性

 

「窓ガラスフィルム」は国産の有名メーカーのものはかなり耐久性が高く信頼されているようです。

 

部屋の状況にもよりますが、一般的には一度施工してしまえば10年~15年ほどの耐久性はあるとされています。

 

さらに状況によっては20年、30年経っても特に遜色がないというケースもあるんだとか。

 

そうなるとコスパ的にはかなりお値打ちと言えるかもしれませんね。

 

光触媒コーティング

 

次に「光触媒コーティング」というものをチェックしてみました。

 

「光触媒コーティング」とは環境浄化材料というものを用いて蛍光灯や紫外線などの光が当たると強い酸化力が生み出され、そこに接触する雑菌や有機化合物を取り除けるものだそうです。

 

用途・場所

 

光が当たることで汚れや雑菌が除去されるということから、外壁などに使われることが多いようです。

 

業者によって扱いが違うものの、他にも宅内のトイレやお風呂、水回り全般や、天井や床、壁など室内全般にも施工することが可能なようです。

 

効果

 

「光触媒コーティング」には以下のような効果が期待できます。

  • 脱臭効果…アンモニアやアセトアルデヒド、硫化水素といった悪臭を分解する
  •  

  • 大気浄化…ホルムアルデヒドなど大気中の有機物質を取り除く
  •  

  • 防汚効果…日常的なホコリや汚れが付きにくくなる
  •  

  • 抗菌効果…抗菌にすぐれていることよりクリーンな環境をキープする
  •  

  • 浄水効果…トリクロロエチレン、テトラクロロエチレンなど水中に溶けた汚染物質など揮発性有塩解を取り除く

 

さまざまな効果が期待できるものなんですね。
健康的に暮らしやすい家にするには、よいコーティングと言えそうです。

 

価格

 

では次に「光触媒コーティング」のコストについても確認してみましょう。

 

【一例:H社の場合】

六畳の部屋(天井、壁、床) 100,000円
2LDK各部屋(50㎡まで) 125,000円
トイレ  35,000円
外壁   300㎡まで 3,500円(1㎡につき) 300㎡以上 2,500円(1㎡につき)

 

シックハウスやアトピーなどアレルギーのあるご家族がいらっしゃる場合などは施工しておくとよいかもしれませんね。

 

耐久性

 

施工業者や施工の内容によっても差があるものですが、一般的には5年以上の耐久性を確認しているというデータがあります。

 

これを目安に業者を選んでみるとよいかもしれません。

 

無光触媒コーティング

 

光触媒に対して、光も必要とせず同様のような効果が期待できるのが「無光触媒コーティング」というものです。

 

ここではこの「無光触媒コーティング」についてチェックしてみました。

 

 

用途・場所

 

「無光触媒リン酸チタニア」という完全無機質な原料を主に使った溶剤を使い、

 

専用の噴霧器を使い家の壁や宅内などさまざまなところにコーティングできるのが「無光触媒コーティング」。

 

家の内部から外壁まで施工が可能となっているようですので、自身がどこに施工したいか考えて業者を選ぶとよいかもしれません。

 

効果

 

独自の化学反応によって気になるニオイや菌、有害物質や汚れを分解するといいます。

 

光触媒と違い、光があってもなくてもそれに関わらず24時間ずっと活性化し、効果を発揮するのが大きなメリットと言えます。

 

また帯電を防ぐ効果もあるそうで、これによって汚れもつきにくくなるんだとか。

 

タバコやごみのにおい、ペットのにおいなど生活臭で悩んでいる方やアレルギー体質のかたがいる家におススメです。

 

また「無光触媒コーティング」にはさらに防カビや防汚機能をプラスしたものもあるようです。

 

価格

 

とても魅力的な「無光触媒コーティング」ですが気になるのはコストではないでしょうか。

 

次にコストについて一例を見てみましょう。

 

【一例:I社の場合】

リビング  60,000円
トイレ 25,000円
3LDK全室  162,600円

 

ペットがいるとかアレルギー体質、タバコを吸う方がいらっしゃるご家庭は入居する際に施工しておくとよいかもしれませんね。

 

コスト的にもそこまで高額な印象ではない感じです。

 

耐久性

 

「無光触媒コーティング」は「光触媒コーティング」よりもさらに耐久性は高いと言われています。

 

耐久性についての情報はあまり多くありませんが、ここから考えると5年~10年ほどは耐久性があると考えてよいのかもしれません。

 

業者によっても差があるものですので、検討する際には耐久性についても質問するとよいでしょう。