フロアコーティング 犬

犬と生活する時はフロアコーティングがおすすめ

 

 

わんちゃん(犬)にもフロアコーティングの床はいいのかな?


 

コーテングをするとワンちゃんが滑らず、ケガの防止にもなります。


 

 

ワンちゃん(犬)は、大事な家族の一員です。

 

愛情が深いからこそ、暮らしもいろいろ工夫するものですが、そのなかでもフローリングは、愛犬にも飼い主にもベストな環境にあるのがよいですよね。

 

フロアコーティングは、「愛犬を守るため」でもあり「フローリングを守る」目的でもあるのです。

愛犬の生活を守るために

 

 

わんちゃん(犬)を守るためにもコーティングはいいよね。


 

そうだね。安全性の高いコーティングもあるからね。


 

    フロアコーティングをするメリット

     

  • 走りまわっても、滑りにくくケガを避けられる
  •  

  • 無機質な素材なため、健康面への心配もいらない
  •  

  • フローリングの爪キズを防ぐ

 

愛犬がフローリングで滑ってしまう

 

愛犬が室内でコロコロ・チャカチャカ滑っているのをよく見ると思います。

 

室内飼いの愛犬でも、散歩にはそとへ行くのである程度爪は残しておく必要があります。

 

しかし、フローリングで暮らすにはワンコの脚や爪は室内では生活しづらいのです。

 

獣医の話では、現在のフローリングばかりの家は、犬にとって足腰に負担がかかるそうです。

 

そもそも犬の足は、土の上や草原の上を走り回るための構造になっているので、住宅のフローリングでは滑りやすく、踏ん張れずに滑ってしまうのです。

 

愛犬のためのフロアコーティング

 

 

滑り止めのきくフロアコーティングもあるの?


 

そうだね。業者によるけど、ワンちゃんのためのコーティングもあるよ!


 

愛犬が自宅で滑ってケガをしてしまった!

 

我が家もまったく知識もない時に、今のわんちゃんを飼いだしたのですが、室内飼いで怪我するとは思いませんでした…。

 

当初は、フローリングの上をカシャカシャと音を立てて走り回って、せわしないなぁ‥程度だったのですが、一番初めに気になったのが床が傷だらけになっていました…。

 

その時はフローリングが痛むなと思っていただけでしたが、実際には愛犬が上手く走り回れていなかったのですね。

 

愛犬が来て1か月ほど経ったときに、何か様子がおかしかったので動物病院に連れて行ったところ、なんと「骨折」していました。

 

獣医師さん曰く、フローリングで滑って怪我してしまう犬が多いそうです。

 

フローリングの保護ではなく、愛犬のためにフローリングを何とかしたいと考え始めました。

 

愛犬も守れるのが「滑りにくいフロアコーティング」!

 

滑って怪我をしてしまった愛犬を守るために、滑りにくくする「フロアコーティング」をやってみようと思いました。

 

フロアコーティングといっても種類があり、施工方法や素材も違い、単にキズから守るものや、滑理にくくするコーティングがあるのです。

 

結局最終的に、「愛犬の床」というところのコーティングに決め、施工してもらいました。

 

まだ新築からそれほど経っておらず、フローリングもソコソコ綺麗な状態だったのが良かったですね。

 

フロアコーティングって、フローリングをキズから守るだけ、という風に思っていましたが、最近は色々な用途に応じてどんどん進化していますね。

 

滑りにくいコーティングも色々あり、こだわりたいのは「安全性」です。

 

犬は床に転がったり、落ちたごはんを食べてしまっうため、「愛犬の床」のようにペット用のフロアコーティングは、成分が安心だったことも決め手でした。

フローリングを保つためにコーティングをする

 

 

かわいい愛犬との生活。できれば床の傷・・減らしたいよね。


 

そうだね。犬の爪跡から、床を守りたいよね。


 

 

愛犬との生活はフローリングの爪あととの戦いでもあります。

 

何も保護しなければ大型犬だろうと小型犬だろうとフローリングは確実に痛みますよね。
多くは爪を切ったりしても散歩で外を歩く子の場合は切りすぎてもダメだし、爪自体もすぐに伸びてしまいます。

 

 

愛犬がすごしやすい環境というのも大事ですが、フローリングを守るというのもとても重要ですよね。

 

 

 

特に引っ越してきたばかりの時や、新築を考える時にはいかにワンコの爪からフローリングを守るかが問題です。

 

クッション材を敷き詰めたり、絨毯を敷いてしまったりと方法はいくつかあります。

 

絨毯では犬の毛が残るし、クッション材もすぐにボロボロになってしまい見栄えもよくありません。

 

そんな状況を打開してくれるのがフロアコーティングなのでした。

 

 

床をコーティングしてしまう事で強力な皮膜を作ることができ、長期間にわたって美しい状態をキープできるのは室内で愛犬と暮らしている家にはピッタリなのです。

 

 

(`・ω・´)サイコウヤデ

 

フロアコートでフローリングを守れるの?

