フロアコーティング 猫

猫と生活する為にフロアコーティングをよく知ろう!

 

 

フロアコーティングは猫ちゃんにとってどうなんだろう?


 

おしっこや嘔吐などがシミにならないメリットがあります


 

最近ではペットの「完全室内飼い」の家がほとんどですね。

 

猫さんが、どうしてもフローリングを汚してしまうものです。
汚れやシミ対策に効果的な「フローリング」と「コーティング」について解説します!

床を保護するフロアコーティング

 

 

猫ちゃんが快適に暮らせるコーティングは、
「ガラスコーティング」と「UVコーティング」です!


 

猫ちゃんとの暮らすときの問題点に家の汚れ・キズや臭いがあります。

 

その原因は

  • おしっこや嘔吐
  • 餌の食べこぼし汚れ

などがあります。

 

フロアコートは、ネコによるフローリングの「キズ・臭い」問題を和らげることが出来ます。

 

猫との生活はフローリングを傷つけてしまう

 

かわいい猫ですが、どうしても家の汚れや臭いが気になってしまいす。
特に、フローリングは傷つきやすく、艶が無くなりシミになってしまう事もあります。

 

猫がフローリングを傷める原因は?

 

  • 食事の汚れ…猫ちゃんが水やご飯をこぼしたりする
  •  

  • おしっこや嘔吐によるシミ汚れ
  •  

  • 玄関・廊下…外に出る猫は足に泥が付く

 

 

おしっこは酸性ですからワックスだけでは防ぎきれず、シミの原因になります。

 

フロアコーティングは、撥水効果や耐酸性であるため、傷・シミ対策に効果的です。

 

表面に硬い皮膜でおおわれるので、キズにも強く汚れがふき取りやすくなります。

 

 

ネコさんの床トラブル【体験談】

 

おしっこあとがシミになってしまった

 

我が家には猫が2匹いるのですが、テリトリー意識のためか時々床に尿をしてしまいます。
発見するのが遅く、シミになってしまいました。(東京都 40代女性)

 

嘔吐後がシミになってしまった

 

うちの猫は時々食べたものを戻すことが有ります。
その嘔吐の跡がしみ込んでしまったことが有ります。(東京都 30代女性)

 

 

 

ネコによるフローリングにシミが対策

 

猫が粗相をしたり、吐いたりすると、普通のフローリングではシミが出来てしまいます。
気が付かずにいると中々取れません。
尿は酸性のためワックスでは防ぎきれず、時間とともに染み込んでしまうのです…。

 

そこでシミ対策に「フロアコーティング」をしようと思いました。

 

表面がコーティングされるので、猫の汚れがしみこむことなく簡単にふき取れます。
コーティングの種類を選ぶ時、「猫にとって快適なコーティング」であることを気を付けました。
結果的に施工したのは「UVコート」で、今ではフローリングはピカピカのままです。

猫の為のフロアコーティング

 

 

フロアコーティングは、猫ちゃんにとっても安全です


 

傷から床を守るためだけでなく、猫さんの事も考えたフロアコーティングについて紹介します。
フロアコーティングは猫さんにとって良いものなか知っておく必要があります。

 

今まではワックスを掛けていた

 

フロアコーティングをする前には3か月に1度のペースでWAXをかけていました。
このWAXはかんっぜんに定着することは無く徐々に取れてしまいます。

 

ただ塗っただけの上を猫が素足で歩くのは仕方がないのですが、その足(特に肉球)をぺろぺろ舐めているのが気になってしたのです。
とはいっても猫は外でもトイレでも履物をはきませんし、その足を舐めるのでそれほど影響はないとは思います。

 

それでも、科学物質が付着してそれを舐めてしまうのは気になっていました。

 

厳密に言うと、猫を飼っている家はWAX掛けは良くありません。

 

科学物質は体内に少しずつ蓄積されるので、最悪アレルギーを起こしてしまう事があります。もし使用するならば、猫さんが舐めても大丈夫な製品を使う方のが良いかもしれませんね。

 

●WAXの成分

品名 床用ワックス
種類 水性(樹脂系)
成分 合成樹脂(アクリル樹脂)、水

 

フロアコーティングをしてみて

 

●フロアコーティングにして良かったこと

 

  • 猫にも安心(コーティングの成分は簡単に剥がれないため)
  • 汚れが落ちやすくなり、日々の掃除が楽になった
  • おしっこがしみ込まなくなくなった
  • 傷がつきにい

 

フロアコーティングにしてみて良かったことは猫さんへの影響がなくなった事ですね。

 

 

もちろんフローリングの保護もできますが、表面が高質化していますので、溶け出て猫についてしまう事もないです。

 

些細なことかもしれませんが猫さんの環境は良くなってくれたと感じますね。 フロアコーティングの方が安全性が高く安心して暮らすことができます。

 

猫さんの家におすすめのフロアコーティング

 

 

猫との暮らし、やっぱりこの2つかな。


 

ワックスよりは安全性が高いし、飼い主にもメリットがあるよね。


 

猫との暮らしに、おすすめフロアコートです。

 

 

ガラスコーティング 走り回るので、滑りにくい。けがを避けられる。
UVコーティング 粗相や嘔吐があっても、掃除が簡単。塗膜が丈夫。

 

フローリングはワックスを掛けをしないと気になりますよね。
でも、猫はWAX成分をなめてしまうこともあるので、もし健康被害があったら大変です。

 

そういうことも考慮すると、やはり安全性が実証された素材のフロアコーティングがいいでしょう。

猫さんとコーテンングまとめ

 

 

猫ちゃんとの生活は、床にも猫ちゃんにもフロアコーティングすると快適だよ。


 

猫さんとフロアコーティングの関係はそれ程猫さんには大きな影響はないですが、トータルでは良い面が多くあります。

 

何よりWAXかけをしなくてもフローリングか綺麗に保て、さらに家がキレイでいられます。

 

猫を飼ってるから家がキズだらけであったり、小さな傷が目立つのは仕方ないと思っていました。

 

長い間綺麗な状態を保つことが出来ることは、生活環境を維持するという意味でもかなり評価できますね。

 

猫とフローリングのお部屋で暮らすならフロアコーティング、かなりおススメです。


▼フロアコートで失敗しないために▼


地域のフロアコート業者を探す場合


※無料・入力5分!複数社の見積もり比較が出来る!