フローリングの張り替えに掛かる費用

フローリング
【一括見積もりでお得な会社を探そう!!】
ナビクン
フローリングの張替えってどのくらいの費用がかかるのかな?
ナビサン
床の状態や種類によっても違いますよね。

フローリングの張替え時期の判断、難しいですね。

一般的な張り替えの目安は、大体15~20年です。
床に音がしたり沈んだり違和感を感じたら、張替えのタイミングでしょう。

フローリングは掃除がしやすい反面、キズやすれなどのダメージを受けやすい面もあります。
中にはメンテナンスのことを知らず、フローリングが劣化してしまっているケースもあります。
そうなってしまうと 「張り替え」 となるんですが、実際どのくらいのコストがかかるものなのでしょうか。

ここでは張替えの価格や、張替え方法を紹介します。

フローリング張り替え時期はいつ?

ナビクン
フローリングの張替えの時期っていつ頃かな?
ナビサン
15〜20年が床の張替のタイミングかな。

一般的に家を建ててから、1 5〜20年が床の張替の目安 だと言われています。
湿気により、木材が伸縮したり・膨張するのでお家がある場所の環境によりますが、
湿気が多く床がギシギシとなってへこむ場合は張り替えを行ったほうがよいでしょう。
シロアリなどの可能性もあるので、
業者に一度みてもらい床下の状態を知るのもよいですね。

フローリングの種類によってコストは違う!

ナビクン
フローリングの張替えの価格はどうなのかな?
ナビサン
使う木材によって価格は変わってくるよ。

洋室といえば「フローリング」ですが、フローリングにも実はさまざまな種類があります。
大きく分けても 「無垢のフローリング」と「合板フローリング」そして「クッションフロア」 などその他のフロア材も洋室の床に使われていますよね。
こういった中からどの素材を使うのか?ということによっても、張替えの費用はかなり違ってきます。

特に素材にこだわりが強いということでなければ、コストを先に見積もってみて、予算内で収まりそうなものにするのもひとつかもしれません。

一番安価な「クッションフロア」の張替えコストは?

クッション性に優れた大きなビニール状の塩化ビニール床材で傷に強く、撥水性もあるので水周りに利用される場合も多いです。それでは具体的なコストについて見ていきましょう。
まずはもっとも安価といわれている 「クッションフロア」 に張り替えた場合はどのくらいのコストなのでしょうか。

一般的なクッションフロア6畳あたり5万円〜
遮音タイプの場合6畳あたり7万円〜

クッションフロアにもさまざまなタイプがありますが、
ここでは住宅の洋室に使われる一般的なものの相場を挙げてみました。
またクッションフロアに張り替える場合の費用には以下のようなコストが含まれています。

  • クッションフロア材の材料費
  • 職人の技術料
  • 床の下地補修などの費用
  • 廃材の廃棄費用
  • 養生などの諸費用

遮音タイプのほか高機能な付加価値があるクッションフロアはこれ以上のコストがかかるケースもありえます。
またここに挙げた部屋のサイズは6畳あたりですのでおよそ10㎡程度。
部屋のサイズがもっと大きい場合は比例してコストは大きくなります。
業者によって、状況によっては家具の移動が必要でその費用がかかったり、
作業に来ている間の交通費や駐車場代を別途支払わなければならないケースもあるかもしれません。

オーソドックスな「フローリング」の張替えコストは?

一般的でオーソドックスな「フローリング」への張替えのコスト をチェックしましょう。 「合板フローリング」とはごく一般的なフローリングのことで 「複合フローリング」 と呼ばれることもあります。

一般的な「合板フローリング」6畳あたり16万円〜

基材に複数の層、合板やベニヤ板などを貼り合わせたフロア材ですので、モノによってもコストに差があります。
また個々の商品によって「床暖房対応」だとか「強化タイプ」といった付加価値がついたものもありますので、
自宅の部屋の仕様によってチョイスする必要もあるでしょう。
クッションフロアの張替えのところで触れたのと同様に、諸費用が一般的には予算に含まれていますが、
業者によってはそのどこまでが含まれているか、あるいはほかに費用が追加されるケースも。 フローリングの張替えを検討する際は、こまごました費用がどこまで含まれているかチェックする必要があります。
ざっくりとしか見積もりに記載しない業者もいますので、わからないことは施工をお願いするまえにしっかりと聞いておきましょう。

「無垢フローリング」へ張り替えるコストは?