 

 

ワンちゃん用のコーティングって何がいいかな?


 

ガラスコーティングやシリコンコーティングがいいよ!


 

ワンちゃん用のコーティングを取り扱っている会社では【UVコーティング】と【ガラスコーティング】をおすすめしています。

 

UVコート コーティングの種類の中で耐久性・耐腐食性ともに最高ランク 硬度が高いのでフローリング保護が優先
ガラスコート 無機質な素材で、健康面への影響も心配いらない テカリが弱く自然な仕上がり

 

このように保護目的でガラスコーティングで覆ってしまう事で、かなりフローリングの傷を防ぐことができます。

 

ある程度の傷はついてしまう事がありますが、フローリング自体は確実に保護していますね。

 

 

注意点:小さな傷はついてしまう

 

床をコーティングしても、ある程度の傷はついてしいます。
床自体は皮膜で覆われているため、フローリング自体の劣化は防げいています。

 

何もしないフローリングよりも、耐久性もたかいので劣化を抑えることができます。
家は長年使って少しずつ劣化が見えてきますが、コーティングをすることでメンテナンスも楽になりワンちゃんの床への傷や怪我もなくなるなら、メリットは多いですよね。

 

ワンちゃんの為のフロアコーティング【まとめ】

 

 

愛犬の住環境も整えてあげることも大切!


 

 

栄養管理とともに、愛犬の住環境も整えてあげましょう!

 

当初は栄養管理や散歩にばかり、気を遣っていましたが、それよりも、長くいる住環境を整えてあげることが大事だと、今は思います。

 

それが住環境によってケガをしてしまうなんて、悲しいし人間のエゴでしかないですよね。

 

家族と同じように大事にするなら、住環境も先に考えておくほうがいいですね。

 


▼フロアコートで失敗しないために▼


地域のフロアコート業者を探す場合


※無料・入力5分!複数社の見積もり比較が出来る!


犬と生活する為のフロアコーティング記事一覧

フローリングに犬の尿のシミや臭いが…最適な対策は?

フローリングの部屋と犬との暮らしのお悩み「臭い・シミ」対策ペットとの生活でお悩みは、やっぱりおしっこの処理かな・・そうだよね。ここでは対策のポイントをみていこう。愛犬との暮らしは、家族同然なので、にぎやかでとても彩のあるものですよね。しかし、フローリングへ対するキズやシミは悩みどころです。ここでは愛...

≫続きを読む

愛犬を関節病から守るためしてあげられる床への対策

愛犬を関節病から守るためしてあげられる床への対策かわいいペットがケガをするのは避けたいよねそうだよね。家族同然のペットは健康が一番だよね愛犬は家族同然と考える方が多いもの。昨今自宅内で一緒に暮らすケースが一般的になってきていますが、それに伴い、問題も出てきています。それが愛犬の関節の病気や、骨折など...

≫続きを読む

犬にフローリングはよくないって本当なの?

犬にフローリングはよくないって本当なの?フローリングってワンちゃん(犬)にはよくないのかなぁ?犬にとっては、負担な場合もあるかもね。最近では犬などのペットは家族同然に、室内で暮らすということのほうが多くなっていますよね。元気に駆け回る犬などは、一般的な家のフローリングがあまりよくないという話を聞きま...

≫続きを読む

犬のためを思って、絨毯・カーペット・ラグを敷くメリットとデメリット

犬のためを思って、絨毯・カーペット・ラグを敷くかわいいペットには住環境も考えてあげたいよね。そうだね。心地よく暮らしてほしいよね。愛犬と一緒に暮らしている場合、滑ることに配慮し、カーペットや絨毯を敷くかたもいるのではないでしょうか。ここでは犬との暮らしで絨毯、カーペットやラグを敷くことのメリットやデ...

≫続きを読む

犬の滑り止めのためにコルクマットを敷くメリット・デメリット

犬の滑り止めのためにコルクマットを敷く大切なわんちゃん(犬)にはケガはさせたくないよねそうだね。心地よく暮らしてほしいよね。フローリングが主流になった家で愛犬と暮らす場合、部屋のなかで滑ったり転んだりすることに配慮する必要があります。対策として簡単なのが、「コルクマット」です。ページ情報ここでは犬の...

≫続きを読む