犬の滑り止めのためにコルクマットを敷く

 

 

大切なわんちゃん(犬)にはケガはさせたくないよね


 

そうだね。心地よく暮らしてほしいよね。


 

フローリングが主流になった家で愛犬と暮らす場合、部屋のなかで滑ったり転んだりすることに配慮する必要があります。

 

対策として簡単なのが、「コルクマット」です。

 

ページ情報
ここでは犬の滑り止めにコルクマットを使う、メリットやデメリットについてチェックしました。

コルクマットについて

 

 

フローリングにコルクマットを敷くのも犬を守るにはいい対策だね!


 

そうだね。何もしないよりはいいよね。


 

犬とコルクマットのメリットデメリット

 

コルクマットの特徴

 

 

コルクマットは表面はコルク状、裏面はEVAなどの摩擦力があるものですので、フローリングの部屋全体に敷き詰めたり、一部に敷いてもほとんど滑ることがありません。

 

愛犬が滑りやすいと感じる部分だけに敷くといったことも可能です。

 

お掃除も、掃除機や拭き掃除もできるので飼い主的にもメンテナンスはとても楽です。

 

 

メリット

 

コルクマットのメリットをあげてみました。

 

 

  • ワンちゃんの足腰には優しい
  •  

  • コルクマット自体も滑らない
  •  

  • フローリングの傷防止効果もある
  •  

  • 質感がナチュラルで、滑り止めには最適
  •  

  • 価格が安い
  •  

  • 意外と丈夫です!(クッションマットなどより断然丈夫)
  •  

  • 安いのに、安っぽさがでない
  •  

  • 汚れたり劣化しても部分的に交換できる

 

 

筆者の家にも実はコルクマットを敷いていますので、使用感はお墨付きです。

 

冬はコルクマットの上にホットカーペットを敷いてペットと暮らしていますが、座ったときもクッション性があるのでいいですし、冷たい感じもないです。

 

実際粗相をされたことがあるんですが、そんなときもその部分だけはがして、洗剤と水で洗って乾かすだけで済みました。

 

デメリット

 

コルクマットはメリットばかりかなと思いますが、実はちょっと厄介な部分もあります…。

 

 

  • 大の粗相の掃除はやはり大変
  •  

  • わんこがかじって食べてしまう心配が有る
  •  

  • ボロボロになってきた時のクズが気になる
  •  

  • 水分を吸ってしまう
  •  

  • 気温差で膨張縮小がおきて、年中ピッタリではいられない
  •  

  • 爪とぎにされてしまうこともある
  •  

  • 実は掃除がわりと大変

 

 

小の粗相の場合、さっとふき取り、その部分だけはがして洗ってしまうことで片づけられるんですが、やはり大となると、いくら洗浄してもしみ込んだ感があるので、衛生的とはいえません。

 

また経験から「これは厄介」と感じているのが、敷き詰めた「隙間からけっこうほこりが入り込んでいる」こと。

 

数日ほどの間でも、なぜ?と思うくらい、パズル状の組み合わせた隙間から砂っぽいほこりがかなり入ってしまい、マットとフローリングの床の間もほこりでいっぱいになっています…。

 

きっちりと掃除をするならば、コルクマットをすべてどけて、掃除機をかける、コルクマットの裏面の摩擦力のある面にほこりがこびりついてるので、これも1枚ずつ掃除機やコロコロできれいにする必要があります。

 

また敷きっぱなしだと、伸縮膨張するのか、ぴったりかみ合わなくなってくるので、時々全部はがして、組みなおさないと、きれいにおさまりません。

 

飼い主にとってデメリットはけっこうありますが、わんちゃんにとって環境はどうなんでしょう。

【まとめ】コルクマットはワンちゃんには最適かも?

 

 

コルクマット!コストもかからないのでペットのいるお家にはいいかもね。


 

 

うちでも実際にコルクマットを使っていますが、やはり経年劣化も起こりますので、耐用年数としては、愛犬が元気だと、数年程度かなと思います。
安価なものですので、汚れたり経年劣化が起こったら、その部分だけ取り換えれば済むのはメリットとも思います。

 

滑り止め効果としては、マットそのものもフローリングの上を滑りにくい仕様ですし、コルク面も適度に摩擦力があり、良好です。
そういった意味ではワンちゃんには適した滑り止め対策といえそう。

 

ただ個人的に気を付けていただきたいのは、コルクマットはホームセンターやいろんな会社から出ていて、「噛み合わせが共通していないことが多い」こと!
なので追加で購入する場合は、店舗を覚えておきましょう。
こういった特徴を踏まえて、滑り止め対策として考えてみてください。