フローリングの傷予防には傷防止シートの実際の能力

シート・マット
一括見積もりでお得な会社を探そう!!
ナビクン
ナビクン
フローリングをキレイに長く保つ方法って何かなぁ?
ナビサン
ナビサン
フローリングを長くキレイに保つグッズを紹介していくね。

生活していると、いつの間にかフローリングに傷がついてしまっていますよね。

傷を防ぐためには家具を入れる段階で、対策しておくことが重要です。
特に傷がつきやすいところをチェックし、保護シートを設置しておくとかなり防げます。

ここでは役に立つ床保護の方法や、揃えておくとよいものを紹介しています。

日常でフローリングがキズつくのは当然、なら…

フローリングの家に住むようになったのに、キズが気になってしまうのは、ぴかぴかだったフローリングがだんだんと劣化していくことで、家全体のイメージが下がることですよね。
逆に中古物件だと、そういう日常的なキズなども、そこまで気にならなかったのかもしれません。
しかしそれはフローリングのキズは気になるものです。
気をつけていても傷が付いてしまうのは仕方がないことですが、できる対策はしたいですよね。
ただしキズがつきやすい、汚れやすいところを、あらかじめカバーするようなグッズを使っておくと、ちゃんとキレイな状態を保てるものです。

Amazon商品ページへ>>

フローリングの保護・傷対策

ナビサン
ナビサン
フローリングの劣化を少しでも防ぐため、対策を紹介します。

ぴかぴかでキズひとつないフローリングを、キズがつかないように、水滴や油などで劣化させないようにするには、やはり何らかの手立てを講じておく必要があると思います!
考えられるのは以下のようなもの。

  • フローリングへ定期的にワックスをかける
  • 本格的なフロアコーティングを施す
  • フローリングと家具の間に摩擦を軽減するシートを敷く
  • 遮光性のカーテンで、紫外線を防ぐ(劣化防止)
  • フローリングそのものの上に敷く「フローリング保護シート」で保護する

ここに挙げたものの中で比較的コストや手間をかけずに使えるグッズは、「カーテン」「摩擦軽減グッズ」そして「フローリング保護シート」。
紫外線は意外に認識されていませんけど、当たっているだけで、フローリングの色合いが変わり、含まれているべき水分が飛んでしまい、乾燥して表面がささくれだってきます。
西日が当たる部屋なんかはこういったタイプのカーテンを利用したほうがいいですね。
椅子など家具を頻繁に動かすところは、どうしてもその摩擦でフローリングはキズだらけになるので、そういうところも、摩擦を軽減するようなグッズを椅子の足なんかに使うと多少軽減できそうです。

お金がない人必見!コスパが高いフローリング保護シート!

ナビクン
ナビクン
フローリング保護シートは、低価格でおススメです。

ダイニング周りのように椅子などの家具を動かすとかではなく、例えばキッチンの水周りだとか、お子さんがはいはいで動き回ってしまうところは、さまざまな大きさが出ている「フローリング保護シート」を使うといい感じです。
「フローリング保護シート」には、フローリングと同じようなデザインで目立たない感じのものや、逆に透明でフローリングがそのまま生きた感じになるものなどいろいろ出ています。
「フローリング保護シート」は敷いておくと、水や油がこぼれても、ふき取りが楽ですし、またフローリングにしみこむのを防いでくれますので、かなり劣化を効果的に防げます。
大きさも、キッチン周り用のコンパクトなものから、大きめのものまでさまざまで回っているみたいなので、用途に合わせてチョイスするといい感じです。
また「フローリング保護シート」のよいポイントは、何と言ってもコストがかからないことですね。
自分が保護したい場所の分だけを購入すればいいので、コストがそれほどかかりません。
「フローリング保護シート」そのものの耐久性についてしっかりチェックしておけば、それそのものが劣化したとき買い換えるだけなので、お金がない!という人にはぴったりだと思います。

おすすめの使用箇所

  • 冷蔵庫
  • 食器棚
  • 椅子(キャスター付きは2枚重ね推奨)
  • ソファー
  • 食卓

家具の下に敷くことで、安価でてがるに、何より確実にフローリングを傷から守れます。
冷蔵庫は水気が出ることもあるため、ビニール製の保護シートがおすすめです。
100円均一等で売っているジョイントマットは水分を吸い込みかびてしまうので注意してください。
また、パイプベッドや足つきのテーブルには、保護フィルムよりも、「家具用の脚のキズ防止クッション」を利用した方が見栄えも良くおすすめです。

フローリング傷防止シートを使ってみた感想

私はキズ予防の目的はキャスター付きのイスを置く事でした。
実際の効果のほどは1枚ではフローリングがへこんでしまったのです。
そのため2枚重ねにすることで、完全に傷を防気ました。
キズ予防シートのデメリットとして、ゴミがシートと床の間にたまることです。
気が付くと髪の毛や小さなゴミがシートの下に入り込んでしまうのです。
シートが透明でそれが目立つという事と、静電気を帯びているためとりにくい。
キズを予防するという意味では合格点ですが、見た目はあまりよいとは言えませんね。
とはいえ、キャスター付きの椅子を使うならば「キズ予防シート」または「フローリングマット」を使用すると確実に傷は防げます。

フローリング全体を保護したい時

部分的ではなくフローリング全体を保護したい場合は「フロアコーティング」するのが効果的です。広範囲にフローリングを保護できるのもメリットです。
一般的なWAXはツヤ・光沢は出すことはできますが、「傷の予防」という観点では役不足ですね。

フローリングの傷予防【まとめ】

日々暮らしていると、フローリング にも生活傷がついてしましますよね。

重い家具や、よく移動する椅子の下には保護シートを敷いておくと傷は防げます。また、日焼けで床の劣化はすすむので、光が入る場所には日焼け防止対策をしておきましょう。

ワックスをマメに掛けることでも床を保護できます。フロアコーティング すると劣化の進みを遅らせ、きれいな状態を維持できます。

グッズで保護対策!

    • 【フローリングの保護対策1】→重いもの(椅子やテーブルなど)の下に保護シートを敷く。
    • 【フローリングの保護対策2】→家具用の脚にキズ防止クッション。
    • 【フローリングの保護対策3】→カーテンやブラインドでUVカットし日焼けから守る。

全体的に保護対策!

  • 【フローリングの保護対策4】→定期的にワックスを掛ける。
  • 【フローリングの保護対策5】→長期ノンメンテナンスフリーのフロアコーティングをする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました