傷防止シート

きれいを長く保つためには!?

 

 

フローリングをキレイを長く保つ方法って何かなぁ?


 

キレイを保つグッズを紹介していくね。


 

せっかくマイホームを手に入れたなら、ぴかぴかを保ちたいですよね!ここは賢く「グッズ」を使うのもひとつの手立てなんです。
ここではきれいを保つ方法を紹介していきます!

 

 

日常でフローリングがキズつくのは当然、なら…

 

新築のマイホームに住むようになったのに、新築だからこそ気になってしまうのは、ぴかぴかだった家がだんだんと劣化していくことですよね。
逆に中古物件だと、そういう日常的なキズなども、そこまで気にならなかったのかもしれません。
でもそれは新築でキズがまったくついてない状態だったから、ちょっとでもキズがついたら、特に目だってしまう、ということなんですよね。
そしてどんなに気をつけていても、いろんな部分が傷んできてしまうのは、仕方がないことだってこと。
ただしキズがつきやすい、汚れやすいところを、事前に察知して、あらかじめカバーするようなグッズを使っておくと、意外とキレイなままで保てる場合もあるみたいです。

フローリングの劣化を防ぐ対策

 

 

フローリングの劣化を少しでも防ぐため、対策を紹介していきます!


ぴかぴかでキズひとつないフローリングを、キズがつかないように、水滴や油などで劣化させないようにするには、やっぱり何らかの手立てを講じておく必要があると思います!
考えられるのは以下のようなもの。

 

  • 数ヶ月ごとのフローリング用のワックスで、マメに保護しておく
  • 本格的なコーティングを施して、フローリングを保護しておく
  • 家具が擦れないように、フローリングとの間に摩擦を軽減するようなグッズを使う
  • 紫外線での劣化を防ぐため、日差しが差し込まないように遮光性のカーテンを使う
  • フローリングそのものの上に敷く「フローリング保護シート」で保護する

 

おおよそざっくり挙げただけでも、このくらいのやり方が出てきました。
ここに挙げたものの中で、比較的コストや手間をかけずに使えるグッズは、「カーテン」「摩擦軽減グッズ」そして「フローリング保護シート」。
紫外線は意外と認識されていませんけど、当たっているだけで、フローリングの色合いを変えてしまったり、含まれているべき水分が飛んでしまい、乾燥して表面がささくれだってくることもあるみたい。
なので、西日が当たる部屋なんかはこういったタイプのカーテンを利用したほうがいいですね。
椅子など家具を頻繁に動かすところは、どうしてもその摩擦でフローリングはキズだらけになるので、そういうところも、摩擦を軽減するようなグッズを椅子の足なんかに使うと多少軽減できそうです。

お金がない人必見!意外と便利でコスパが高いのが、フローリング保護シート!

 

 

フローリング保護シート低価格でおススメです。


 

ダイニング周りのように椅子などの家具を動かすとかではなく、例えばキッチンの水周りだとか、お子さんがはいはいで動き回ってしまうところは、さまざまな大きさが出ている「フローリング保護シート」を使うといい感じです。

 

「フローリング保護シート」には、フローリングと同じようなデザインで目立たない感じのものや、逆に透明でしたのフローリングがそのまま生きた感じになるものなどいろいろ出ています。
「フローリング保護シート」は敷いておくと、水や油がこぼれても、ふき取りが楽ですし、またフローリングにしみこむのを防いでくれますので、かなり劣化を効果的に防ぐことができるんですね。
大きさも、キッチン周り用のコンパクトなものから、大きめのものまでさまざまで回っているみたいなので、用途に合わせてチョイスするといい感じです。

 

また「フローリング保護シート」のよいポイントは、何と言ってもコストがかからないことですね。
自分が保護したい場所の分だけを購入すればいいので、コストがそれほどかからないです。
「フローリング保護シート」そのものの耐久性についてしっかりチェックしておけば、それそのものが劣化したとき買い換えるだけなので、お金がない!という人にはぴったりだと思います。

▼フロアコーティングの種類と特徴を知ろう!▼


おすすめは【UV】

UVコート ガラスコート シリコンコート ウレタンコート


▼フロアコーティングの選び方をチェックしましょう!▼



18万円安くなった→ 我が家のフロアコーティング施工体験談はこちら