ナビクン
いま人気のあるそのままの素材を使った無垢のフローリング
張り替えると価格はどのくらいかな?
ナビサン
合板のフローリングよりはコストがかかるよ。

家を新築する際など、フローリングの素材にまでこだわりたい、というユーザーが増えています。
また中古物件やマンションでも最近は「リノベーション」も流行っていますので、
あこがれの「無垢のフローリング」へ張り替えたい、というユーザーもいらっしゃるのではないでしょうか。
「無垢フローリング」とは「単層フローリング」 とも呼ばれているもの。
天然の木そのまま1枚ものをフローリングにしていくため、使い込んでいくほどに味わいが出るのが人気のポイントでもあります。
とはいえ合板フローリングやクッションフロアに比べるとコスト的にはぐっと高めになります。

無垢フローリング張替え費用6畳あたり34万円〜

また「無垢フローリング」はどの木を使うか、その「素材」によってもずいぶんコストに差がでますので、この価格はあくまでも参考といった感じ。
さらに業者によっても施工の費用にはばらつきがありますので、張替えを検討する際には複数の会社に見積もりを取りつつ、じっくり考えて進めるのがおすすめです。

フローリングの張り替え方法は2種類

ナビクン
張り替え方法ってどんなのがあるの?
ナビサン
「重ね張り」と、「張り替え」の2種類があるよ。

「重ね張り」

重ね張りは、「張替」というより既存の床の上に新しいフローリングを重ねていきます。
床の張替となると、人件費、時間共にかかりますが重ね貼りの工法であればはがさずに作業をすすめられるので、
作業時間も短くコストも抑えられるのがポイントです。
床が沈んだり、音がなったりせずそこまで床の状態が悪くない場合は「重ね貼り」がおすすめですね。
もともとフローリングの部屋の場合は、下地がしっかりして安定していますので、そのままその上から重ねて施工していけばOK。
これだと廃材も出ませんので、その分の廃棄コストもかからないため、新規で施工するケースよりはお安くなるってことですね。

「重ね張り」の費用

1帖(1.82m2)約8,000円〜14,000円
6帖(10㎡くらい)約80,000〜140,000円

「張り替え」

こちらは、 フローリングを剥がして新しい床を設置するまさに「張り替え」の方法です。
ひどい沈みや、梅雨時期の湿気の多い時期に音がなる場合はシロアリ被害をうけている可能性があるので張り替えをおすすめします。

「張り替え」の費用

1帖(1.82m2)約10,000円〜16,000円
6帖(10㎡くらい)約100,000〜160,000円

毎日のお掃除やメンテナンスでフローリングは長持ちする

ざっくりとフローリングの張替えのコストをチェックしてみましたが、実際フローリングはどのくらいの期間で張り替えるものなのか?気になるところですね。
基本的にはフローリングの耐用年数はその部屋の使い方によってかなり違ってきます。
例えばキッチンやお風呂の脱衣所といった、水分に触れることが多い場所や、人がよく往来する部分は劣化が早くなりますし、
逆にあまり家にいないという場合はいつまでもフローリングが傷まない、という場合も。

毎日のお掃除などメンテナンスがうまくできていると、いつまでも新築時のような美しいフローリングが保たれるケースもあります。
フローリングの材質や特性を把握し、こまめにメンテナンスすれば、いつまでも張替えをせず、そのまま過ごすこともできる場合も。

張替え費用をチェックするとモノによってはけっこう高額ですよね。
上手に使ってキレイに保てばこのコストをかけずに過ごすこともできますね。

【まとめ】フローリングの張替え後はしっかりメンテナンスして長持ちさせて!

フローリングの張替えのコストについてチェックしてきましたが、モノによってはかなり大きなコストがかかることが分かりましたね。
フローリングの張替えはお部屋の雰囲気もガラッと変わるので、余裕があるならおススメです。
またフローリングそのものは上手にメンテナンスすれば、耐用年数を伸ばせるのでこまめなお手入れもおすすめ。
とはいえ定期的なワックスは住まいながらやるには結構大変なものですので、フローリングを張り替えたタイミングで、お手入れ楽々なフロアコーティングをしてしまうのもよいかもしれませんね。

  • 【張替え時期目安】→15〜20年くらい。
  • 【業者選び】→提案力があり、丁寧で迅速な対応。

●費用

  • 【クッションフロアの張替え】→6畳あたり5万円〜。
  • 【合板フローリングの張替え】→6畳あたり10万円〜。
  • 【無垢フローリング張替え費用】→6畳あたり34万円〜。
  • 【重ね張りの費用】→6畳あたり8万円〜。

コメント

タイトルとURLをコピーしました